FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 
<< 6月新刊の新潮文庫nex(5/28日発売) | main | 【honto発売日:2020/05/23】5月新刊のMFブックス(5/25日発売) >>
【honto発売日:2020/05/23】5月新刊のMF文庫J(5/25日発売)
投稿日:2020/04/06

JUGEMテーマ:読書



「自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?9 /三河 ごーすと (著),ねこめたる (イラスト)」




■本の内容
最強Fランク×学園ゲーム×頭脳バトル、第九弾!

ゲーム至上主義の学び舎――獅子王学園に君臨した元生徒会長・白王子透夜の過去がついに明かされる。
生徒会選賭で拉致されてからの壮絶な旅路を経て、透夜は新たな強者と共に遊戯の場へと帰還する。
そして幕を開ける《獣王遊戯祭》第二段階。
各クラス代表一名による《ディベート・ゲーム》に、砕城紅蓮は《絶対不運》を持つフラヴィアを送り出す。
《絶対幸運》を持つヴァチカンの誇る《聖女》・クリステラ、紅蓮への憎悪を燃やすミラなど、透夜以外にも各クラスのエース級が参戦する遊戯に《偽りの聖女》をぶつける紅蓮の真意とは……?
紅蓮VS透夜、至高の盤上遊戯が開戦!
二人の鬼謀が絡まり合い、物語は衝撃の展開へ――。




「隣のキミであたまがいっぱい。2/城崎 (著),みわべさくら (イラスト)」




■本の内容
キスとか、しますか?

「能力を阻害できる人間が、その能力を持った人間とキスをする」
それが周囲の思考が聞こえてしまう私・如月那緒の煩わしい力を解決する方法だそうです。
しかしこの方法も完璧ではなく、キスした相手の思考だけは聞こえるままらしく……。
つまり北斗さんが私にキスしてくれれば、私は雑音から解放され、二人の関係も特別なまま。
しかも北斗さんは合法的に私にキスが出来る。
まったくもって何の問題もないですね。
だというのに、北斗さんときたら「他の方法を探そう」とヘタレなことを。
ここは告白して、そっとキスする場面だと思うのですが!
早く告白してずっと隣にいてくださいね?




「聖剣学院の魔剣使い4 /志瑞祐 (著),遠坂 あさぎ (イラスト)」




■本の内容
見た目は子供、中身は魔王なお姉さん達との学園ソードファンタジー第4弾!

第〇三戦術都市での任務から帰還した第十八小隊。〈六英雄〉の聖女を滅ぼし、女神ロゼリアに託された〈魔剣〉の使命を思い出した最強魔王レオニスは、決意を新たに魔王軍の再編を進めていた。そんな中、第〇六戦術都市〈アレクサンドラ〉を迎え、〈聖剣学院〉では大規模な学園祭が催されることとなる。あわただしくコスプレ喫茶の準備に追われるレオニスたち、「レオ君も着るのよ、きっと可愛いと思うわ」「なんでだ!?」アルバイトにいそしむシャーリ、「魔王様、おいしいお菓子が焼けました!」。だが、祝祭に沸く学院都市に、一〇〇〇年の時を超え、永久凍土で発掘された〈魔王〉が運び込まれようとしていた――!




「ゲーマーズ・ハイ2 影の王者の後継者 /五月 什一 (著),ミユキ ルリア (イラスト)」




■本の内容
賭博師の孫、ギャンブルの学園に転校――新人賞受賞作第2弾!

意図せずして巻き込まれた大金と薄命の少女・アリスの命を賭けた裏ポーカーの罠をその持ち前の勝負センスで切り抜けた“影の王者の孫”ことサキト。だが、その代償はあまりにも大きく、一億円もの負債を抱え込むことになってしまった。頭を抱えつつも裏カジノのポーカーゲームへの参加をためらうサキトのために、エレーナはカジノの働き手を養成するカジノ学園への転校をサキトに提案。承諾したサキトを待っていたのは、彼を裏カジノへ引きずり込もうとする新たなる罠だった――!




「そうだな、確かに可愛いな2 /刈野ミカタ (著),magako (イラスト)」




■本の内容
ちょいウザ後輩彼女とワケありクーデレ先輩彼氏のイチャ甘ラブコメ!

この小説はイチャ甘ラブコメ――彼氏彼女の交際が始まった直後の二人の初々しい日々の記録だ。
例えばこれはある日の放課後、那乃の友人・幾乃原美々華に戒理を紹介するとき。
「桑折は俺にとって、とても……とても大切な人だ。命を賭けて、全力で守りたいと思っているし、必ず守る」
「……」
「桑折? どうした急に黙って」
「……あの……うれしーんですけど……イ、イクちゃんの前だとはずかしーとゆーか……」
「――すまんまた俺は……」
今回も、戒理の無自覚デレに那乃が赤面しまくるだけのお話――かと思いきや、ちょっとしたトラブルや関係の進展もあり……?
那乃と戒理がひたすら可愛い尊死必至なラブコメ第二弾。




「探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる 1 /玩具堂 (著),悠理 なゆた (イラスト)」




■本の内容
私ならその事件・疑問・憂鬱、秒で解決だね。

新学期――俺は失敗した。
親の仕事が探偵だと口走ってしまったせいで、クラスメートから相談が持ち込まれるようになったのだ。絶版した小説の犯人当て、美術部で振るわれたナイフの謎、面倒なことになったと頭を抱える俺だったが――

「それさ、そもそも事件じゃないね~」
「多面的な考え方も取り入れたらどう? 戸村君」

何があっても山田姉妹は平常運転、鋭い推理でスパッと解決していく。最初は気に食わなかったけど、本気で推理する彼女たちは今では尊敬の対象だ。……が、話すときの距離、近すぎない!? 熱くなるのは分かるけど、これ完全に狙ってるよね!?
山田さんたちと俺の少し甘めな、学園ミステリーラブコメ。
| comments(0) | - | [ラノベ文庫]MF文庫J | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |