FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 
<< 【honto発売日:2020/01/10】1月新刊のGAノベル(1/14日発売) | main | 【honto発売日:2020/01/10】1月新刊のビーズログ文庫(1/15日発売) >>
【honto発売日:2020/01/10】1月新刊のGA文庫(1/14日発売)
投稿日:2019/11/09

JUGEMテーマ:読書



「レベル0の魔王様、異世界で冒険者を始めます2 /瑞智 士記 (著),遠坂 あさぎ (イラスト)」

レベル0の魔王様、異世界で冒険者を始めます2 (GA文庫)

[amazon] [honto]


■本の内容
炎の巨人を倒した元・魔王イシュトの名は、不本意ながら王都を救った勇者として知れ渡ってしまった。
そんな折、初期職の“道具士"にこだわる崖っぷち冒険者ミラブーカがパーティに加入し、イシュトたちは冒険者としての経験を積んでいく。
同じ頃、ギルドでは上級冒険者を集めたダンジョン攻略が始まる。しかしアイリスたち銀狼騎士団には敵の魔の手が迫っていた――
「なんだ、アイリス。こんなところにいたのか」
常識外れの戦闘力で少女たちを迷宮から救い出せ!最強の元魔王による異世界無双譚、第2弾!




「ひきこまり吸血姫の悶々 /小林 湖底 (著),りいちゅ (イラスト)」




■本の内容
「……ふぇ? な、なに」?

引きこもりの少女テラコマリこと「コマリ」が目覚めると、
なんと帝国の将軍に大抜擢されていた!

しかもコマリが率いるのは、下克上が横行する血なまぐさい荒くれ部隊。

名門吸血鬼の家系に生まれながら、血が嫌いなせいで
「運動神経ダメ」
「背が小さい」
「魔法が使えない」
と三拍子そろったコマリ。

途方に暮れる彼女に、腹心(となってくれるはず)のメイドのヴィルが言った。

「お任せください。必ずや部下どもを勘違いさせてみせましょう! 」

はったりと幸運を頼りに快進撃するコマリの姿を描いたコミカルファンタジー!

引きこもりだけど、コマリは「やればできる子」!?




「竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― /筑紫 一明 (著),Enji (イラスト)」 オススメ!




■本の内容
「この杖、直してもらいます! 」
半人前の魔法杖職人であるイクスは、師の遺言により、ユーイという少女の杖を修理することになる。
魔法の杖は、持ち主に合わせて作られるため千差万別。とくに伝説の職人であった師匠が手がけたユーイの杖は特別で、見たこともない材料で作られていた。
未知の素材に悪戦苦闘するイクスだったが、ユーイや姉弟子のモルナたちの助けを借り、なんとか破損していた芯材の特定に成功する。それは、竜の心臓。しかし、この世界で、竜は1000年以上前に絶滅していた――。
定められた修理期限は夏の終わりまで。一本の杖をめぐり、失われた竜を求める物語が始まる。




「城なし城主の英雄譚 彼女のファイアボールが当たらない! /阿樹 翔 (著),八葉 (イラスト)」




■本の内容
アンタとアタシは「最高の家族」になれるんでしょ?
GA文庫大賞《奨励賞》受賞の、古城攻略ファンタジー!



「僕の将来のクラン・メンバー、家族になってくれないだろうか」?

モンスターが跋扈する遺跡・古城を攻略し、所有する集団――
クランの設立を夢見る少年・レオン。
彼はある日、ノーコンな自称天才魔導士の少女・リシアと出会う。

「家族って、こ、公私ともに」?
「いや、僕のクランはハーレムにしたいし」
「アンタわりかし最低ね!」

そんなノリで組みはじめた二人はしかし、
大型古城を支配する竜人姉妹や、有名クランを率いる獣人王と出会い戦っていく中で、
彼らだけの城、彼らだけの最高のクラン(家族)を創り上げていく――!

二人の絆でどんな強敵も討ち倒せ!
攻城戦から始める剣と魔法の英雄譚!!




「 29とJK8 〜そして社畜は今日も働く〜 /裕時 悠示, Yan-Yam」




■本の内容
「これだけは言っておきます。社畜にプライドはないが、魂はある」
尊敬していた編集者、御旗と訣別し、自社のサイトでお仕事小説の連載を発表した槍羽。執筆を担当の花恋は、取材のため、変装してコールセンターの現場で働くことに。

「――この程度で済むと思うなよ」
御旗の影響力により、様々な妨害を受ける槍羽だったが、思わぬ周囲の助けもあり、準備を進めていく。

一方、御旗の会社より、損害賠償に関しての連絡が届き、鋭二と御旗は、直接対決することとなった――。
「人は、いつだって、自分が今いる場所を踏みしめるしかない」
犇愧任劉畴の差ラブコメ第8弾!
| comments(0) | - | [ラノベ文庫]GA文庫 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |