FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

【重要なお知らせ】
本日、1/11日からヨメレバ、カエレバの表示画像が、【amazon】から【楽天ブックス】に変わります。
<< 11月新刊のジュネットコミックス(11/30日発売) | main | 【honto発売日:2018/11/28】12月新刊のKラノベブックス(11/30日発売) >>
【honto発売日:2018/11/28】12月新刊のHJ文庫(12/1日発売)

JUGEMテーマ:読書



「精霊幻想記12.戦場の交響曲 ドラマCD付き特装版 /北山結莉、 Riv」




■本の内容
大ヒット異世界転生ファンタジー、初のドラマCD付き特装版!!

著者・北山結莉先生による完全書き下ろしストーリーでお届けする『精霊幻想記』初のドラマCD付き特装版が登場!
リーゼロッテの邸宅に集まったリオと6人の少女たち。
親睦を深めるために、みんなで簡単なゲームをすることになるが、その罰ゲームの内容がとんでもない方向に!?
普段よりラブコメ成分大増量&超豪華キャストでお贈りするドラマCDを、ぜひその耳でお楽しみください! ※内容物/『精霊幻想記 12.戦場の交響曲(特装カバー仕様)』+ドラマCD




「バグゲーやったら異世界転移したので、可愛い女の子だけでギルドを作ってみた(2) /アカバコウヨウ 手島nari。 」




■本の内容
最強の妹たち<シスターズ>、フィールダウトに襲来! !

ユヅルが治める街で、ユヅルを名乗る犯人による事件が発生。キリエの仲間を狙った事件だったため、ユヅルはキリエから犯人として疑われてしまう。
「俺が真犯人を見つける……それで終わりだ」
真犯人を探すユヅルの前に現れたのは、彼を溺愛するクーデレ妹・シズネと、女神ミオンの妹・カノンのダブルシスターズだった。
二人はユヅルの街を人質にとり、ある要求を突き付ける。我が街と我がハーレムを守ろうとするユヅルだが、街を救う解決策は意外なところにあった――。
銃×バグの異世界無双譚、待望の第2巻!




「俺が勇者じゃ救えない!?(3) /コクトー 北熊 」




■本の内容
ダンジョンの最奥を目指し、怒涛のボス戦ラッシュ!!

ダンジョン『アントホーム』の第5層を守るボスを倒したメイ、マナ、ヒツギの3人。
新たな武器も手にいれ、ダンジョンの攻略を進めていく彼らは、5層ごとに待ち受ける強力なボスモンスターを相手に、己の力を見せつけていく!!
そして、ついにダンジョンの最奥にたどり着いたとき、予想外の敵が姿を現す――!!
無能だった少年が最強へと喰らいつく成り上がり冒険譚、ダンジョンのボスと大激戦を繰り広げる第3幕!!




「魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?(7) /手島史詞 COMTA 」




■本の内容
水着&浴衣の嫁に愛で力全開!

せっかく海に来たということで、海で遊ぶことにしたザガンたち一行。海といえば水着! ということで着替える面々だが、男性陣は女性陣の麗しい姿にタジタジ。
それでも仲睦まじく過ごしていたザガンとネフィだったが、彼らの前に聖騎士長と呼ばれるミヒャエルがその姿を現す。
どうやら敵対するつもりはなさそうな、軽い調子の彼からもたらされた情報によると、<魔王>の一人を撃破した魔術師が次なる標的にザガンを狙っているらしく――。
大人気ラブコメファンタジー絶好調の第7巻!




「嘘つき少年の異世界謀略ゲーム /中田かなた 鉄豚 」




■本の内容
嘘つき×異世界×頭脳バトル!!

自称異世界出身の美少女・アニーに『お互いへの命令権を賭けたゲーム』を挑まれた男子高校生・カクシ。
そこで彼は、アニーを寄越したのが意識不明の幼馴染・ナツメであり、彼女が異世界で領主になったと知る。
彼女を連れ戻すために異世界へ向かうカクシだが、ナツメは日本への帰還を拒否していて――!!
「《ナツメのことが大切だから》、ぼくは君を連れ戻すよ」「大切って絶対に嘘ですよね!!」
ひねくれ者のカクシによる、嘘とはったりの頭脳戦、開幕!!




「精霊幻想記(12) /北山結莉 Riv 」




■本の内容
避けられぬ戦場を、黒騎士の剣閃が奔る――!!

シャルル=アルボー率いるベルトラム王国騎士団からの追っ手がかかるクリスティーナ王女一行を、ロダニアまで護衛することになったリオ。
一騎当千の力を持つサラたちの協力もあり、一行は順調に追跡者たちから距離を稼いでいく。そんな中、クリスティーナは過去の自分を振り返りながら、
正体を隠すリオに対して謝ることも出来ず、密かに胸を痛めていた。
一方、リオたちをシャルルとは別経由で追うレイスは手駒を動かしながら、確実に包囲網を敷くべく謀略を巡らせていく――。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]HJ文庫 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://fantastic-56.jugem.jp/trackback/37887