FANTASTIC倶楽部

新刊のライトノベル、ボーイズラブ、一般新書、一般文庫、コミックスの発売を紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ブログランキングならblogram
<< 【honto発売日:2018/08/09】8月新刊のアーススターノベル(8/11日発売) | main | 【honto発売日:2018/08/09】8月新刊のマーマレード文庫(8/10日発売) >>
【honto発売日:2018/08/09】8月新刊のベリーズ文庫(8/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「男装したら数日でバレて、国王陛下に溺愛されています /若菜モモ」




■本の内容
密かに男装し、強国の若き国王クロードの侍従になった村娘ミシェル。バレないよう距離を置いて仕事に徹するつもりが、彼はなぜか毎朝彼女をベッドに引き込んだり、豪勢な食事を振る舞ったり、政務の合間に強く抱きしめたりと、過剰な寵愛ぶりで翻弄してくる。「お前に触れずにはいられない」と、クールな彼からは想像できないほど甘く囁かれ、ミシェルは戸惑うも恋心が深まってしまい…!?




「王太子様は、王宮薬師を独占中~この溺愛、媚薬のせいではありません! ~ /坂野真夢」




■本の内容
王都にある薬屋の看板娘・エマは、王城の一室で出張薬屋を開くことに。まだまだ新米薬師だけど、エマの薬と笑顔で店は大繁盛。噂を聞きつけやってきた王太子は、エマに惚れこみ、求愛開始! 逞しくも、甘く精悍な彼にエマは心を奪われていくが、この恋はご法度。やるせなさから、ちょっとした出来心で強力な“媚薬”を作ってしまう。すると、王太子がうっかり飲んでしまって…!?




「ふつつかな嫁ですが、富豪社長に溺愛されています/藍里まめ」




■本の内容
OLの夕羽は、ある日突然“俺様で冷酷”と恐れられる社長の三門に求愛される。実は三門にとって夕羽は幼い日の初恋の相手。夕羽は戸惑うも「拒否しても無駄だ。俺の妻にする」と宣言され、強引に婚前同居がスタート!? 素っ気ない夕羽の態度に、三門の独占欲は煽られる一方。「俺の女だという証を、お前の中に刻みたい」――甘く強引に迫られ、次第に夕羽の心は絆されていき…!?




「愛され新婚ライフ~クールな彼は極あま旦那様~ /砂川雨路」




■本の内容
恋愛経験ゼロの雫は、イケメンでエリート研究員の高晴とお見合い結婚することに。ところが、いざ新婚生活が始まっても夫婦らしいことは一切なし。クールで感情を表に出さない旦那様の気持ちが気になる雫だけど、ある日、他の男に言い寄られていたところを高晴に独占欲露わに抱き寄せられる! その後も「君を他の男に渡したくない」と予想外に激しく甘いキスをされ、雫はドキドキが止まらなくて…!?




「ホテル御曹司が甘くてイジワルです /きたみまゆ」




■本の内容
プラネタリウムで働く真央の元にある日、高級ホテルグループの御曹司・清瀬が訪れる。視察と言いつつ何かと真央をスイートルームに呼んでは耳元で愛を囁き、「ずるい男は嫌い?」と甘くイジワルに迫る清瀬。戸惑う真央だったが、「このまま君の全部が欲しい」と熱く迫られ、彼の愛に満たされていく。さらに清瀬の手掛けたオーベルジュに案内されると、突然の大胆プロポーズが待っていて…!?




「クールな社長の耽溺ジェラシー /春奈真実」




■本の内容
建設会社で働く恋愛に奥手なOLの小夏は、取引先のデザイン会社社長・新野に突然告白される。仕事中はクールな表情の新野だけど、小夏の前では一変、「君を独占したい。俺がどれだけ好きか自覚して」と色気たっぷりにアプローチ。オフィスでも構わず甘く迫られ、小夏はしだいに、身も心も彼に溺れていく。そしてある夜、新野が手掛けたライトアップのもと、ロマンチックな求婚を受けて…!?




「だったら俺にすれば?~オレ様御曹司と契約結婚~ /あさぎ千夜春」




■本の内容
恋愛未経験の玲奈は、親が進める見合いを回避するため、苦手な合コンへ。すると勤務先の御曹司・瑞樹の修羅場を目撃してしまう。極上のイケメンだけど女性関係は派手だと噂の瑞樹。玲奈が恋人探し中だと知るや「だったら俺にすれば?」と色っぽく迫り、突然キス!強引な振る舞いに怒り心頭の玲奈だったけど、翌週出社すると、なぜか瑞樹から“1年限定の契約結婚”を提案されて…!?
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ベリーズ文庫 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://fantastic-56.jugem.jp/trackback/36430