FANTASTIC倶楽部

新刊のライトノベル、ボーイズラブ、一般新書、一般文庫、コミックスの発売を紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキング参加中
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ   ブログランキングならblogram
<< 9月新刊の少年サンデーコミックス〔スペシャル〕(9/12日発売) | main | 9月新刊のゲッサン少年サンデーコミックス(9/12日発売) >>
9月新刊の裏少年サンデーコミックス(9/12日発売)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



「銀狼ブラッドボーン 6 /艮田竜和 (原作)」 オススメ!





[amazon] [honto]


■本の内容
勝つのは過去か現在か……死闘、開戦。

要塞都市・クランテラで
軍に拉致された老兵・ハンス。

そんなハンスを探すため
奮闘する秋水に、
造血装置を奪取しようと
街にやってきた吸血鬼たち。

骨喰い・グリムが街を襲撃し、
三つ巴の戦いは、加速する――!!




「翼くんはあかぬけたいのに 1 /小花 オト (著)」 オススメ!





[amazon] [honto]


■本の内容
美形だらけの同居生活、目指せお洒落男子?

高校入学を機に上京してきた翼くん。
住まいはなんと、表参道のオシャレシェアハウス!
独特かつ致命的なファッションセンスを持つ翼くんと、
オシャレだけど一風(かなり?)変わった同居人達との
生活は波乱だらけで…?


「ヒバナ」と「マンガワン」で同時連載されていた
人気コメディ、超待望のコミックス第1巻!




「送球ボーイズ 6/フウワイ (作)」





[amazon] [honto]


■本の内容
猛練習開始! 青春ハンドボールコミック

新コーチ就任で、急成長し始めた火鼠高校メンバーたち。
その中で、悩む者がふたりーーー

エース・長谷川宙は自らの存在価値を見つめ直し、
そしてエイトはムササビシュートを習得した地へーーーー




「クロミケ妖奇譚 1 /ロクザキ (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
猫又娘とちょっと妖しい同棲ライフ!

運転手の夢破れ、絶望の淵にいた宮沢ジョージ(31)は
“クロミケ”と名乗る謎の猫耳美少女に導かれ
「黒三毛夜行列車」に出会う…
その電車に乗り込むと、到着したのは
人間と妖怪が共存する「猫又村」だった!
しかも黒三毛夜行列車の運転手に
任命されてしまい…!?
種族を超えた絆の物語 開幕――




「えじぷり! 1 /ナオダ ツボコ (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
WEBで話題!エジプト・ラブコメディー!

女嫌いなイケメン男子高生・煌の胸を射止めたのは・・・
歩く現代のエジプト壁画(ガ)―ル・クレオさん!!!!?
紀元前3000年から時を超えて現代に爆誕した、
今、最もエジプってるラブコメディー!!




「夜の世界は美しい 1 /伊十蔵 景 (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
17歳の女子高生が異世界でキャバ嬢に!

不治の病の弟を追いかけ、奈落の水底に堕ちてしまった男性恐怖症の女子高生・さおり。

そこは亜人系女子が妖艶を尽くし化け物を接客する[お水]の国だった。

虐め、裏切り、嘘…

摩訶不思議な深淵の塔で繰り広げられる、煌びやかなオンナ同士の欲望バトルの世界にいらっしゃいませ。



amazon


銀狼ブラッドボーン 6 (裏少年サンデーコミックス)

小学館 (2017-09-12)
売り上げランキング: 1,341

翼くんはあかぬけたいのに 1 (裏少年サンデーコミックス)
小花 オト
小学館 (2017-09-12)
売り上げランキング: 706

送球ボーイズ 6 (裏少年サンデーコミックス)

小学館 (2017-09-12)
売り上げランキング: 3,518

クロミケ妖奇譚 1 (裏少年サンデーコミックス)
ロクザキ
小学館 (2017-09-12)
売り上げランキング: 13,626

えじぷり! 1 (裏少年サンデーコミックス)
ナオダ ツボコ
小学館 (2017-09-12)
売り上げランキング: 5,359

夜の世界は美しい 1 (裏少年サンデーコミックス)
伊十蔵 景
小学館 (2017-09-12)
売り上げランキング: 29,968



| comments(0) | trackbacks(0) | [少年漫画]小学館 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://fantastic-56.jugem.jp/trackback/30751