FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 
7月新刊のポルタ文庫(7/20日発売)
投稿日:2020/07/06

JUGEMテーマ:読書



「託児処の巫師さま 奥宮妖歳時 /霜月りつ (著),藤未都也 (イラスト)」




■本の内容
堅物女性兵長とリストラ青年巫師コンビに最大の危機が訪れる--!
後宮の禁忌に触れたふたりの運命は!?


皇帝の寵姫たちが暮らす奥宮で起こった妖怪騒ぎ。宮の警護を任とする花錬兵の兵長である翠珠は、宮廷巫師をリストラされ、今は街で託児処を営む昴を密かに雇い、事件解決をはかった。騒動の原因を探り当てた翠珠たちの働きによって、ようやく奥宮に平穏が戻ってくる……はずが、なぜか今まで以上に妖が大量発生するという異常事態に! 昴を敬愛する皇子の英桂も加わって、改めて奥宮の秘密を探る翠珠たち。だが、その先に最大の禁忌が待ち受けていた─!?
リストラ巫師と堅物兵長のコンビが男子禁制の奥宮を駆け巡る! 中華あやかしミステリー、第二弾! !
| comments(0) | - | [ラノベ文庫]ポルタ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2020/06/19】6月新刊のポルタ文庫(6/19日発売)
投稿日:2020/06/05

JUGEMテーマ:読書



「 真夜中あやかし猫茶房 ありがとうのカケラ /椎名 蓮月 、 冬臣」 オススメ!




■本の内容
日中は猫になってしまう店主とその異母弟が夜だけ営業するカフェ
そこにやってくるのはワケありの客と猫――?


両親と死別後、父が遺した言葉に従って、顔も知らなかった異母兄・進次郎と一緒に暮らすことになった高校生の村瀬孝志。猫又に呪いをかけられたせいで、満月の日以外は日中、猫になってしまう進次郎をサポートしつつ、進次郎が夜だけ営む猫カフェ・みかげ庵を手伝う孝志のもとに、ある日、孝志の両親の“同業者" だという青年・久遠明が現れる。呪詛返しを専門に行っていた両親が命を落とす原因となった呪詛が、孝志を襲うかもしれないというのだ。その危険は同居する進次郎にも及ぶ可能性があると聞いた孝志は、異母兄と離れるべきか悩むが…!? 猫と癒やしのあやかし物語、第二弾。
| comments(0) | - | [ラノベ文庫]ポルタ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2020/05/21】5月新刊のポルタ文庫(5/22日発売)
投稿日:2020/04/10

JUGEMテーマ:読書



「吸血鬼さんの献血バッグ /石田 空 (著),おかざき おか (イラスト)」




■本の内容
血がマズイからと吸血鬼に食育されることに
教えられたのは簡単&おいしい料理と恋心!


それはとある月夜の晩のこと─電話オペレーターとして働く洲本鳴海は、
仕事を終えた帰り道、黒いコートを着た黒髪・赤目の怪しげなイケメンから突然声をかけられる。
なぜか身動きが取れないまま男に首筋を噛まれ、血を吸われてしまう鳴海だったが、
恐怖を感じる間もなく「いったいどんな生活しとるん!?」といきなり叱られる羽目に。
日頃の激務と不摂生がたたってか、鳴海の血はおいしくないらしい。
なし崩し的に鳴海は、美味な血を望む関西弁の吸血鬼に食育されることになるのだが!?
面倒くさがりなズボラ系女子と実は健康オタクな吸血鬼の“簡単・おいしい”ゴハン生活!
| comments(0) | - | [ラノベ文庫]ポルタ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2020/04/10】4月新刊のポルタ文庫(4/11日発売)
投稿日:2020/03/24

JUGEMテーマ:読書



「お嬢様がいないところで 水平思考のファンダメンタル /鳳乃 一真 (著),松尾 マアタ (イラスト)」




■本の内容
お嬢様探偵に振り回されるあの男たちが帰ってきた‼

旧財閥名家のご令嬢でありながら難事件を次々と解決する『お嬢様探偵』として知られる道明院可憐。
お嬢様付きの使用人である、勇吾(完璧メガネ執事)、志水(色気ダダ漏れモテ運転手)、薫(子犬系フットマン)の三人は、相変わらず傍若無人なお嬢様に振り回されてばかり。
それはお嬢様が自宅謹慎中でも関係なく、今度はお屋敷のサロンを通じてお嬢様に持ち込まれる“相談事”に悩まされる羽目に!
かくして今日も疲れを癒やすため、使用人寄宿舎では夜のお茶会が開かれるのだった−−。
才色兼備なお嬢様探偵の活躍……ではなく、その裏側で繰り広げられる、使用人たちの日常物語。
| comments(0) | - | [ラノベ文庫]ポルタ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2020/03/13】3月新刊のポルタ文庫(3/14日発売)
投稿日:2020/02/15

JUGEMテーマ:読書



「八分の一の巫女 楠壮里巫八犬伝 /御木 宏美 (著),上條 ロロ (イラスト)」




■本の内容
法律を学ぶ大学一年生の青蘭の前に、突然現れた直垂姿の男。巨大な獣の背に乗る彼は、青蘭に告げた。「お迎えにあがりました、里の巫女様」。男は青蘭をさらうようにして獣に乗せ、そのまま夜の海へと飛び込み─気づけばそこは見知らぬ場所。そして青蘭は、人々が異形のものに襲われるという恐ろしい光景を見てしまう。
平安時代に似た異世界で、選ばれし八人の巫女のひとりとして「下総国の光の宮」を護ることになった青蘭。男は悌哉と名乗り、人獣の荘助とともに青蘭に仕えるという。同じ境遇の巫女から、二度と元の世界に戻れないと言われた青蘭は……!?
| comments(0) | - | [ラノベ文庫]ポルタ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2020/02/14】2月新刊のポルタ文庫(2/17日発売)

JUGEMテーマ:読書



「フルーツパーラー『宝石果店』の憂鬱 /江本 マシメサ (著),fouatons (イラスト)」 オススメ!




■本の内容
フリーのネイリストとして毎日奮闘している里菜、二十六歳。
親友の麻衣と、彼女の恋人のことで言い争いをしてしまい落ち込んでいた日の仕事帰り、裏通りで一軒のフルーツパーラーを見つける。
無表情でクールな眼鏡店主の守屋は、フルーツのことになると突然饒舌になる大のフルーツマニア。
そのうえなぜか法律に詳しく、麻衣が巻き込まれそうになっているトラブルに、法的な問題があると指摘。里菜は事態を打開するヒントを得て─。
美味なるスイーツで客の心を癒す『宝石果店』は、憂鬱なお悩みも解消してくれる!? フレッシュで甘いお仕事ラブコメディー!
| comments(0) | - | [ラノベ文庫]ポルタ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2020/01/17】1月新刊のポルタ文庫(1/20日発売)
投稿日:2019/12/13

JUGEMテーマ:読書



「あやかしアパートの臨時バイト 鬼の子、お世話します! /三国司 (著),pon-marsh (イラスト)」 オススメ!




■本の内容
あやかしシッター奮闘中!

売れない漫画家の藤崎葵は、ある日突然、連載打ち切りの憂き目にあってしまう。
今後の家賃の支払いに不安を抱えていた葵だったが、駅で困っていた少女を助けたところ少女の知り合いの厚意で格安物件へ引っ越せることに。
ところがそこは、人間社会にまぎれて生きるあやかしたちが暮らすアパートだった! 
引越し早々、隣室の鬼の青年・要が泣き止まない赤ん坊の猛(鬼の子)に手を焼いているところを救った葵は、子供が大好きな点と面倒見のよさを買われ、あやかし住人たちの子供の面倒を見るシッターのバイトを始める。
しかし、巷では幼い子供の誘拐事件が連続していて……!?




「まなびや陰陽 六原透流の呪い事件簿 /硝子町玻璃 (著),ショウイチ (イラスト)」 オススメ!




■本の内容
刑事×陰陽師が呪いを浄化!?

幽霊の姿が見えることを周囲に隠している刑事の保村恭一郎は、呪いによる殺人が可能だと信じる先輩刑事の笠井に連れられ、六原透流という男に会いにいく。
業界では知る人ぞ知る陰陽師らしいが、普段は陰陽道講座で講師を務める六原は、意見を求められると「呪殺はできない」と答えた。
がっかりする笠井だったが、頼りない風貌をした六原の“実力”に気づいた保村は、この世ならざるものの力が関与しているとしか思えない不可解な事件の捜査に、六原を協力者として引っ張り込むことにするのだが……。
歯に衣着せない若手刑事×掴みどころのないおっとり陰陽師による、人と怪異の物語。
| comments(0) | - | [ラノベ文庫]ポルタ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/12/12】12月新刊のポルタ文庫(12/16日発売)
投稿日:2019/11/17

JUGEMテーマ:読書



「名古屋四間道・古民家バル きっかけは屋根神様のご宣託でした /神凪 唐州 (著),魚田 南 (イラスト)」 オススメ!




■本の内容
婚約者だと思っていた男にだまされ、大切にしていた両親の遺産まで奪われた挙句、住んでいた部屋からも追い出されてしまった黒川まどか。
絶望のあまり川に身を投げようかとまで思い詰めていたところ、不思議な黒猫にスマホを奪われてしまう。
思わず黒猫を追いかけたまどかがたどりついたのは、一軒の古民家。
すると、黒猫がまどかの目の前で少女に姿を変え、自分を『屋根神』だと言い出した。
おまけに、行き場のないまどかと、古民家の住人でワケアリらしい青年コウに、ふたりで店をやるようにと『ご宣託』を下すが!?
なりゆきで開店した駄菓子屋バルを舞台に描く、出会いと再生の物語。




「金沢加賀百万石モノノケ温泉郷 オキツネの宿を立て直します! /編乃肌 (著),Laruha (イラスト)」




■本の内容
金沢にほど近いところにある加賀温泉郷─長い歴史を持つ温泉地に建つ小さな旅館『月結いの宿』の一人娘・神ノ木結月は、自分が大切にしている宿をいずれたたむつもりだと言い出した、女将である母親の言葉に反発して家を飛び出してしまう。
そんな結月の前に突然現れたのは大きな黒い狐。それに連れられ、向こう側に白い霧が立ち込める鳥居を結月がくぐり抜けると、そこには狐のあやかしたちが営む『オキツネの宿』があった!
ところがその宿は万年客不足なため極度の経営不振に悩んでおり、結月は宿の再建に力を貸す羽目に!?
おもてなしの心あふれる、あやかし温泉ストーリー。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ポルタ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/11/11】11月新刊のポルタ文庫(11/13日発売)
投稿日:2019/10/17

JUGEMテーマ:読書



「一寸法師と私の殺伐同居生活 /千冬 (著),加々見絵里 (イラスト)」




■本の内容
復讐に燃える一寸法師!?

大学進学をきっかけに折り合いの悪い両親が暮らす佐渡を離れて以来、一度も実家には戻らず、大学卒業後もバイト暮らしを続けている涼子。
そんな彼女のもとに、ある日届けられたのは、亡くなった祖父が涼子に遺してくれたという古い木箱。
そこにはおとぎ話に出てくるような小槌と小さな姿の青年が入っていた!
一寸法師だと名乗る青年(小さいけれど美形)は、涼子のことをかつて仕えた姫の生まれ変わりだと言い、青年を粗末に扱った両親やら殿やら鬼やらに復讐せんと燃えていた。
封印していた木箱をうっかり壊してしまった涼子は、一寸法師の暴走を止めるために同居をする羽目に!?




「 名古屋・四間道の古民家バル 〜きっかけは屋根神様のご神託でした〜(仮)/神凪唐州 魚田南 」

名古屋・四間道の古民家バル 〜きっかけは屋根神様のご神託でした〜(仮) (ポルタ文庫)

[honto]


■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ポルタ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/10/10】10月新刊のポルタ文庫(10/11日発売)
投稿日:2019/09/07

JUGEMテーマ:読書



「 小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる /藤井 論理 、 くろでこ」




■本の内容
小戸森さんは魔女だ
魔法も効かないじれじれ“両片想い"


草食系を通り越して老成した趣きのある高校生・園生くんは、ふとした偶然から、非の打ちどころのない美少女で学校一の人気者・小戸森さんが魔女だと知る。
おまけに小戸森さんに「魔法でしもべにする」と宣言されてしまい、眉唾な魔法をいろいろ使われる羽目に。
しかし、“しもべ"なんかではなく、小戸森さんの“恋人"になりたい園生くんとしては、なんとか小戸森さんの魔法に抗いたい。とはいえ、園生くんの前ではなぜか素が出てしまう小戸森さんは、今ひとつ魔女として本領発揮ができないようで!? 超ド級の鈍感男子と超絶奥手魔女による、じれじれ“両片想い"ストーリー。

Vtuber本山らの推薦!
「きゅんきゅんすること間違いなし! 本山らのが保証します。」




「松山あやかし桜 坂の上のレストラン《東雲》 /田井 ノエル (著),景 (イラスト)」 オススメ!




■本の内容
不思議で美味しい松山・飯テロ物語

残念イケメンな料理人が作る絶品オムライス!
愛媛県松山市、ロープウェイ街。ここは、あやかしが人間社会に溶け込むように暮らす特別な場所。
逢魔町とも呼ばれるこの土地で、誘われるように横道に迷いこんだ千舟は、一軒の風変わりなレストランを見つける。
迎えてくれたのは、袴姿のイケメン料理人・真砂。
彼が作る特製オムライスの味に感激した千舟は、自分を雇ってほしいと真砂に頼みこむが、
実はこの《東雲》、あやかしばかりが訪れる店で……!?
小さな十六日桜の木があるレストランを舞台に、千舟とあやかしたちの出会いを描く、
ハートフル飯テロ物語。絶品洋食と松山名物が、あなたのお越しをお待ちしています!




「真夜中あやかし猫茶房 /椎名 蓮月 (著),冬臣 (イラスト)」 オススメ!




■本の内容
癒やしの猫カフェ、夜だけ営業中

昼間は猫になってしまう兄×物事に動じない弟 奇妙な同居生活の行方は!?
両親と死別した高校生の村瀬孝志は、生前に父が遺していた言葉に従って、
小野進次郎という顔も知らない異母兄に会いに行くことに。
鄙びた町で喫茶店を営む彼を訪ねた孝志を出迎えてくれたのは、一匹の白い猫だった――。
その後、なんとか進次郎と顔を合わせた孝志は、にわかには信じられない話を聞く。
なんと進次郎は“呪い" にかけられたせいで、満月の日以外、昼間は猫になってしまうのだという。
日中の進次郎のサポートと、夜だけ営業する猫と触れ合える茶房・みかげ庵の手伝いを条件に、
孝志は進次郎との同居生活を始めるが…。人の想いが交錯する、猫と癒やしのあやかし物語。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ポルタ文庫 | TOP↑ |