FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

【重要なお知らせ】
本日、1/11日からヨメレバ、カエレバの表示画像が、【amazon】から【楽天ブックス】に変わります。
【honto発売日:2019/07/29】小野不由美|営繕かるかや怪異譚 その2(7/31日発売)

JUGEMテーマ:読書



「営繕かるかや怪異譚 その2 /小野不由美 (著)」 オススメ!




■本の内容
営繕屋は 死者の声を聴き、修繕する。 人々の繋がる思いに涙する魂の物語

両親と弟が鬼籍に入り、かつて花街だったという古い町並みにある町屋の実家に戻ってきた貴樹。貴樹が書斎として定めた部屋の書棚に立てかけられた鏡をずらしてみると、柱と壁に深い隙間があった。そしてその向こうに芸妓のような三味線を抱えて座るはかなげな着物姿の人影が見えた。やがて貴樹がその女を見ずにはいられなくなり……。(「芙蓉忌」より)


佐代が生まれた家の町の一郭に神社があった。その神社の脇に背戸があり、夕暮れになると暗くて怖い細道だった。まるで『通りゃんせ』の歌のように。あるとき時間を忘れて遊びすぎ、忘れ物を取りにさらに遅くなり、夕暮れの闇が迫る中、怖いけれど急いで背戸に向かって走っていると、瀬戸に豪華な模様の入った袴を着た鬼が立っていた。その鬼は逃げようとする佐代の肩を掴み――。(「関守」より)


離婚して実家に帰ってきた俊宏の母親が飼っていた三毛猫の小春。半月前に家を出て、そのまま交通事故にあって死んでしまった。母親は2か月前に倒れて意識もなく病院で寝たきりの状態だ。そのいずれも息子の航に告げることができないまま日々が過ぎていくのだが、あるとき航が「小春がいると思うんだ」という。裏の古い空き家から声がするという。さらに「布団に来た」ともいう。布団を調べると僅かな汚れと激しい異臭がする。その得体のしれない「何か」は徐々に迫ってきて――(「まつとし聞かば」)


古い民家をリフォームして住むことに憧れをもっていた育は、築50年以上のこの物件を暇を見つけては手を加えてきた。ある夜零時過ぎ、風呂上りにドライヤーで髪を乾かしていると女の呼ぶ声がする。しかも何かを責めるような強い語調だった。このところ続けて見る、暗闇に人影が座り込んで何かを責めている夢と煩い隣人との関係は――。その答えは意外なところにあった。(「魂やどりて」)


恋人に結婚を切り出すと「僕には結婚する資格がないんだ」「たぶん僕はもうじき死んでしまうから」と。その理由は小学校五年生夏休みにさかのぼる。広い川の大きな堰の先にあるブロックで遊ぶ幼馴染のリュウちゃんを見殺しにしたも同然だった。亡くなった翌年から、背後からふっと淀んだ水の臭いが漂うようになる。臭いはどこかくるのか――。(「水の声」)


祖母の家に引っ越してきてから、両親の不仲から逃れるために押し入れに寝場所を作ると、天井に屋根裏へ通じる隙間を見つけた。上がってみると、誰かが作った屋根裏部屋だった。その脇にゆらりと揺れる影――項垂れた人の黒い影だった。それは片眼のない片脚もないお腹も血だらけだった――。(「まさくに」)


優しさと哀しみと恐怖に満ちた全6篇。
| comments(0) | trackbacks(0) | [小説・文学]小説 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/07/16】畠中恵|てんげんつう(7/18日発売)

JUGEMテーマ:読書



「てんげんつう /畠中恵 (著)」




■本の内容
若だんなと長崎屋の妖(あやかし)たちが、不幸のどん底に!? 大人気「しゃばけ」シリーズ最新刊! 病弱若だんなの許嫁・於りんの実家から人がいなくなっちゃったってぇ! まさか一家で夜逃げ……? こんな一大事に、兄やの仁吉は嫁取りを強要され、しかもお相手は天狗の姫!? さらに、突然現れた千里眼を持つ男は、若だんなに「救ってくれないと不幸にする」と宣言するし……。剣呑な風が吹き乱れるシリーズ第18弾!
| comments(0) | trackbacks(0) | [小説・文学]小説 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/07/09】宮部みゆき|さよならの儀式(7/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「 さよならの儀式/宮部みゆき」 オススメ!




■本の内容
親子の救済、老人の覚醒、30年前の自分との出会い、仲良しロボットとの別れ、無差別殺傷事件の真相、別の人生の模索……淡く美しい希望が灯る。宮部みゆきの新境地、心ふるえる作品集。
| comments(0) | trackbacks(0) | [小説・文学]小説 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/07/08】伊坂幸太郎|クジラアタマの王様(7/9日発売)

JUGEMテーマ:読書



「クジラアタマの王様/伊坂幸太郎 (著)」 オススメ!




■本の内容
待望の最新書き下ろし長篇小説

巧みな仕掛けとエンターテインメントの王道を
貫いたストーリーによって、
伊坂幸太郎の小説が新たな魅力を放った
ノンストップ活劇エンターテインメント。


異物混入、政治家、アイドル、
人々の集まる広場、巨獣、投げる矢、動かない鳥――。

伊坂幸太郎の神髄がここに。
| comments(0) | trackbacks(0) | [小説・文学]小説 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/07/03】劉慈欣|三体(7/4日発売)

JUGEMテーマ:読書



「三体/劉慈欣 (著)」 オススメ!




■本の内容
中国で三部作2100万部以上を突破
アジア&翻訳もの初のヒューゴー賞受賞
現代中国最大の衝撃作、ついに日本上陸



物理学者の父を文化大革命で惨殺され、人類に絶望した中国人エリート女性科学者・葉文潔(イエ・ウェンジエ)。失意の日々を過ごす彼女は、ある日、巨大パラボラアンテナを備える謎めいた軍事基地にスカウトされる。そこでは、人類の運命を左右するかもしれないプロジェクトが、極秘裏に進行していた。
数十年後。ナノテク素材の研究者・汪(ワン・ミャオ)は、ある会議に招集され、世界的な科学者が次々に自殺している事実を告げられる。その陰に見え隠れする学術団体〈科学フロンティア〉への潜入を引き受けた彼を、科学的にありえない怪現象〈ゴースト・カウントダウン〉が襲う。そして汪茲入り込む、三つの太陽を持つ異星を舞台にしたVRゲーム『三体』の驚くべき真実とは?

本書に始まる《三体》三部作は、本国版が合計2100万部、英訳版が100万部以上の売上を記録。翻訳書として、またアジア圏の作品として初のヒューゴー賞長篇部門に輝いた、現代中国最大のヒット作。
| comments(0) | trackbacks(0) | [小説・文学]小説 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/06/27】砥上 裕將|線は、僕を描く(7/27日発売)

JUGEMテーマ:読書



「線は、僕を描く /砥上 裕將 (著)」 オススメ!




■本の内容
小説の向こうに絵が見える! 美しさに涙あふれる読書体験

両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。なぜか湖山に気に入られ、その場で内弟子にされてしまう霜介。それに反発した湖山の孫・千瑛は、翌年の「湖山賞」をかけて霜介と勝負すると宣言する。
水墨画とは、筆先から生みだされる「線」の芸術。
描くのは「命」。
はじめての水墨画に戸惑いながらも魅了されていく霜介は、線を描くことで次第に恢復していく。

| comments(0) | trackbacks(0) | [小説・文学]小説 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/06/18】中西 モトオ|鬼人幻燈抄 葛野編 水泡の日々(6/19日発売)

JUGEMテーマ:読書



「鬼人幻燈抄 葛野編 水泡の日々/中西 モトオ (著)」




■本の内容
江戸時代、山間の集落葛野には「いつきひめ」と呼ばれる巫女がいた。
よそ者な がら巫女の護衛役を務める青年・甚太は、討伐に赴いた森で、
遥か未来を語る不 思議な鬼に出会う――
江戸から平成へ。刀を振るう意味を問い続けながら途方もない
時間を旅する鬼人を描いた、和風ファンタジー巨編の第一巻。

「何度読んでも号泣必至」「人生観が変わった」と
絶賛の嵐だったWEB小説シリーズが、待望の書籍化!
全編改稿のうえ、書籍版番外編も収録。
| comments(0) | trackbacks(0) | [小説・文学]小説 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/06/12】池井戸潤|ノーサイド・ゲーム(6/13日発売)

JUGEMテーマ:読書



「ノーサイド・ゲーム /池井戸潤 (著)」 オススメ!




■本の内容
池井戸潤最新作!

経営戦略室から左遷された男が挑む――。
低迷ラグビー部を“経済的に"立て直せ!

ドラマ化決定! 主演・大泉洋
2019年7月放映ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS日曜劇場)

| comments(0) | trackbacks(0) | [小説・文学]小説 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/05/22】村山 早紀 |トロイメライ(5/23日発売)

JUGEMテーマ:読書



「トロイメライ /村山 早紀 (著)」 オススメ!




■本の内容
やさしくて、せつなくて、うつくしい。小説とイラストのすてきな出会いを、あなたに。
書き下ろし作品を含む短編集。



大人気作家・村山早紀の書き下ろし作品を含む3つの短編に、数多くの装幀で知られるイラストレーター・げみの世界観に寄り添うやさしいイラストが彩る、華麗な1冊。『春の旅人』に続くコラボレーション第2弾。

オールカラー・全イラスト描き下ろし。
| comments(0) | trackbacks(0) | [小説・文学]小説 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/05/15】谷瑞恵|めぐり逢いサンドイッチ(5/17日発売)

JUGEMテーマ:読書



「めぐり逢いサンドイッチ/谷瑞恵 (著)」 オススメ!




■本の内容
「思い出のとき修理します」シリーズの著者が贈る、優しくも愛おしい物語

忘れていた幸せの味、思い出してみて。
子供のころの記憶に苦しむOLや、父の再婚に悩む少女──
迷える人々の心を、絶品サンドイッチが癒やします。

大阪の靱公園にある『ピクニック・バスケット』は、開店して三年を迎える手作りサンドイッチの専門店。蕗子が、姉の笹子──笹ちゃんのこの店を手伝いはじめて、半年になる。
笹ちゃんは店を訪れた人たちの、具材への思いや記憶、そして物語をやさしくパンにはさんで、誰が食べてもなつかしいような新しいような、そんなサンドイッチをつくっているのだ……。
おっとりした姉としっかり者の妹、店を訪れる個性的な人々──常連客の小野寺さんやパン職人の川端さん──が織りなす、優しくも愛おしい物語。
| comments(0) | trackbacks(0) | [小説・文学]小説 | TOP↑ |