FANTASTIC倶楽部

新刊のライトノベル、ボーイズラブ、一般新書、一般文庫、コミックスの発売を紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ブログランキングならblogram
【honto発売日:2018/09/27】 池井戸潤|下町ロケット 4 ヤタガラス(9/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「下町ロケット 4 ヤタガラス/池井戸潤」 オススメ!




■本の内容
2018年10月放映、ドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)新シリーズの原作小説『下町ロケット ゴースト』に連なる、「宇宙から大地」編、クライマックスへ――!

社長・佃航平の閃きにより、トランスミッションの開発に乗り出した佃製作所。果たしてその挑戦はうまくいくのか――。
ベンチャー企業「ギアゴースト」や、ライバル企業「ダイダロス」との“戦い"の行方は――。
帝国重工の財前道生が立ち上げた新たなプロジェクトとは一体――。
そして、実家の危機に直面した番頭・殿村直弘のその後は――。

大きな挫折を経験した者たちの熱き思いとプライドが大激突!
準天頂衛星「ヤタガラス」が導く、壮大な物語の結末や如何に! ?
待望の国民的人気シリーズ第4弾! !
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般新書]小学館 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/19】池井戸潤|下町ロケット 3 ゴースト(7/20日発売)

JUGEMテーマ:読書



「下町ロケット 3 ゴースト /池井戸潤 (著)」  オススメ!




■本の内容
大人気シリーズ、待望のシリーズ最新刊!

宇宙(そら)から大地へ。
いま、佃製作所の新たな戦いの幕が上がる!


2015年に放映されたドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)の大ヒットも記憶に新しい、「池井戸潤、絶対の代表作」に待望のシリーズ最新刊が登場!

倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き思いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。
しかし、またしても佃製作所は予期せぬトラブルにより窮地に陥っていく。
いまや佃製作所のシンボルとなったロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告、そして、番頭・殿村に訪れた危機――。
そんな絶体絶命のピンチを切り抜けるため、佃が下した意外な決断とは・・・・・・。

大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ! 大人気シリーズ第三弾!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般新書]小学館 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/06/13】鳥海 嶺 |僕の未来だった君へ(6/15日発売)
公開日:2018/06/14 (最終更新日:2018/06/14)

JUGEMテーマ:読書



「僕の未来だった君へ/鳥海嶺」




■本の内容
21歳新鋭が描くピュアな初恋ファンタジー

「私、雪女なんです」


実家を離れ、不器用に生きている理系男子、高専生の高垣直樹(19歳)は、春の桜並木の下で雪女を自称する不思議な少女、笹目雪と出会う。初めは困惑する直樹だったが、雪の雪女らしい?突飛な行動に振り回されながらも少しずつ彼女に心を開いていく。直樹には、小学生時代、初恋の相手を守り切れなかったという心の傷があった。雪の励ましにより、直樹は周囲との関わりにおいても確実に変わっていく。
しかし、冬の訪れと共に雪は彼の前から姿を消してしまう。彼女を探し回り、ついにその元へたどり着いた直樹が紡ぐ言葉とは…。
『完治』することは決してない傷に対して、「僕」はどう向き合うのか。
心が温もる、ほのかな恋愛ストーリー。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般新書]小学館 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/06/06】清水浩司|愛と勇気を、分けてくれないか(6/8日発売)
公開日:2018/06/07 (最終更新日:2018/06/07)

JUGEMテーマ:読書



「愛と勇気を、分けてくれないか/清水浩司」




■本の内容
痛くて、熱い、「あの時代」青春小説

あの日、燃え上がった青春の火は、これからも
きっとずっと消えない。 ――秦 基博さん
こんな過去はなかったはずなのに懐かしい。
「青春」ってきっとこうだったのだ。
――西 加奈子さん
痛みも無力も知ってしまった今、進むしかない。
愛と勇気を分けるためさ、進め、進め。
――永作博美さん
いつまでたっても、自分に何かを問いかけてくる。
それが、故郷・広島。――湯崎英彦・広島県知事

そうか、あれが青春の正体だったんだ。
痛くて熱い、「あの時代」青春小説の誕生!

80年代後半、広島市民球場が、デビューしたばかりのユニコーンが、確かに息づいていたあの日。
ひとりの転校生が、美少女に心を射抜かれた瞬間、それは始まった。
賑やかで、残酷で、なす術もなく熱病に浮かされたようになりながら、それでも全力で立ち向かうしかなかったあの日々が--。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般新書]小学館 | TOP↑ |