FANTASTIC倶楽部

新刊のライトノベル、ボーイズラブ、一般新書、一般文庫、コミックスの発売を紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ブログランキングならblogram
11月新刊の二見サラ文庫(11/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「むかさり〜ホラー短編集〜 /吉田珠姫 (著),光野ひかる (イラスト)」

むかさり〜ホラー短編集〜 (サラ文庫)

[amazon] [honto]


■本の内容
未定




「是空和尚にきけ!〜元極道僧侶の痛快人生相談〜 /竹内照菜 (著),藤未都也 (イラスト)」

是空和尚にきけ!〜元極道僧侶の痛快人生相談〜 (サラ文庫)

[amazon] [honto]


■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]二見サラ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/09/10】9月新刊の二見サラ文庫(9/11日発売)

JUGEMテーマ:読書



「あやかし長屋の猫とごはん /須垣りつ (著),tacocasi (カバーイラスト)」  オススメ!




■本の内容
秀介、武士の子(13)初めての江戸・長屋ライフ
江戸っ子の人情とあやかしたちの思いやりが紡ぐ少年武士の成長物語


父の仇討ちのため、義憤と武士の誇りを胸に江戸に上った秀介。しかし目的を果たす前に空腹で行き倒れてしまう。
もはやここまでと覚悟を決めたその時、現れたのは純白の子猫。恩返しだという猫又に導かれ、秀介はある長屋を訪ねる。
一見普通だが、人に化けた気のいい妖したちも住む通称あやかし長屋。
死んだ店子の家財を譲り受け、食い扶持を稼ぎ、志を曲げず日々を送る中、秀介はついに憎っくき仇を発見するが…。




「アンティーク鑑定士 天羽奏の祓魔録〜葡萄と小麦と海の星〜 /牧山とも (著),木々 (カバーイラスト)」




■本の内容
――我は汝に去るよう命じる――
元バチカンのエクソシスト、現在アンティーク雑貨店店主 & 心理学者兼医師、ワインダイニングオーナー


かつてバチカンで司祭としてエクソシストを務め、現在はアンティークショップを営む天羽奏は、特殊な能力を持っていた。
他人と異なるその能力に悩み、私生活でも辛い思いを経験した彼を見守ってきたのは、旧友にしてワインダイニングオーナーの清泉宏輝だった。
心理学者兼医師という異色の肩書をもつ経営者、清泉と天羽は下北沢に互いの店を構えている。
そんな二人の元に、奇妙な出来事がつぎつぎ舞いこんできて…? 
風変わりな二人が遭遇する、小さくも心温まる不思議な謎解き!

| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]二見サラ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/10】≪新創刊≫7月新刊の二見サラ文庫(7/11日発売)

JUGEMテーマ:読書



「二宮繁盛記 /谷崎泉 (著),ma2 (イラスト)」




■本の内容
現役もご隠居もゆで玉子肴にビールを一本。

看板なし、愛想なし、メニューは卵料理のみ。
そんな立ち飲み屋で生まれるいいオトナたちのお節介と事件!?


新宿の片隅にある立ち飲み屋「二宮」。昭和の家屋を改築した店舗で酒以外に注文できるのはなぜか卵料理のみ。
店主は無愛想でも居心地がいいらしいその店に、今日も早い時間から近所のオヤジたちが集いはじめるが、中には厄介事を抱え込んでくるお客もいるようで…?
団地住まいの大金持ち、未だ二宮を上司と慕う後輩、そして謎の家出少女…深い事情がありすぎる人々の陳情に、本日は無事開店となるや否や!?




「暁町三丁目、しのびパーラーで /椹野道流 (著),鏑家エンタ (イラスト)」  オススメ!




■本の内容
普通だけれど、何かが奇妙
カレーに隠し味があるように、この店には秘密がある――。


両親を失い路頭に迷い、お腹を空かせた十五歳の少年が拾われたのは、サービス担当の秋月と料理担当の山蔭、たった二人の従業員で回すモダンな洋食店「しのびパーラー」。
なかなかの繁盛ぶりを見せるこの店が、兎目と名づけられた少年の新たな家であり職場となるのだが…。
オーナーと呼ぶには雰囲気が異質すぎる若様に、昨日はなかった秋月の傷。
お互い身元は詮索しないとしながら、見てしまった違和感の正体とは!?




「神の気まぐれ珈琲店 /青谷真未 (著),伊藤七つ生 (イラスト)」  オススメ!




■本の内容
そなたの望みを口にするがいい。すべて叶えてしんぜよう

手作り甘味と特製珈琲でおもてなし。ちょっとズレてる神様たちの心に染み入るほっこりファタジー。


初恋をこじらせたまま絶賛婚活中の杏沙。縁結びの神社にお参りした帰り道。白い猫に導かれて訪れたのは神様が営む珈琲店だった。
ガテン系の大河に、爽やかイケメンの青葉、そして人形のように整った美貌の翡翠が、手作り甘味と心に染み入る特製珈琲でおもてなし。
困惑しつつも神様たちに促され、悩みを打ち明ける杏沙だったが…。
「エデンのタルトタタン」ほか二編収録。珠玉のほっこりファンタジー。




「神様は毛玉 〜オタクな霊能者様に無理矢理雇用されました。〜 /栢野すばる (著),冬臣 (イラスト)」  オススメ!




■本の内容
けいすけ、いっかい、死んでいるのである

謎の毛玉に取り憑かれたインチキ占い師(元営業)、美形オタクと東京を救う!?


伊藤啓介、三十歳。大手メーカー勤務。
成績そこそこの平凡な営業マン……それがある雨の夜を境に喋る謎の毛玉生物に取り憑かれ、
さらには毛玉――しろを守り神だという超絶美形のソシャゲおたく・由井之庄忍の登場によって人生が一変してしまう。
霊能者の忍の都合で望まぬ同居をし、オカルトな現場に連れ回され、身体をしろの力の通り道に使われ、人助けのはずが変質者扱い…いったい、何がどうしてこうなった!?


| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]二見サラ文庫 | TOP↑ |