FANTASTIC倶楽部

新刊のライトノベル、ボーイズラブ、一般新書、一般文庫、コミックスの発売を紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ブログランキングならblogram
【honto発売日:2018/07/12】小林泰三|パラレルワールド(7/12日発売)

JUGEMテーマ:読書



「パラレルワールド/小林 泰三 (著)」  オススメ!




■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般新書]角川書店 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/10】畑野智美|水槽の中(7/12日発売)

JUGEMテーマ:読書



「水槽の中 / 畑野智美」  オススメ!




■本の内容
17歳の波立つ心をかろやかに描いた青春小説!

桜並木に憧れて入学した海の近くの高校で、遥は二年生の春を迎えた。仲良しのマーリンとゆるく過ごす毎日は楽しいけれど、自分だけの何かを見つけたい。話したことのない先輩を眺めて盛り上がるだけで満足だったのに、いつしか同じクラスになった考古学部の地味め男子・アルトのことが気になりはじめていた。これは、恋――? 浮かんでは消える、言葉にならない想いを遥が持てあましているうちに、アルトは他の女の子との距離を縮めていて――。
不安と期待の間で揺れる、高校生のきらめく一年を駆け抜ける!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般新書]角川書店 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/05】あたそ|女を忘れるといいぞ (7/7日発売)

JUGEMテーマ:読書



「女を忘れるといいぞ / あたそ」  オススメ!




■本の内容
私には、女でいる自信がまるでない。

スカートも化粧も好き、レディースデー最高。でも他の女性と比較すると、自分は何かが足りない。自信がないと自分の容姿や性格が嫌いになる。そんな女性たちの肥大化した劣等感をいつか笑い飛ばすエッセイ。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般新書]角川書店 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/04/23】深町 なか|わすれな草 ほのぼのログ another story(4/25日発売)

JUGEMテーマ:読書



「わすれな草 ほのぼのログ another story / 深町なか」




■本の内容
大切な人がいる毎日、その奇跡が愛おしい胸きゅん短編集!!

学生からお付き合いを始めた京介と沙織が、ついに結婚式を迎えて――(春告鳥)。Twitterフォロワー数69万人突破の深町なかの世界を完全小説化! 大切な人と過ごす、毎日の“きせき”を描く短編集!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般新書]角川書店 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/03/28】3月新刊のKADOKAWA単行本(3/30日発売)

JUGEMテーマ:読書



「友達以上探偵未満/麻耶雄嵩」  オススメ!




■本の内容
女子高生名探偵・桃青コンビ、誕生!キュートで企みに満ちた本格ミステリ。

忍者と芭蕉の故郷、三重県伊賀市の高校に通う伊賀ももと上野あおは、地元の謎解きイベントで殺人事件に巻き込まれる。 探偵好きの二人はこれ幸いと、ももの直観力とあおの論理力を生かし事件を推理していくが!?



 
「確率捜査官御子柴岳人ファイヤーゲーム / 神永学 」  オススメ!




■本の内容
イケメン数学者が連続放火事件の真相に迫る! 取り調べエンタメ第三弾!

効率的かつ公平な取り調べを目的とする<特殊取調対策班>。この部署に所属する新米刑事・新妻友紀と天才数学者・御子柴岳人は、連続放火事件への捜査協力を依頼される。これまでに7件の放火事件が発生し、最初の火災で住民が焼死、3件目では消防士が殉職していた。御子柴は7つの事件現場の情報を解析し、容疑者の特定を目指すが――。

| comments(0) | trackbacks(0) | [一般新書]角川書店 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/02/28】住野よる|青くて痛くて脆い(3/2日発売)

JUGEMテーマ:読書



「青くて痛くて脆い/住野よる」  オススメ!




■本の内容
『君の膵臓をたべたい』著者が放つ、最旬青春小説!

人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学1年の春、僕は秋好寿乃に出会った。
空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いていて、けれど誰よりも純粋だった彼女。秋好の理想と情熱に感化され、僕たちは二人で「モアイ」という秘密結社を結成した。
それから3年。あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。僕の心には、彼女がついた嘘が棘のように刺さっていた。

「僕が、秋好が残した嘘を、本当に変える」
それは僕にとって、世間への叛逆を意味していた――。

青春の煌めきと残酷さを痛烈に描ききった、著者渾身の新境地!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般新書]角川書店 | TOP↑ |