FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

【重要なお知らせ】
本日、1/11日からヨメレバ、カエレバの表示画像が、【amazon】から【楽天ブックス】に変わります。
【honto発売日:2019/07/08】7月新刊のPHP文芸文庫(7/9日発売)
投稿日:2019/06/25

JUGEMテーマ:読書



「 新選組のレシピ /市宮 早記、 しきみ」 オススメ!




■本の内容
歴史×グルメ×思わぬ恋!?
もし現代の料理人が、幕末京都にタイムスリップしたら……?


交通事故に遭った拍子に、幕末にタイムスリップしてしまった、京都の老舗料亭の見習い・神崎花。彼女は怪しい者として、土方歳三ら壬生浪士たちの取り調べを受けるが、料理の腕を見込まれ、そのままお抱え料理人となることに……。山崎烝が花の世話役となり、沖田総司にしきりとちょっかいをかけられる中、彼女は、芹沢鴨という局長が、十年前に失踪した父と瓜二つであることに気づく。




「 鵜野森町あやかし奇譚 猫又之章 /あきみず いつき、 浮雲 宇一」 オススメ!




■本の内容
杉田智和氏(声優)絶賛!
「奇跡の価値を決める前に、この物語を読んで欲しい。」


エブリスタ「現代ファンタジー×切ない」部門第1位! (2019年3月24日調べ)
少年が出会ったのは、言葉を喋る不思議な猫と笑顔を忘れた少女……
それぞれの“心"を取り戻すまでの、ひと夏の物語。

ある事情で空手部を休み続けている男子高校生・朝霧夢路。
嵐の日、彼は実家の神社に倒れていた霊獣・猫又のサクラを助ける。
サクラを居候させることになった夢路は、ひょんなことから無口な同級生・日野咲と交流するようになるが、サクラは咲から「陰の気」を嗅ぎ取った。
時を同じくして、鵜野森町には異様な雨が降り続け――。
心に傷を負った少年少女と猫又が織り成す、感動の青春小説。




「夜廻 /日本一ソフトウェア (原作)」 オススメ!




■本の内容
早くに母親を亡くし、姉と支え合いながら、愛犬・ポロとともに生きてきた幼い少女。
ある夕暮れ時、少女がポロを散歩させていると、突如現れた大きな影がポロを飲み込んでしまう。
ひとり帰ってきた少女を見た姉は、ポロを探しに夜の町に向かった。
帰ってこない姉を待つ少女は胸騒ぎを感じ、姉とポロを探すため、自分も家の外に飛び出す。
そこで見たものは、夜の町にひしめく恐ろしい生き物たちだった――。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]PHP文芸文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/05/08】5月新刊のPHP文芸文庫(5/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「 京都府警あやかし課の事件簿 2 祇園祭の奇跡 /天花寺さやか、 ショウイチ」 オススメ!




■本の内容
京都を包む神様のご加護に、あなたもきっと涙する。
大人気あやかし警察小説、待望の第二弾。

エブリスタ「現代ファンタジー×神様」部門、第1位! (2019年4月1日時点)


神仏や化け物が絡む事件を解決する京都府警あやかし課に配属されて二ヶ月が経った新人女性隊員、古賀大(まさる)。簪を抜くと、“男"になる力をコントロールすべく、先輩の坂本塔太郎とおもに修業に励む日々を送っていた。そんな折、ある男性から「妙な笛を買って以来、化け猫につきまとわれているから助けてほしい」と依頼がきて……。大と塔太郎の関係にも注目の、傑作現代ファンタジー第二弾!




「京都下鴨なぞとき写真帖 2 葵祭の車争い /柏井壽 (著)」 オススメ!




■本の内容
老舗料亭の主人は、じつは人気カメラマンだった! ?
『鴨川食堂』で人気の著者による、京都グルメ&名所が満載の連作短編集


京都の老舗料亭の当主・朱堂旬は、番頭に仕事を任せて遊んでばかり――と周囲には思われているが、じつは人気写真家・金田一ムートンとして、京都の撮影にいそしんでいた。
彼のカメラがとらえるのは、葵祭や祇園祭、十日ゑびすや「人形寺」といった、京都名所だけではなく、そこを訪れる人々の秘めた悩み。
「松葉」のにしんそばなど、京都グルメでその心を癒しながら、ムートンは彼らの問題を解きほぐしていく。
文庫オリジナル。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]PHP文芸文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/03/08】3月新刊のPHP文芸文庫(3/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「桜風堂ものがたり(下)/村山早紀 (著)」 オススメ!




■本の内容
「誰かの大切な居場所は、守らなきゃいけないんだ」――入院中の店主から桜風堂書店の店長になってほしいと頼まれた月原一整は、迷いながらもそれを受け入れる。そして彼が見つけた「宝もの」のような一冊を巡り、彼の友人が、元同僚たちが、作家が、そして出版社営業が、一緒になって奮闘し、ある奇跡を巻き起こしていく。田舎町の書店で繰り広げられる、本を愛するすべての人に読んでほしい温かい物語。




「桜風堂ものがたり(上) /村山早紀 (著)」 オススメ!




■本の内容
書店に勤める青年、月原一整は、人づきあいは苦手だが、埋もれていた名作を見つけ出して光を当てることが多く、店長から「宝探しの月原」と呼ばれ、信頼されていた。しかしある日、店内で万引きをした少年を一整が追いかけたことが、思わぬ不幸な事態を招いてしまう。そのことで傷心を抱えて旅に出た一整は、ネットで親しくしていた、桜風堂という書店を営む老人を訪ねるため、桜野町を訪ねるのだが……。




「風待心中 /山口恵以子 (著)」




■本の内容
ラスト20ページだけは読みたくなかった――

眉目秀麗、将来有望な蘭学医の卵・真吉。その心中事件に秘められた衝撃の真相とは……。
親思いで優しく、蘭学所からの信頼も厚い彼は、長崎への留学を控えていた。そんな折、女を狙った凄惨な連続殺人が起こり、真吉が先生役を務める寺子屋の少女も犠牲になってしまう。彼は自ら犯人を捕まえようと立ち上がるが、その直後、真吉自身にも思わぬ容疑がかけられる。

息も抜かせぬ展開、そして待ち受ける衝撃の結末。
嫉妬と愛憎渦巻く、一気読み必至の長編時代小説。




「鯖猫長屋ふしぎ草紙(六) /田牧 大和 (著)」 オススメ!




■本の内容
江戸は根津宮永町にある「鯖猫長屋」の朝は、今日も賑やかだ。おてる、与六、おはま、貫八、おみつなど、長屋の面々を犹点擇辰騰瓩い襪里蓮∋縞模様の三毛猫サバ。
そんなサバには人間の子分が二人いる。飼い主で画描きの拾楽と、「成田屋の旦那」と呼ばれるほど濃いキャラの持ち主で、剣術が苦手な定廻同心・掛井だ。
その掛井が手下の平八をかばって窮地に立たされる。拾楽がサバの力を借り、事件の核心に迫っていくと、意外な事実が見えてきて……。
謎解きと人情が交錯する人気シリーズ第六弾。文庫書き下ろし。
巻末に、サバが生みの親である著者について語っているので、要注目!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]PHP文芸文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/01/05】1月新刊のPHP文芸文庫(1/4日発売)

JUGEMテーマ:読書



「京都府警あやかし課の事件簿 / 天花寺さやか」 オススメ!




■本の内容
小説投稿サイト「エブリスタ」で「神様×現代ファンタジー」部門急上昇1位を獲得した大人気連載が待望の書籍化!

京都府警が擁する「人外特別警戒隊」、通称「あやかし課」。化け物から神様まで、あやかしが絡むあらゆる事件を人知れず解決するのが彼らの任務である。そんなあやかし課に入隊したばかりの新人女性隊員・大(まさる)。個性豊かなメンバーとともに仕事に励む大だったが、実は彼女には人には言えないある事情があって……。
街の平和を守るために、古都を奔走する若き隊員たちの活躍を描いた傑作現代ファンタジー!




「睦月童 / 西條奈加」 オススメ!




■本の内容
ある東北の村から日本橋の酒問屋に招かれた、不思議な目を持った少女・イオ。酒問屋の跡取り息子・央介は、その目を見たことで激しい良心の呵責に襲われ、かつて自分が犯した罪を贖おうとする。やがて更生した央介とイオは、彼女の目を使って、江戸で起こる数々の事件を解決していくことになるが……。青年と少女の交流と成長を通して、「罪と向き合う」ことの意味を描いた、感動のファンタジー時代小説。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]PHP文芸文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/11/08】11月新刊のPHP文芸文庫(11/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「京都西陣なごみ植物店 3 「明智光秀が潜んだ竹藪」の謎 /仲町六絵 (著)」 オススメ!




■本の内容
明智光秀最期の地と伝わる明智藪で、真っ赤に染まった竹が見つかった。光秀の呪いとも噂が広まる中、その謎を解いてほしいと、「植物の探偵」実菜と、京都府立植物園の新米職員の神苗は依頼を受ける。しかも依頼主は実菜の祖父であり――(「明智光秀の竹藪」)。古い森ははたして、山から出て暮らしたいと願った少女に罰を与えたのか(「やまははの森」)。愛宕山で目撃されたバラの壁と怪しげな白装束の集団の秘密とは?(「閉じられた花園」)。そして実菜と神苗、雪伸の三角関係はどうなる? 大人気連作ミステリー第三弾。




「世にもふしぎな動物園 /小川洋子 (著)」 オススメ!




■本の内容
ペンネームに隠れた「どうぶつ」をテーマに、豪華作家陣が紡ぐ前代未聞のアンソロジー

関西弁で事件を解決する馬、偽占い師コンビがさがす兎、男子大学生の心を惑わせる鹿、新聞部が調査する傷だらけの鶏、嵐の夜に海からやってきた羊……
ユーモアミステリから泣ける感動作まで、珠玉のどうぶつ短編集。

ペンネームの一部に「動物」が隠れた人気作家による、それぞれの動物をテーマとした異色の短編集。
不吉とされる黒子羊を飼う、村で唯一の託児所(小川洋子「黒子羊はどこへ」)、牧場の経営者が亡くなった。犯人を推理するのは馬!?(東川篤哉「馬の耳に殺人」)、高校の新聞部の友人と共に白いカラスの謎を探っていたはずが……(似鳥鶏「蹴る鶏の夏休み」)等、バラエティに富んだ五作を収録。

『どうぶつたちの贈り物』を改題。




「ぼくたちは神様の名前を知らない/五十嵐貴久 (著)」




■本の内容
無意味で残酷な世界の前で、彼らが取り戻そうとしたもの。
それは、つまり、希望だ――。


東日本大震災がきっかけで、離れ離れになった幼馴染の六人。中学三年生になったある日、東京で暮らしていたセータの下に、仲間の一人が投身自殺をしたという知らせが入る。当時の担任とともに現場である北海道の岬に向かった五人だが、その帰りに橋から車ごと落下する事故が起きてしまい……。過酷な運命に翻弄されながらも、現実を受け止め、前を向こうとする少年たちの「再生」を描いた感動の長編小説。
解説は、いきものがかり・水野良樹氏!

『蘇生』を改題して、加筆。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]PHP文芸文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/09/07】 9月新刊のPHP文芸文庫 (9/11日発売)

JUGEMテーマ:読書



「書店ガール 7 旅立ち / 碧野圭」  オススメ!




■本の内容
すべての働く人に送る、書店を舞台としたお仕事エンタテインメント、ついに完結!
中学の読書クラブの顧問として、生徒たちのビブリオバトル開催を手伝う愛奈。故郷の沼津に戻り、ブックカフェの開業に挑む彩加。仙台の歴史ある書店の閉店騒動の渦中にいる理子。そして亜紀は吉祥寺に戻り……。それでも本と本屋が好きだから、四人の「書店ガール」たちは、今日も特別な一冊を手渡し続ける。
文庫書き下ろし。




「鯖猫長屋ふしぎ草紙 5/田牧大和」  オススメ!




■本の内容
この猫、意外に人情家? サバの大将が思いがけない一面を見せる!
 長屋で一番偉い猫サバと飼い主の拾楽が暮らす「鯖猫長屋」に、「二キのご隠居」がやって来る。皆に一目置かれる臨時廻同心で、昔馴染みの女盗賊と決着をつけるため、拾楽に協力を求めてきたのだが、その女盗賊は拾楽とも浅からぬ因縁があり……。
やがて長屋の家主・お智の饅頭屋で事件が起き、拾楽、定廻同心・掛井、サバがそれぞれ動き出す。
サバの不穏な動きに、心がざわつく拾楽は。 謎解き&人情で大好評、累計15万部の人気シリーズ第五弾。
文庫書き下ろし。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]PHP文芸文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/09】7月新刊のPHP文芸文庫(7/11日発売)

JUGEMテーマ:読書



「ロング・ロング・ホリディ/小路幸也」  オススメ!




■本の内容
感じる、圧倒的ノスタルジー――。
手探りでも懸命に未来を探した、「あの頃」が蘇る!


1981年、札幌。喫茶店でアルバイトをしている大学生・コウヘイのもとに、東京で働く姉が「しばらく泊めて」と現れた。コウヘイは彼女がやって来た理由を聞けないまま、共同生活を始める。一方では、店長が突如「辞める」と言い出して……。
平和に思えた人間関係の綻びが垣間見えたとき、コウヘイたちがとった行動とは?
見えない未来に焦り、それでも前に進もうともがく若者たちを描いた傑作青春小説。




「昨日の海と彼女の記憶/近藤史恵」  オススメ!




■本の内容
どちらかがどちらかを殺した?――。
夏休みのある日、海辺の小さな町の高校生・光介の家に、母の姉・芹とその娘の双葉がしばらく一緒に暮らすことになった。光介は芹から、二十五年前の祖父母の死が、実は無理心中事件であったと聞かされる。カメラマンであった祖父とそのモデルを務めていた祖母。二人の間に何が起こったのか。切ない真相に辿り着いたとき、少年はひとつ大人になる。
『昨日の海は』を改題。




「京都下鴨なぞとき写真帖/柏井壽」




■本の内容
彼のカメラに写るのは、四季の風景と美味しいもの、そして迷える人の心……。
『鴨川食堂』で人気の著者による京都の名所、グルメ情報満載の新スタイル小説誕生!


京都の老舗料亭〈糺ノ森山荘〉の八代目当主・朱堂旬は、ふだんは冴えない風貌で、自転車にまたがる姿はどうみても下働きの従業員。
ところが彼は、人気写真家・金田一ムートンというもう一つの顔をもっていた――。
秋の大原、どこか寂しげな着物姿の女性が向かうのは山中の来迎院。彼女にカメラを向けたムートンがファインダー越しに見抜いた真実とは?
文庫オリジナル。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]PHP文芸文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/03/09】3月新刊のPHP文芸文庫(3/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「京都西陣なごみ植物店 2 「安倍晴明が愛した桔梗」の謎 /仲町六絵 (著)」 オススメ!




■本の内容
あるマンション建設予定地に、なぜか異常なほど雑草が生い茂る理由を教えて――そんな相談を受けた京都府立植物園の新米職員の神苗健は、「植物の探偵」こと「なごみ植物店」の店員・和久井実菜にその解明を依頼するのだが……。怪しげなカフェが売り出す「晴明の愛でた桔梗」とは何か? 角倉了以が茶会であえて使った「禁じられた花」の正体とは? 不思議な植物と不思議な謎に満ちた連作ミステリー第二弾。




「鯖猫長屋ふしぎ草紙(四)/田牧大和 (著)」 オススメ!




■本の内容
この猫、江戸で最強!? ただものではないぞと思わせるエピソードが今回も――。

気まぐれな美猫サバが暮らす「鯖猫長屋」で、利助・おきね夫婦が大喧嘩。その裏に怪しげな呪い師の影が……。
そんな折、サバの妹分さくらに化け猫疑惑が持ち上がる。続けて起きた「赤子の顔の傷」事件や、とある大店の内儀の死も、化け猫の仕業だというのだ。この騒ぎと怪しげな呪い師に関係はあるのか。
さくらの疑いを晴らそうと、飼い主の拾楽、そして長屋の面々が動き出す。存在感たっぷりの同心・掛井も駆けつける。しかしサバにはどうも気になることがあるようで――。
キュートなサバの一挙手一投足に首っ丈。猫好きにはたまりません。
根津宮永町が舞台の「大江戸謎解き人情ばなし」。累計10万部突破の人気シリーズ第四弾。文庫書き下ろし。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]PHP文芸文庫 | TOP↑ |