FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

【重要なお知らせ】
本日、1/11日からヨメレバ、カエレバの表示画像が、【amazon】から【楽天ブックス】に変わります。
【honto発売日:2019/02/06】2月新刊のダッシュエックスノベル(2/8日発売)

JUGEMテーマ:読書



「復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する/作: 斧名田マニマニ 画: 荒野 」




■本の内容
最強の勇者として魔王を倒したラウルは、世界の救世主となる――はずだった。
私利私欲を貪る貴族たちにより、仲間や家族を殺されたラウルは、偽りの罪で処刑される。命が潰えるその直前、ついに彼の心は悪に墜ちた。
……あの裏切り者どもを、火炙りにして殺す。八つ裂きにして殺す。串刺しにして殺す。地獄のような苦しみの中で、憎き者たちを全員容赦なく殺してやる……!!!!
闇の力を手に入れ蘇生を果たしたラウルは、復讐を誓い、嗤う。
「ああ、たのしみだな。――これからあいつらの血を、思う存分浴びることができる」
勇者の復活から数日後。
花の咲き乱れる王都で、残虐を極めた復讐無双がはじまるのだった――。




「目指せ! 一騎当千 2 ~ ぼっち自衛官の異世界奮戦記 ~/作: 舳江爽快 画: るろお」




■本の内容
魔法よりも最強の【自衛隊装備】で異世界を無双する――!
どんな魔法よりも強い【89式5.56mm小銃】を持つ自衛隊幹部候補生のジングージ・ジョー、通称【爆裂のジョー】は、街を襲ったゴーレムの大軍を殲滅し異世界の英雄となった。
ギルドランクの二階級特進果たしたジョーは、さらなる危機に備えてギルドパーティ《ジエータイ》を結成!
リーダーとして、冒険者のツインテール美少女・アンや、かつての恋人にそっくりな魔族と人族のハーフ褐色美少女をメンバーに加え、剣と魔法の異世界を近代装備の物理攻撃で無双する!
大反響の異世界自衛官バトルファンタジー第2弾!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]ダッシュエックスノベル | TOP↑ |
【honto発売日:2018/09/06】 ダッシュエックスノベル|2018年9月刊ラインナップ(9/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「目指せ! 一騎当千 ~ぼっち自衛官の異世界奮戦記~ /舳江 爽快、 るろお」




■本の内容
女神の眷属を事故から救ったことで、自らの命を失ってしまう事になった神宮司 丈(ジングージ ジョー)。
彼は防衛大学校を卒業したばかりで、これから自衛隊の幹部候補生として国防を担う直前の出来事に落胆するが、女神は自分の眷属の不注意によって命を落としてしまう事になる彼に対し、異世界への転生を提案する。
元の世界から持ち込んだ89式自動小銃や06式小銃擲弾などの【陸上自衛隊標準装備】を武器に、剣と魔法のファンタジー世界へ単身飛び込むことに。そして、自動小銃による連射は、どの爆撃魔法よりも最強だった。
テンプレな異世界を、たった一人の自衛官が仲間を得つつ孤軍奮闘しながら、一騎当千のワンマンアーミーを目指す異世界冒険物語。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]ダッシュエックスノベル | TOP↑ |
【honto発売日:2017/10/05】10月新刊のダッシュエックスノベル(10/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「異世界釣り暮らし /三上康明 七原冬雪」




■本の内容
ブラック企業に就職した牛尾隼人は、大好きな趣味の釣りにも行けずストレスで爆発寸前だった。
やっと行けた釣りも徹夜明けのボロボロで何も釣れず帰るはめに。そんな帰り道、暴走したトラックの荷台から飛び出してきた冷凍マグロが直撃し、気を失ってしまう。次に目に入ってきた光景は、釣り大会だった。そこでは見慣れない人々が思い思いに釣りをしていた。しかし、魚影は濃いのに釣れるのは小魚ばかり。見かねた隼人が釣りを始めると、バカスカ釣れる釣り無双。遂には、とんでもないものを釣り上げてしまう。
それは《魔アジ》だった。隼人がたどり着いた世界では魚が重宝され、中でも魔魚は貴重なものとされた。だからこそ、釣りの力が優遇され強い者とされる。しかし、隼人は気にせず魚を釣りまくり、貴重な魔魚さえも捌いて皆に振舞ってしまうのだが――。
「釣れる」スキルが最強とされる異世界で、釣りバカ男の無双が始まる!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]ダッシュエックスノベル | TOP↑ |