FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

【実施日:2020/11/17(火)・11/24(火)・12/10(木)】サーバーメンテナンスのお知らせ

◆日時: 1回目:11/17(火)14:00 - 17:00 頃
  2回目:11/24(火)14:00 - 15:30 頃
  3回目:12/10(木)14:00 - 17:00 頃

◆対象:全サーバ

◆影響範囲:●1回目(11/17(火)14:00 - 17:00 頃)
●3回目(12/10(木)14:00 - 17:00 頃)

・管理画面のログイン及び機能の利用

 ⇒記事の投稿をはじめ、管理画面自体へのアクセスや、すべての機能が、一時的にご利用いただけなくなります。

 ※ブログの閲覧には影響ありません。  ※終了時刻は作業状況により前後いたします。

●2回目(11/24(火)14:00〜15:30 頃)

◆影響範囲:・ ユーザブログの管理画面
・ ブログ表示(キャッシュがない場合)
・ モブログ
・ スマホアプリの利用
・ ブログ申し込み

※上記を始めとする、ほぼすべての機能が一時的に利用不可となります。
 ※終了時刻は作業状況により前後いたします。

【honto発売日:2020/11/17】11月新刊のガガガブックス(11/19日発売)
投稿日:2020/11/04

JUGEMテーマ:読書



「100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます 3 /あまうい 白一 (著),天野 英 (イラスト)」




■本の内容
敬愛されまくり最強師匠ファンタジー第3弾

100人の英雄を育成し、邪神との戦争を終わらせた預言者アイゼンは、冒険者として活動を始めた。英雄であり、現在では様々な役職に付く弟子たちに、お忍びで挨拶をしながら、世界を周遊して楽しもうと決めたのだ。
そしてアイゼンは、新たな街、魔法都市へとたどり着く。
その街で仕事をしているという弟子の一人に挨拶をしたのだが――

「我が師よ。私の仕事ぶりを褒めて、撫でてくれるのであれば、私の市長としての仕事能率が百パーセント以上アップするので是非、撫でて頂ければと!」

預言者のアイゼンは、新たな街にやってきても、人ならざる者までも優しく助け、慕われていく!
魔法使いの市長に、楽聖に、山の主にetc. 各地にいる弟子から慕われ、頼られる最強師匠の冒険ファンタジー第3弾!




「ロメリア戦記 〜魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織した〜 2 /有山 リョウ (著),上戸 亮 (イラスト)」




■本の内容
ロメリアはかつての仲間と戦場で邂逅する。

魔王ゼルギスを倒して三年後。ロメリア達は戦いを続け、たくましく成長していた。

ロメリアが戦場を駆け、アルが炎の槍を振るい、レイが空を舞う。ロメリア騎士団は次々に魔王軍を打ち倒し、国内に残っていた敵を一掃していく。

だが魔王軍が拠点を置くローバーンでは、特務参謀のギャミが魔王の実弟ガリオスと共に、新たに策謀を開始する……。

一方、アンリ王と結婚し、王妃となり二児の母となった聖女エリザベートだったが心の休まる日はなかった。政敵であるザリア将軍がアンリ王の政務を妨害し、エリザベートの養父であるファーマイン枢機卿長は利権を貪り、王国の財政を圧迫させているのだ。彼女は二人の子供のためにも、夫であるアンリ王を全力でサポートする日々を送っていた。

そんなある日、王国に新たな魔王軍襲来の急報が入る。

南と東に現れた魔王軍に対処するため、アンリ王が南へ、エリザベートが東へ向かう。

エリザベートが向かった東ではロメリアが魔王軍と交戦しており、二人は三年ぶりに再会する。

過去の遺恨もあって再会に戸惑う二人だったが、そこへ魔王の実弟ガリオスと特務参謀ギャミの残虐な罠が襲い掛かる……!




「北海道の現役ハンターが異世界に放り込まれてみた 3 /ジュピタースタジオ (著),夕薙 (イラスト)」




■本の内容
本物”のハンターVS最強の敵!?

北海道でハンターをやっていた僕、中島進。


異世界に召喚されてから、いろんなことがありました。エルフ嫁のサランと結婚し、たくさんの人たちと出会い、ハンターとして無理難題な依頼を押し付けられる。連続貴族暗殺事件なんてことにも巻き込まれましたが、どうにか解決することが出来ました。ようやく日常に戻れる……と思ったら、次はゾンビ退治!? さすがに無理ですってナノテスさん! さらにはプテラノドンやティラノサウルスといった、現実世界では絶滅したはずの恐竜となぜか戦うことになり――。

実銃ウンチク&狩猟知識満載。頼れるエルフ嫁と送る異世界ライフ、ついに完結!
| comments(0) | - | [ライトノベル]ガガガブックス | TOP↑ |
【honto発売日:2020/10/20】10月新刊のガガガブックス(10/22日発売)
投稿日:2020/10/08

JUGEMテーマ:読書



「元将軍のアンデッドナイト 5 /猫子 (著),晩杯あきら (イラスト)」




■本の内容
企みの街。ランベールの正義が闇を断つ!

聖都ハインスティアの死闘にて『笛吹き悪魔』の狙いが国家転覆であることを知ったランベールは王都へと向かう途中、とある酒場で魔銀の高騰の噂を聞く。

その陰に『笛吹き悪魔』の謀りの匂いを感じたランベールは予定を変え、パーシリス伯爵領へ向かうのであった。

その土地には無法者たちが集う暗黒街があるらしく、その首魁『首無し魔女』の情報を得たランベールは自身の正義のため、調査に向かう。

そして、そこで開催される裏闘技場での闘い。
果たして、そこには聖都ハインスティアで撃ちもらした『血霧の騎士』の姿もあり――。




「世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 4 /両道渡 (著),azuタロウ (イラスト)」




■本の内容
城塞都市でいま凄惨な戦いが幕を開ける……

帝国の西方領、城砦都市グランデンで交換留学生としての生活を続けるテオドールたち。

そんなある日、戦時中の祖国を憂えて時々うわの空になるロカを元気づけようと、シャウラとリズは、サプライズで彼女の誕生祭を開こうと計画する。



その一方、楽しげな日常のウラでは、西方で相次ぐ神殿襲撃事件のためグランデン軍部に緊張が走っていた。襲撃犯の正体はもちろんその思惑すらわからないままに4つの神殿が破壊され、残る神殿はあと2つ。



そんな中、テオドールは西方で空間に歪みが生じていることに気づく。この現象は間違いなく人為的に引き起こされるもの……。

時を同じくして、北方の地から夥しい数の死者の群れがグランデンへと迫っていた。いち早くそれを察知したクロード・デュラス将軍は城塞都市の防衛に当たるのだが……。



ついに正体を現す神殿襲撃犯。城塞都市へと押し寄せる死者の大群。死者の怨嗟の声が響き渡る街中で繰り広げられる数多の死闘。城塞都市グランデン編はいよいよ佳境へ!

ドラマCDに続いて、コミカライズ連載もスタート! ますますの盛り上がりを見せる世界最強の魔王の学園ライフ第4弾!
| comments(0) | - | [ライトノベル]ガガガブックス | TOP↑ |
【honto発売日:2020/08/19】8月新刊のガガガブックス(8/20日発売)
投稿日:2020/08/06

JUGEMテーマ:読書



「 異世界に召喚されなかったから、現実世界にダンジョンを作ってやりたい放題(2)/日富美信吾 ハル犬 」




■本の内容
はた迷惑な駄女神、リターンズ!?

30歳無職、山田田助。
駄女神によって人生をめちゃくちゃにされるも、救済措置でチートスキルをもらい、さらには大事な家族もできました。
今日もダンジョンライフを満喫する田助だが、ふと思い立つ。
「異世界みたいな魔法を使ってみたい!」だが、魔法の使い方なんて分かるわけもない。
だったら教えてもらおう、異世界の魔法使いに!
異世界ストアで購入したのは、緑髪が特徴的な奴隷のウェネフ。
そして、諸悪の根源である駄女神シャルハラートが神の世界から落ちてきて!?

一発逆転自由気ままな現代ダンジョンライフ、第二弾!
| comments(0) | - | [ライトノベル]ガガガブックス | TOP↑ |
【honto発売日:2020/06/17】6月新刊のガガガブックス(6/19日発売)
投稿日:2020/06/05

JUGEMテーマ:読書



「ロメリア戦記 〜魔王を倒した後も人類ヤバそうだから軍隊組織した〜 /有山 リョウ (著),コダマ (イラスト)」




■本の内容
人類を救うため、どん底令嬢が立ちあがる!

「ロメリア伯爵令嬢。君との婚約を破棄する」


アンリ王子がそう宣言したのは、魔王を倒した直後だった。
王子の側には聖女エリザベート、帰らずの森の賢者エカテリーナ、東方の女剣士呂姫が並び立ち、「役立たず」と弾劾の指を向ける。
だが王子達は知らなかった。
ロメリアには幸運を授ける『恩寵』と呼ばれる奇跡の力があることを。
婚約者を失い、仲間からも見捨てられたロメリアだが、彼女はくじけなかった。
祖国にはいまだ魔王軍がはびこり、魔族に囚われ奴隷となった人たちがいたからだ。彼らを救うため、行動を開始したロメリアの前に数々の困難が立ちはだかる。
まず軍隊が手元にない。傷を治す癒し手もいない。資金が無い。
しかしロメリアは、全ての問題をアグレッシブに解決していく。

「軍隊がない? 地方領主を脅して砦を乗っ取りましょう」
「傷を治す癒し手がいない? 教会と話をつけて融通してもらいましょう」
「お金がない? 商人たちと商談して、資金を出させましょう」
「手に入れた兵隊が新兵ばかりで使い物にならない? 魔物を退治して経験を積ませましょう」

そして――ロメリアは忠誠を誓う者たちとともに、いま出陣する!
| comments(0) | - | [ライトノベル]ガガガブックス | TOP↑ |
【honto発売日:2020/05/18】5月新刊のガガガブックス(5/20日発売)
投稿日:2020/04/03

JUGEMテーマ:読書



「処刑された賢者はリッチに転生して侵略戦争を始める 2 /結城絡繰 (著),白狼 (イラスト)」




■本の内容
人間は闘争を欲す。それは平和のためでなく

王都を陥落し、魔王としての脅威をしめしたドワイト。だがその侵略戦争の勢いをとめることはない。すべては世界に平和をもたらすため。そんななか、エルフの里より人間の進攻からの守護依頼がとどく。そしてその先で出会う生前の因縁。順調に勢力を広げるドワイトたち新魔王軍だったが、しかし世界はその最強を許さず次なる刺客を送り出す。世界は魔王の存在をゆるさず、勇者という力をひとつの人間に宿す。では、それを迎え撃つドワイトの信念ははたして正義なのか悪なのか。
その答えは正義と悪が交わした剣の先に委ねられた。




「世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 3 /両道 渡 (著),azu タロウ (イラスト)」




■本の内容
最強の魔王、交換留学生として西方へ――

帝国で起きた陰惨な事件を解決へと導いた最強の魔王。
テオドールという名の人間に化けて街の復興作業に勤しむ彼は早くも退屈を覚えていた。
自らの心に潜む破壊衝動に駆られる最中、彼が滞在する帝国の南方ミルディアナの地に色欲の魔王アスモデウスが現れる。
彼女は、帝国の西方グランデン領で相次いで起きているという神殿襲撃事件の情報をもたらす。
事件に興味はあるものの、南方で軍学校の一生徒として振る舞っている以上、縁はないだろう。
そう思っていた矢先、なんの偶然か、テオドールの西方領への留学が決定する。
他の特待生らと共に西方へと赴く彼を、赤く煌めく星々が不気味に照らしていた。

グランデンに辿り着いたテオドールらは、この地の守護者であり先の戦で最高の武勲を立て大英雄と称されるクロード・デュラス将軍と出会う。
魔神をも超える圧倒的な威圧を放つデュラス将軍を前に、彼と戦ってみたい衝動を抑えるテオドール。
この地の特待生で現役軍人のクラリスを交えて、留学生として平穏な日々送るテオドールたちだったが、裏では奇怪な事件が蠢いていた。その魔手は着々とグランデン領を侵食していく――。
| comments(0) | - | [ライトノベル]ガガガブックス | TOP↑ |
【honto発売日:2020/04/16】4月新刊のガガガブックス(4/20日発売)
投稿日:2020/03/06

JUGEMテーマ:読書



「死に戻り、全てを救うために最強へと至る 3 /shiryu (著),手島nari。 (イラスト)」




■本の内容
ベゴニア王国の危機! 潜むスパイの陰。

ハルジオン王国の訪問の中途、ベゴニア王国が急襲を受けたという報を前世の恋人・イレーネからうけた一行は、エリックとビビアナを帰還魔法でベゴニア王国へと送った。

だが、なぜ王国最強と呼ばれる二人の騎士――リベルトとビビアナ――が不在のこのタイミングで……? まさか、スパイの存在が?
浮かぶ疑問をよそに、戦況を変えるべく二人は戦場へと向かう。

そして、その戦闘の最中に明かされる衝撃の事実。
その事実を信じることのできないエリックたちは、とある決断をくだすのだった。
| comments(0) | - | [ライトノベル]ガガガブックス | TOP↑ |
【honto発売日:2020/03/17】3月新刊のガガガブックス(3/19日発売)
投稿日:2020/02/02

JUGEMテーマ:読書



「最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます 5 /あまうい 白一 (著),泉 彩 (イラスト)」




■本の内容
運び屋、精霊都市で希望を運ぶ!

―最強運び屋、次元の壁すら突破する―


最上級職《竜騎士》から初級職《運び屋》に転職したアクセルは、温泉街とも名高い精霊都市ベルティナを訪れる。都市にあるという『精霊の泉』で己の武器を修繕するために。だが、精霊の泉は、精霊都市と繋がる次元の異なる世界――『精霊界』に存在するという。しかも、精霊界に繋がる道は、非常に過酷なものになっていた。
少し前までは精霊界と普通に交流していた精霊都市の住人達さえも通れず、困り果てるほどに。

――しかし、アクセルはそんな過酷な道をあっという間に駆け抜けて、異なる次元へ物資、情報を運んでいく!
精霊都市の住人、そして精霊界に住まう精霊からも、頼られまくる!!
元竜騎士の最強運び屋は次元の壁すら突破する、トランスポーターファンタジー第5弾!!
| comments(0) | - | [ライトノベル]ガガガブックス | TOP↑ |
【honto発売日:2020/02/17】2月新刊のガガガブックス(2/19日発売)
投稿日:2020/01/10

JUGEMテーマ:読書



「SSSS.GRIDMAN NOVELIZATIONS Vol.2 〜世界終焉の怪獣〜 /水沢 夢 (著),bun150 (イラスト),SSSS.GRIDMAN (原作)」




■本の内容
黒アカネの暴走、世界を終わりへと導く怪獣

響裕太はある日目を覚ますと、グリッドマンと初めて出会った日に時間が戻っていることに気付く。
何者かの手によって世界が歪められ、同じ時間を繰り返していることを確信した彼は、一度倒した怪獣たちと再び戦いながら、仲間とともにこの繰り返される世界の謎に迫っていく。
鍵を握っているのは、裕太たちの前に現れた黒髪の新条アカネ。"もう一人の神"である彼女が創り出した怪獣が時間を操作していると睨んだ裕太たちは、激闘の末についにその怪獣ガイヤロスを撃破する。ところが、その戦いの直後に裕太は再び始まりの日へと戻されてしまう。しかも、今一度繰り返される時間はさらなる変化を始め、怪獣も多種多様な方法で襲いかかってくるようになる。
一方でもう一人のアカネは自らの存在を確立するべく、次第に本物のアカネの思惑を超えて暴走を始めた。背後で暗躍するのは――アレクシス・ケリヴ。
もう一人のアカネが創り出そうとする、この世界を終わりに導くという怪獣の全貌とは!? そして彼女に世界の選択を迫られた、六花の思いは……。

円谷プロ×TRIGGERの完全新作アニメーション『SSSS.DYNAZENON』の制作も発表されて、ますます盛り上がるSSSS.GRIDMANの公式ノベライズ、第二弾!
| comments(0) | - | [ライトノベル]ガガガブックス | TOP↑ |
【honto発売日:2020/01/16】1月新刊のガガガブックス(1/17日発売)
投稿日:2019/12/06

JUGEMテーマ:読書



「血と灰の女王 ー善悪の彼岸ー /今慈 ムジナ (著),バコ ハジメ (原作),バコ ハジメ (イラスト)」




■本の内容
理外の畜生を狂気で制すダークヒーロー譚!

狂気と理性の男、狩野京児。狂気を貪り、理性で猛る――己の命さえもゲームの天秤にかけ、獣のようにヴァンパイアを狩る日々にいた。

その夜も「千里眼」と呼ばれるヴァンパイアを嬲り、断末魔の叫びを堪能していたが……死に際の千里眼が「数日のうちに、お前は大切なものを失う」と京児へ予言する。
――翌日、京児に潜入調査の命令が下される。ユーベン側のヴァンパイア「鯨井慧」との共同調査だった。
慧が語るには「とあるもの」が《ダークウェブ》を通じて、販売されているらしい。銃器、ドラッグ、殺人依頼、食肉用人間の手足に紛れ……「遺灰物(クレメイン)」が取引されていた。流通元を探るため、廃墟になった街へ向かう京児と慧。
そこで待ち受けていたのは獰猛で狡猾なヴァンパイア――ではなく、人間の悪意が蔓延るブラックマーケット。シリアルキラー同士を殺し合わせる「殺人闘技場(ファイト・クラブ)」だった!

法では裁けぬ畜生を、狂気を狂気で、悪を悪で制するダークヒーロー活劇!
| comments(0) | - | [ライトノベル]ガガガブックス | TOP↑ |
【honto発売日:2019/12/17】12月新刊のガガガブックス(12/19日発売)
投稿日:2019/11/08

JUGEMテーマ:読書



「元将軍のアンデッドナイト 4 /猫子 (著),晩杯 あきら (イラスト)」




■本の内容
唸る剛剣、煌めく正義。そして因縁が……。

八賢人の一人「真理の紡ぎ手」を退けたランベールは、以前から存在を訝しく思っていたハインス教の聖都ハインスティアへと向かっていた。
その目的はハインス教が真の正義の下で力を行使しているのかを「見定める」ため。
一方で「笛吹き悪魔」たちもまた、聖都に集結しているのであった。

ハインス教、「笛吹き悪魔」、ランベール。
3つの強大な力が、この聖都で衝突する。

そしてその闘いの先に、ランベールは200年前の統一戦争時代から続く、否、己がアンデッドになった時から続く因縁そのものの残滓に出会うのであった――。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]ガガガブックス | TOP↑ |