FANTASTIC倶楽部

新刊のライトノベル、ボーイズラブ、一般新書、一般文庫、コミックスの発売を紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ブログランキングならblogram
8月新刊の双葉文庫(8/7日発売)

JUGEMテーマ:読書



「暖簾のむこうは神様のお宿でした-道後温泉 湯築屋 /田井 ノエル」




■本の内容
未定




「あやかし電気店の陰陽師(2) /四葉 夕ト」




■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]双葉社キャラ小説文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/11】7月新刊の双葉文庫(7/11日発売)

JUGEMテーマ:読書



「見習い鑑定士の決意と旅立ち京都寺町三条のホームズ(10) /望月 麻衣」  オススメ!




■本の内容
大学二年の五月。二十歳の誕生日の記念に、
葵は清貴と二人で九州へ超豪華寝台列車の
旅に行くことになった。しかし列車の旅を
楽しんでいるのも束の間、大原の宗教施設での
大麻事件に関わっていた雨宮史郎が目の前に現れた。
雨宮の手には、盗難に遭い海外オークションに出品されれて
いたはずの掛け軸が――!? 7月よりアニメ放送開始!
大人気キャラミス、最新作!




「また、同じ夢を見ていた/住野よる」  オススメ!




■本の内容
250万部を超える大ベストセラー青春小説「君の膵臓をたべたい」。
その著者、住野よるの第二作目が、待望の文庫化。
友達のいない少女、リストカットを繰り返す女子高生、
アバズレと罵られる女性、一人静かに余生をおくる老女。
彼女たちの“幸せ"は、どこにあるのか。
「やり直したい」ことがある、“今"がうまくいかない
全ての人たちに贈る物語。




「復讐屋成海慶介の事件簿/原田ひ香」  オススメ!




■本の内容
昼寝とデートに明け暮れながらも、なぜか依頼人を
次々と満足させる凄腕の復讐屋、成海慶介。
婚約破棄されたお嬢様や暴走老人など、
恨みを晴らしたい人々が今日もそのドアを叩く。
押しかけ秘書の美奈代を従え、きょうも気怠く
優雅な復讐劇が幕を開ける――。痛快リベンジコメディ!




「きらきら眼鏡/森沢明夫」




■本の内容
映画化決定! 2018年9月より、全国順次公開。
最後の1ページまで切ない――人生の岐路に立つ若者の、
ひたむきな恋と決断の物語。愛猫を亡くしたばかりの
立花明海は古本屋で自己啓発本を買った。
中には「大滝あかね」と書かれた名刺が挟まっていて、
自分がもっとも心を打たれたフレーズには傍線が。
明海は思い切ってあかねにメールしてみるが……。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]双葉社キャラ小説文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/06/13】6月新刊の双葉文庫(6/13日発売)
公開日:2018/05/22 (最終更新日:2018/06/13)

JUGEMテーマ:読書



「鎌倉やおよろず骨董堂 つくも神探偵、はじめました /三萩 せんや」




■本の内容
物心ついた頃から骨董品に宿った「つくも神」が視える大学三年生の後田琴子は、
その力ゆえに苦労することも多く、目立たないよう大人しく生きてきた。相棒は幼い頃、
鎌倉の骨董店「やおよろず」でもらったアンティークのブローチに憑く、
少年の姿をしたつくも神「蛍」だけ。しかし、お礼も兼ねて訪れた「やおよろず」で
偶然起こった盗難事件を解決したことで、骨董店の若きイケメン主人・星史郎と、
「自称」名探偵のぽんこつ警部・真暮の事件捜査に協力することになり―― 。
海色のランプの周りを飛び交う「青いモルフォ蝶」、猫脚テーブルの足元でくつろぐ「白猫」、
古伊万里の周りを元気に飛び跳ねる「蛙」など、個性豊かなつくも神たちと力を合わせて、
事件をこっそり解決に導く、小心者探偵の骨董ライトミステリー!




「さくらい動物病院の不思議な患者さん(仮) /竹村 優希」




■本の内容
東京・吉祥寺の外れにある、さくらい動物病院。
若き院長の亜希のもとには、今日もいろいろな動物を連れた飼い主がやってくる。
実は亜希には、動物の言葉がわかるという不思議な力が備わっていた――
動物にしか興味のない動物看護士・中村優生や、動物行動学を学ぶ院生・手塚とともに、
亜希は今日も動物たちの悩みを解決する!?




「パティスリー幸福堂書店はじめました(2) /秦本 幸弥」




■本の内容
赤字続きだった書店をパティスリー併設のおしゃれな書店へとリニューアルさせた本田安子。
イケメンパティシエ洋野創との仲は深まり、経営も少しずつ軌道に乗り始めた。
そんなある日、安子の中学校時代の同級生・七尾俊介が店を訪れる。
懐かしさに会話も盛り上がり、二人は旧交を温めあう。
やがて、俊介は安子に「僕の婚約者になってくれないかな?」と問いかけるのだが――。
甘いお菓子と本の知識で、お客様のお悩みをずばっと解決!?
美味しくてタメになる物語、待望の第2弾!




「彗星乙女後宮伝/江本マシメサ」




■本の内容
ルヴィエ国第三王子メリクルに仕える騎士であり、男装の麗人でもある伯爵令嬢コーラル。
彼女が外交使節団として華烈という国を訪れたところ王子が問題を起こし、
処刑されそうになるのを身を挺して守った。代わりに殺されそうになるが、
ある男が待ったをかける。そこで彼女に科されたのは、
後宮で働かされる刑罰「宮刑」だった。男にはある思惑があり、
異国人であるコーラルを後宮へと連れてきたのだ。
ただ、周囲はコーラルが男であると勘違いをしており――。

| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]双葉社キャラ小説文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/05/09】5月新刊の双葉文庫(5/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「出雲のあやかしホテルに就職します 4 /硝子町玻璃 (著)」




■本の内容
神様や妖怪をゲストとして迎える出雲のお化けホテルに就職した時町見初。
気がつけば見初も社会人二年目。少しずつ仕事にも慣れてきた。
しかし、陰陽師の名家・「四華」の一つ、蓮沼家の跡取りおぼっちゃまや、
海外からやってきた死神と、ホテル櫻葉は今日も不思議なお客様で大賑わい。
やはり今日も、見初は大切なゲストをもてなすため、東奔西走することになってしまい――。
シリーズ続々、重版出来! 笑って泣けるあやかしドラマ、待望の第四弾!




「奈良町万葉あやかし茶房 2 /遠藤 遼 (著)」




■本の内容
人間だけでなくあやかしたちも訪れる喫茶店「万葉茶房」で働き始めた高校生の草壁彰良は、
奈良での生活にも慣れてきていた。夏休みが終わろうかという8月の終わり、
彰良がいつものようにあやかし相手に万葉集の歌を披露していると、
観光客風の男が喫茶店を訪れる。
津田と名乗る男はあやかしの名を口にすると、無言のプレッシャーをかけて立ち去った。
不穏な空気を感じつつ、彰良は2学期を迎えることになった――
奈良の喫茶店を舞台に、あやかしと人間たちの交流を描いたハートフルストーリー第2弾。

| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]双葉社キャラ小説文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/04/11】4月新刊の双葉文庫(4/11日発売)

JUGEMテーマ:読書



「京都の甘味処は神様専用です(3) /桑野 和明」




■本の内容
神様の通う甘味処『甘露堂』で働く瑞樹は、姉とともに五山の送り火を見に来ていた。
しかし、見物の途中、姉とはぐれてしまったうえ『ナリソコナイ』に追いかけられてしまう。
そこをある少年に助けてもらい――。 京都×神様×甘味のハートフルストーリー第三弾。




「神様たちのお伊勢参り(3) /竹村 優希」




■本の内容
11月になり、『やおよろず』の辺りも寒さが厳しくなったきた。
中秋の名月は過ぎたがお月見をすることになり、天、燦、因幡とともに準備を進める芽衣。
近くの野原にススキを調達に行った芽衣は、鹿屋野比売神という神様に出会う。
彼女は「夫も天さんにお世話になっている」と言うが――日本中の神様が
お伊勢参りにやって来る宿『やおよろず』を舞台に、神様との心温まる交流を描いた大人気シリーズ。




「京都烏丸御池のお祓い本舗(2) /望月 麻衣」 オススメ!




■本の内容
1月の仕事始めの日、『城之内相談事務所』に前世を知りたい、という少女・梓が現れる。
朋美と所長の城之内、バイトの海斗は梓と一緒に"いつも夢に出てくる"という清水寺に向かうが、梓は「何か違う」と。
城之内の「京都にはもうひとつの『清水の舞台』がある」という一言で、4人は『狸さん』へ向かうが――大人気キャラミス、第二弾!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]双葉社キャラ小説文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/03/14】3月新刊の双葉文庫(3/14日発売)

JUGEMテーマ:読書



「それは桜のような恋だった/広瀬 未衣」




■本の内容
僕は春がきらいだ。春になると、
僕の前からサッカーボールや自転車が消えて、みんなに気味悪がられた。
大学2年生の春休み、叔父の和菓子屋でバイトをするために来た京都で、
僕は雪さんという女性と出会った。僕は、どんどん彼女に惹かれていった。
春が終わっても会いたい、と思った。でも彼女は、桜の木の下で……消えた。
彼女はなぜ、僕の前に現れたのか――その結末に涙が止まらない、
奇跡のラブストーリー。




「京都寺町三条のホームズ(9) /望月 麻衣」 オススメ!




■本の内容
1月になり大学にも馴れてきた葵だが、
伏見の老舗酒造「幸谷酒造」で修業中の清貴とは、
なかなか会えない日々。近頃は、親友の香織が所属する
フラワーアレンジメントサークルが節分祭りに出店するカフェを手伝っていた。
そんなある日、三回生でリーダーの郁美が突然、サークルを辞めると言い出す。
一方、幸谷酒造では家宝の徳利がなくなったと大騒ぎ。
二つの出来事の裏には、それぞれの切ない想いが潜んでいた――。




「小説 ミスミソウ /押切蓮介/黒史郎」




■本の内容
わたしの家族は焼き殺された――。
雪深い田舎町の中学に転校してきた少女・春花を待ち受けていた、あまりに切なく残酷な出来事。
そして、巻き起こる凄惨な復讐劇……。押切蓮介の伝説のコミックス『ミスミソウ[完全版]』を、
オリジナルエピソードを交えてノベライズ。カバーイラストは押切蓮介の特別描き下ろし。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]双葉社キャラ小説文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/02/14】2月新刊の双葉文庫(2/14日発売)

JUGEMテーマ:読書



「あやかし電気店の陰陽師 /四葉 夕ト」




■本の内容
東京八王子の某所、タテヨコ横町商店街。そこにたたずむ一軒の電気店「ナンデイ電気」。
最近はすっかり数も減ってしまったが、そこは地域に根ざした義理人情を大切にする街の小さな電気店だ。
しかし、そんな電気店に集うのは、普通の客ではなく、人間たちの暮らしにあこがれる「神様」や「あやかし」たちで――。
携帯ゲームに興じる雷神様や美顔器を利用するのっぺらぼう、はたまたスマホを契約する神様まで!?
新米陰陽師が派遣された電気店は、今日も不思議なお客様たちで大賑わい。笑って泣けるあやかしドラマ!!




「神様の名前探し(2) /山本 風碧」




■本の内容
《神様》の屋敷神のあるハルばあさんの家が解体されるということで、瑛太はお祓いの手伝いをすることに。
そこで運よく、ハルばあさんの日記を手に入れる。夏休みに入り、瑛太と薫は、日記に書かれたヒントを元に、薫の三兄の住む九州へ。
まず向かったのは、宇佐神宮と太宰府天満宮。果たしてそこで、謎は解決するのか……
幼馴染2人と《神様》の、名前探しの奇妙な旅、第二弾。




「LOOP THE LOOP飽食の館 下 /Kate (著)」




■本の内容
『望んだ物が何でも手に入る』不思議な館に囚われた12人の男女に襲い来る惨劇。何者かの凶刃によって、
一人、また一人と増えていく犠牲者。犯人は誰なのか。事件の真相は?
【究極の飽和状態】が生み出す、惨劇と絆の物語『飽食の館』下巻。過去の館での出来事を描く『エピソード0』、
犯人サイドの視点で描く短編『リバース・エッジ』も収録。
超人気サスペンス・ホラーゲーム、待望の小説化。

| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]双葉社キャラ小説文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/01/10】1月新刊の双葉文庫(1/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「金曜の夜に未来は芽吹く-あやかし屋台なごみ亭 (4) /篠宮 あすか」




■本の内容
凍った心もとろける至福のひと皿、召し上がれ!人間だけでなく、神さまやあやかしまで訪れる屋台『なごみ亭』でバイト中の大学生・浩平。卒業を控え、将来への期待と不安で揺れる浩平の前に、「金色の斧を落とした」と人語を喋る子猿が現れて――!? 客引きのお狐・コンと両親の確執も解きほぐれ、心温まるあやかしグルメシリーズは感動の大団円へ!!




「パティスリー幸福堂書店はじめました /秦本 幸弥」




■本の内容
祖父の代から続く歴史ある書店を継いだ本田安子。しかし、残念ながら経営はずっと赤字続き。このままでは、自分がお店をつぶしてしまう。そんな悩みを抱えたある日、安子は美味しいお菓子や珈琲を出す、カフェを併設した書店の存在を知り――。甘いお菓子と本の知識で、お客様のお悩み解決!? ケーキと本が大好きな書店員・安子と、ケーキ以外には興味がないクールなイケメンパティシエ・創。そんな二人がオープンさせた、「パティスリー幸福堂書店」の物語!




「奇跡の人 /原田マハ (著)」 オススメ!




■本の内容
盲目で、耳が聞こえず、口も利けない少女が弘前の旧家にいるという。明治二十年、教育係として招かれた去場安は、その少女、介良れんに出会った。大きな苦難を背負った少女と、人間の可能性を信じて彼女の教育に献身する女教師、ふたりの長い闘いがはじまった――。『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』の著者、渾身の感動傑作!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]双葉社キャラ小説文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2017/12/13】12月新刊の双葉文庫(12/13日発売)

JUGEMテーマ:読書



「神様の定食屋(2) ごちそうさま、めしあがれ /中村 颯希」




■本の内容
「料理を上達したい」という願いと引き換えに、
神様から未練を残した魂を憑依させられていた高坂哲史。
その神様と会えなくなって、はや数ヶ月、いつもの通り妹と気まずくなった哲史は、
神社を訪れていた。返事がないとわかっていながらも神様に話しかける哲史にまさかの返事が!
何やら未練を解決してくれる神様と哲史のことが魂の間で話題になっていたようで――。
忘れたくない味、忘れられない味を繋ぐハートフルストーリー第二弾。




「神様の棲む診療所(2) /竹村 優希」




■本の内容
あれほど嫌だった沖縄で生活に、少しずつ居心地の良さを感じ始めた篤。
ある日、せーふぁうたきに行くと、キミと遭遇する。
「ニライカナイって本当にあるの?」とキミに訊く篤。
そこに突然、木の葉にすっぽりとくるまれた小さな生き物が現れ、久高島のほうへ飛んでいく。
驚く篤に、キミは「あれはキーヌシー(木霊)」だと言う――南の島の「神様」たちとの交流を描いた、心温まる物語。




「時給三〇〇円の死神 /藤まる」




■本の内容
「それじゃあキミを死神として採用するね」ある日、
高校生の佐倉真司は同級生の花森雪希から「死神」のアルバイトに誘われる。
曰く「死神」の仕事とは、成仏できずにこの世に残る「死者」の未練をはらし、
あの世へと見送ることらしい。あまりに現実離れした話に、不審を抱く佐倉。
しかし、「最後まで勤め上げれば、どんな願いも叶えてもらえる」という話を聞き、
半信半疑のまま死神のアルバイトを始めることとなり――。初恋相手の幼馴染、
出産直後の母親、虐待を受ける子ども……様々な死者が抱える、
切なすぎる未練、願いとは――。暖かな涙が止まらない、ヒューマンストーリー。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]双葉社キャラ小説文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2017/11/15】11月新刊の双葉文庫(11/15日発売)

JUGEMテーマ:読書



「奈良町万葉あやかし茶房 /遠藤 遼」




■本の内容
生まれつきあやかしの見える高校生・草壁彰良は、父親の死をきっかけに奈良に住む親戚の額田真奈歌に引き取られることになった。
彰良は真奈歌の営む喫茶店「万葉茶房」で働き始めるが、そこはあやかしたちの憩いの場でもあった。
彰良は趣味で万葉集の歌をそらんじれるのだが、あやかしたちにはこの歌が大好評。
歌を聞きに来る常連客も出るほどで――奈良の喫茶店を舞台に、あやかしと人間たちの交流を描いたハートフルストーリー。




「神様たちのお伊勢参り(2) /竹村 優希」




■本の内容
谷原芽衣が伊勢神宮の内宮の裏山にある宿『やおろず』で働き始めて4カ月。
火の神様にオムライスを振る舞ったり、猿田彦大神(天狗様! )に道案内されたり、相変わらず不思議なお客さんでいっぱいの日々。
そんなある日、芽衣は大国主に頼まれて、白いうさぎを探しにおかげ横丁へ行くが…大人気神様ストーリー、第二弾!




「出雲のあやかしホテルに就職します(3) /硝子町玻璃」




■本の内容
神様や妖怪をゲストとして迎える出雲のお化けホテルに就職した時町見初。
季節は春。見初がホテルにやってきてから、ちょうど一年。それを祝おうと、先輩の櫻葉永遠子が発起人となり、お花見が開催されることとなった。
しかも、ただのお花見ではなく、桜の妖精であふれる特別な場所で開かれるようで――。
1~2巻ともに重版出来が続く、笑って泣けるあやかしドラマ。見初に関係する四季神家の謎も明かされる、待望の第三弾!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]双葉社キャラ小説文庫 | TOP↑ |