FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

【重要なお知らせ】
本日、1/11日からヨメレバ、カエレバの表示画像が、【amazon】から【楽天ブックス】に変わります。
【honto発売日:2017/12/23】12月新刊のディアノベルス(12/25日発売)

JUGEMテーマ:読書



「優しく啼かせて 2 /久遠縄人、 北沢きょう」




■本の内容
異世界で強面な軍団長ヴァルドエルに助けられ、溺愛されるままに身を捧げてきた由香利。以前にも増して、甘い日々を送る二人だったが、心はまだ、向き合うことすらできないでいた。二人が一緒にいるためにした約束の数々が、今度は二人の邪魔をして―。「ごめん、ヴァル。私、約束守れない」家庭的で少し天然な乙女と無骨だけど溺愛系な軍団長の優しく蕩けさせる濃密ラブファンタジー第二弾!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ単行本]ディアノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2017/06/25】6月新刊のディアノベルス(6/27日発売)

JUGEMテーマ:読書



「氷の王は転生令嬢を腕に抱く /真宮奏」




■本の内容
前世で花屋を営んでいた男爵令嬢のロゼ。
庭師の試験を受けるために王宮に来たはずが、
何故か氷の王と名高い国王ギャザラの『夜の教育係』として採用されてしまう。
意地悪な物言いをする彼に、ロゼの強気な心がざわつき始めて……。

「陛下の事は率直に申し上げて嫌いです」

甘え下手な世話焼き転生令嬢と不器用でひねくれ者の国王の
あたたかくて優しいラブストーリー!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ単行本]ディアノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2017/01/25】≪新創刊≫1月新刊のディアノベルス(1/27日発売)

JUGEMテーマ:読書



「宮廷音楽家になったら王子に溺愛されました 1/雪花りつ、 涼河マコト」




■本の内容
歌手だった前世の経験を活かし、宮廷で働く決心をした貴族令嬢のシーラ。自分の【歌を評価してくれる】パトロンが欲しい!
そんな彼女の前に現れたのは、超絶イケメンで頼りになる、【完璧すぎる王子】リシャルドだった!?
「あんな女ったらしで、【平気でキスをしてくる】王子の専属になんてなりたくない!」

【ポジティブで優しい転生歌姫とチャラくて強引な王子様の幸せいっぱいな王宮ラブファンタジー第一弾!!】




「愛していると言ってくれ! ~孤独な王と意地っ張り王妃の攻防戦~ 1/藍井恵、 みずきたつ」




■本の内容
帝王学を学び、男勝りで責任感の強い性格に育ったオデット。
結婚についても国政の一環という考えを持っていたせいか、恋愛については未経験のことばかり。
そんな彼女が、王としては素晴らしい才覚をもちながらも、どこかいけ好かない所がある、軍人王レオナルドに嫁ぐことに。
「私は気軽に、愛しているなんて言葉を使いたくないんだ」

愛が理解できない破天荒な王妃と、彼女の愛を求め続ける王のロイヤルラブコメディ第一弾!!

| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ単行本]ディアノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2017/02/25】2月新刊のディアノベルス(2/27日発売)

JUGEMテーマ:読書



「それは団長、あなたです。 1/ちろりん、 KRN」




■本の内容
真面目さが取り柄の堅物役人リンジーは、
優しくて皆に頼られる、騎士団長ユーリに、
密かに憧れを抱いていた。
かげながら頑張っているといつも励ましてくれる彼。
自分に自信のないリンジーは
素直になれずにいたのだが……。

「……私は恋愛とか、不得手ですから」

素直になれない努力家レディと
包容力のあるスーパー騎士団長の
優しい優しいラブストーリー、開幕!!

| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ単行本]ディアノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2019/01/29】1月新刊のディアノベルス(1/31日発売)

JUGEMテーマ:読書



「宮廷音楽家になったら王子に溺愛されました 2/雪花りつ、 涼河マコト」




■本の内容
鈍感だけど素直で優しい宮廷音楽家のシーラ。
第二王子リシャルドの歌姫になったものの、
やたら【体を求めてくる彼に戸惑い気味。】
「私は愛人になる気はないんですから!!」
逃げるように王子を避けるシーラ。
我慢の限界に達したリシャルドが
とうとう【強硬手段】にでてきて……!?

【素直になれない転生歌姫と、
一途になった元チャラ王子の
幸せにあふれる王宮ラブファンタジー第二弾!!】
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ単行本]ディアノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/27】7月新刊のディアノベルス(7/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「私と公爵様の甘やかなる契約関係/白花かなで、 なおやみか」




■本の内容
建国記念日の大舞踏会の夜、クローディアは、酔ったエリオットに襲われかけてしまう。
何とか逃げ帰った翌朝、訪ねてきたエリオットが謝罪とともに口にしたのは「責任を取って結婚したい」という言葉だった。
そんな申し出を丁重に断ったクローディアに、何故かエリオットはピシリと固まってしまう。
気を取り直した彼は、何故かクローディアに乞うような視線を向けてきて……?
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ単行本]ディアノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2018/05/29】5月新刊のディアノベルス(5/30日発売)
公開日:2018/05/29 (最終更新日:2018/05/29)

JUGEMテーマ:読書



「転生令嬢がその貴公子から逃げられるのは、三回までのようです /椋本 梨戸 (著)」




■本の内容
「たった一度関係を持っただけ」のはずだった侯爵家嫡男フィン・ブルーイットから、次の舞踏会のエスコートを申し込まれてしまった伯爵家令嬢のシュゼット・ロア。
恋愛にトラウマを持つシュゼットは、これ以上関係を進めるつもりは無いことを、遠回しにフィンに伝えようとする。
しかし、フィンは彼女の抵抗を受け入れず、甘い言葉をかけ続けてきて‥…。

| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ単行本]ディアノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2018/03/29】3月新刊のディアノベルス(3/30日発売)

JUGEMテーマ:読書



「愛していると言ってくれ! ~孤独な王と意地っ張り王妃の攻防戦~ 2 /藍井恵、 みずきたつ」




■本の内容
王妃ながらも我が子のお世話をしながら、日々を送るオデット。 出産後のとある小さなすれ違いを乗り越え、彼女はレオナルドから愛されている実感を得ていた。 体調も安定したオデットは、一年ぶりに舞踏会に参加することになる。みすみすレオナルドをイヴォンヌと踊らせる彼女に、外交官のハリントン伯爵は小言を漏らすが、愛されている妻の余裕からオデットはむしろ、惚気を口にするのだった。 そんな舞踏会の中でオデットは、イヴォンヌと結婚したバラデュール侯爵に興味を抱く。バラデュール侯爵は、社交界一の女好きとして有名だった。じっと見つめられていたことに気付いた侯爵は、オデットに近づき……。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ単行本]ディアノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2018/02/27】2月新刊のディアノベルス(2/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「頬にサヨナラのキスを2 /宇佐美月明、 壱也」




■本の内容
王太子妃のお茶会を終え、部屋に戻ったレオノーラ達。そこでレオノーラ達は、王城での人々の様子に疑問を抱くことになる。  お茶会に居合わせたカトリーヌや赤毛の騎士達と交流のあるように見えたカルロに話を聞き、王城の人々については彼に任せることとなった。  話が終わったとき、そこへレオノーラの侍女であるマリーテが戻ってくる。彼女は朝食以外碌に食べ物を口にしていないレオノーラを案じて、先程のお茶会に出されていたタルトを勧めるのだった。  クロセラとレオノーラ、二人のことを思い気遣ってくれるマリーテ。レオノーラはそんな彼女の心遣いに感謝して、用意してもらったタルトに手を伸ばす。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ単行本]ディアノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2017/10/30】10月新刊のディアノベルス(10/31日発売)

JUGEMテーマ:読書



「夜のあなたは違う顔 ~隠された姫と冷淡な皇帝~ /木下杏、 里雪」




■本の内容
小国の王女として生まれたリアナ。
賊から助けてもらったことをきっかけに、
大国の皇帝ヴィルフリートに恋をしてしまう。

側妃の立場として迎えられた彼女に突きつけられたのは、
「お前を愛することはない」と言う彼の言葉だった。

言葉とは裏腹に、大事なものを扱うように
優しく触れる彼に、リアナは好意をつのらせていく……。

「本当に、私でいいのでしょうか」

生真面目な小国の王女と冷淡な大国の皇帝の
優しく紡がれるラブストーリー!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ単行本]ディアノベルス | TOP↑ |