FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

【重要なお知らせ】
本日、1/11日からヨメレバ、カエレバの表示画像が、【amazon】から【楽天ブックス】に変わります。
【honto発売日:2019/03/26】3月新刊のPHP研究所ノベルス(3/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「 死印/雨宮ひとみ 」




■本の内容
死を招く「呪いの痣」の噂、知ってる?
エクスペリエンスが贈る、ホラーアドベンチャーゲーム『死印』待望の公式ノベライズ。


「ようこそ、九条館へ」
男は気が付くと、見知らぬ洋館の前に立っていた。
何かに引き寄せられるように館に足を踏み入れた男を出迎えたのは、人の言葉を話す美しい人形だった。
メリイと名乗る人形は、男の腕に死へのカウントダウンを意味する痣【シルシ】が刻まれていることを指摘する。
さらに、このままでは本日の夜明けまでに死を迎えることを告げるのだった。

九条館に助けを求めて訪れる【シルシ】を持った者たち、印人(しるしびと)とともに、主人公は死への恐怖と戦いつつ、【シルシ】を刻んだ【怪異】へと立ち向かう。
果たして生き残ることが出来るのか、そして何故、主人公は【シルシ】を刻まれたのか――。
小説版では、オリジナル展開とともに、ゲームでは描かれなかった、登場人物の背景についても明かされます。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]PHP研究所ノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2016/11/22】11月新刊のPHP研究所ノベルス(11/25日発売)

JUGEMテーマ:読書



「Music Wizard of OZ(仮)/著者 OSTERproject (原作),狐塚冬里 (著),ぶーた (イラスト)」




■本の内容
「OZ」という名前の大型台風が直撃した夜、ミクは不思議な夢を見た。
一つ年上の幼なじみのカイトは、知恵を失ったカカシに。
親友のルカは、心を失ったロボットに。
双子のリンとレンは、勇気を失ったライオンに。
「さあ、みんな手を取り合ってエメラルドの街へ行こう! 」
そう声を上げたところで目覚めたミクを待ち受けていたのはどこかおかしな日常で……。
大人気ミュージカル風ボカロ楽曲『Alice in Musicland』に続く待望のノベライズ第2弾! !
夢の世界が、現実を侵食していってる――?
「オズの魔法使い」をモチーフに、総勢7名のボカロキャラクターが登場するファンタジー×サスペンス!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]PHP研究所ノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2017/03/13】3月新刊のPHP研究所ノベルス(3/16日発売)

JUGEMテーマ:読書



「 悪ノ大罪 ネメシスの銃口/悪ノP(mothy)」




■本の内容
精神科医・レヴィアのもとに、ある人物がネメシスを連れて訪ねてくる。ネメシスの過去を知るため、レヴィアは特殊能力を使い、ネメシスの人生を追体験することに…。ボカロ楽曲をもとにノベライズ。悪ノ大罪シリーズ第7弾。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]PHP研究所ノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2018/06/15】6月新刊のPHP研究所ノベルス(6/16日発売)
公開日:2018/06/15 (最終更新日:2018/06/15)

JUGEMテーマ:読書



「深夜廻(仮)/日本一ソフトウェア (原作),黒史郎 (著),溝上侑(日本一ソフトウェア) (イラスト)」




■本の内容
夏休が終わるころ。
ふたりの少女、ユイとハルは裏山へ花火を見に出かけました。


「ふたりで花火を見るの、今年でさいごだね……」

夜が更け、帰り道がわからなくなってしまったふたりは、繋いでいた手を離した隙にはぐれてしまいました。

「ユイを」
「ハルを」
「「さがしにいかなくちゃ」」

不気味な夜の街でお互いを探し、彷徨い歩くユイとハル。
二人の未来に、待ち受けるものとは――?

| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]PHP研究所ノベルス | TOP↑ |
【honto発売日:2017/11/20】11月新刊のPHP研究所ノベルス(11/20日発売)

JUGEMテーマ:読書



「 悪ノ大罪master of the heavenly yard(仮) /悪ノP(mothy)」




■本の内容
2010年8月『悪ノ娘 黄のクロアテュール』の発刊以来7年間続いた累計125万部突破の悪ノ娘・悪ノ大罪シリーズがついに完結!
悪魔が宿る7つの「大罪ノ器」をめぐる壮大な物語のフィナーレ。


「悪とはいったい何なのか」
シリーズ当初から繰り返されてきた問いに少年が決断を下す時、世界は――
悪ノ娘・悪ノ大罪通巻11冊を通して転生を繰り返し物語を紡いできたキャラクターたちが「大罪の器」を求め「EVILS THEATER」へと集結する。
『大罪の器』、『エヴィリオス世界』の全てが明らかになり世界は衝撃の展開を迎える!
カバー、挿絵のイラストは悪ノPの盟友・壱加が担当。
巻末にはシリーズ通しての人物相関図を収録!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]PHP研究所ノベルス | TOP↑ |