FANTASTIC倶楽部

新刊のライトノベル、ボーイズラブ、一般新書、一般文庫、コミックスの発売を紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

【お知らせ】
先月の不具合から、ヨメレバをメインで使っていますが、予約が始まったばかりのものは「見つかりませんでした。検索システムに不具合が出ている可能性もあります」と表示されるようになりました。
その場合はテキストリンクを使用することを何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。
※ヨメレバに表示されたもとから順次にヨメレバに切り替えていきます

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ブログランキングならblogram
6月新刊のスターツ出版文庫(6/28日発売)
公開日:2018/06/14 (最終更新日:2018/06/21)

JUGEMテーマ:読書



「記憶喪失の君と、君だけを忘れてしまった僕。 /小鳥居ほたる、 長乃」




■本の内容
未定




「神様の居酒屋お伊勢 ~笑顔になれる、おいない酒~ /梨木れいあ、 neyagi」




■本の内容
未定




「今夜、きみの声が聴こえる /いぬじゅん、 爽々」




■本の内容
未定




「きみと泳ぐ、夏色の明日/hiko、 永良サチ」




■本の内容
未定


| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/05/24】5月新刊のスターツ出版文庫(5/28日発売)
公開日:2018/05/16 (最終更新日:2018/05/25)

JUGEMテーマ:読書



「月の輝く夜、僕は君を探してる/柊永太」




■本の内容
高3の春、晦人が密かに思いを寄せるクラスメイトの朔奈が事故で亡くなる。
伝えたい想いを言葉にできなかった晦人は後悔と喪失感の中、た だ呆然と月日を過ごしていた。
やがて冬が訪れ、校内では「女子生徒の幽霊を見た」という妙な噂が飛び交 う。
晦人はそれが朔奈であることを確信し、彼女を探し出す。
亡き朔奈との再会に、晦人の日常は輝きを取り戻すが、彼女の出現、
そして彼女についての記憶も全て限りある奇跡と知り…。
2017年エブリスタ×スターツ出版文庫大賞にて部門賞受賞。




「10年後、夜明けを待つ僕たちへ/小春りん」




■本の内容
『十年後、集まるぞ! 約束な! 』
――7歳の頃、同じ団地に住む幼馴染5人で埋めたタイムカプセル。
十年後、団地にひとり残されたイチコは、離れ離れになった今、
その約束は果たされないと思っていた。
しかし、突然現れた幼馴染・ロクが、「みんなにタイムカプセルの中身を
届けたい」と言い出し、止まっていた時間が動き出す――。
幼い日の約束は、再び友情を繋いでくれるのか。そして、ロクが現れた本当の理由とは……?
大切なことを思い出し、一歩踏み出す勇気をくれる青春物語!




「はじまりは、図書室。 /虹月一兎」




■本の内容
未定




「下町甘味処 極楽堂へいらっしゃい /涙鳴」




■本の内容
浅草の高校に通う雪菜は、霊感体質のせいで学校で孤立ぎみ。
下校途中仲見世通りで倒れている着物姿の美青年・円真に出会う。
彼を助けると御礼に「極楽へ案内するよ」と言われ、雷門を抜けた先にある甘味処に連れていかれる。 彼は極楽堂というその店の二代目だった。そこの甘味はまさに極楽気分に浸れる幸せな味。
しかし、その甘味処の本当の目的は雪菜に憑いている“あやかしを成仏 させる"ことだった!
その店で雪菜は霊感体質を見込まれバイトすることになり…。
絶品甘味が疲れた人とあやかしの心に染み渡る、全5編。


| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/04/24】4月新刊のスターツ出版文庫(4/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「いつか、君の涙は光となる /春田モカ」




■本の内容
高校生の詩春には、不思議な力がある。それは相手の頭上に浮かんだ数字で、
その人の泣いた回数がわかるというもの。5年前に起きた悲しい出来事がきっかけで
発動するようになったこの能力と引き換えに、詩春は涙を流すことができなくなった。
辛い過去を振り切るため、せめて「優しい子」でいようとする詩春。
ところがクラスの中でただひとり、無愛想な男子・吉木馨だけが、そんな詩春の心を
見透かすように、なぜか厳しい言葉を投げつけてきて――。
ふたりを繋ぐ、切なくも驚愕の運命に、もう涙が止まらない。




「ちっぽけな世界の片隅で。 /高倉かな」




■本の内容
見た目も成績も普通の中学2年生・八子は、恋愛話ばかりの友達も、
いじめがあるクラスも、理解のないお母さんも嫌い。
なにより、周りに合わせて愛想笑いしかできない自分が大嫌いで、
毎日を息苦しく感じていた。しかし、偶然隣のクラスの田岡が、
いじめられている同級生を助ける姿を見てから、八子の中でなにかが変わり始める。
悩んでもがいて…そうして最後に見つけたものとは?
小さな世界で懸命に戦う姿に、あたたかい涙があふれる――。




「京都あやかし料亭のまかないご飯 /浅海ユウ」 オススメ!




■本の内容
東京で夢破れた遥香は故郷に帰る途中、不思議な声に呼ばれ京都駅に降り立つ。
手には見覚えのない星形の痣が…。
何かに導かれるかのように西陣にある老舗料亭『月乃井』に着いた遥香は、
同じ痣を持つ板前・由弦と出会う。丑三時になれば痣の意味がわかると言われ、
真夜中の料亭を訪ねると、そこにはお腹をすかせたあやかしたちが!?
料亭の先代の遺言で、なぜかあやかしが見える力を授かった遥香は由弦と
“あやかし料亭”を継ぐことになり…。
あやかしの胃袋と心を掴む、まかない御飯全3食入り。癒しの味をご堪能あれ!




「きみと見つめる、はじまりの景色 /騎月孝弘 (著)」




■本の内容
目標もなく、自分に自信もない秀はそんな自分を変えたくて、高一の春弓道部に入部する。
そこで出会ったあずみは、凛とした笑顔が印象的な女の子。ひと目で恋に落ちた
秀だったが、ある日、彼女が泣いている姿を見てしまう。
実は、彼女もある過去の出来事から逃げたまま、変われずに苦しんでいた。
誰にも言えぬ弱さを抱えたふたりは、特別な絆で結ばれていく。
そんな矢先、秀はあずみの過去の秘密を知ってしまい――。
優しさも痛みも互いに分け合いながら、全力で生きるふたりの姿に、心救われる。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/03/23】3月新刊のスターツ出版文庫(3/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「星空は100年後 /櫻いいよ」




■本の内容
俺はずっとそばにいるよ――。かつて、父親の死に憔悴する美輝に寄り添い、そう約束した幼馴染みの雅人。以来美輝は、雅人に特別な感情を抱いていた。だが高1となり、雅人に“町田さん”という彼女ができた今、雅人を奪われた想いから美輝はその子が疎ましくて仕方ない。「あの子なんて、いなくなればいいのに」。そんな中、町田さんが事故に遭い、昏睡状態に陥る。けれど彼女はなぜか、美輝の前に現れた。大好きな雅人に笑顔を取り戻してほしい美輝は、やがて町田さんの再生を願うが…。切なくも感動のラストに誰もが涙!




「おまかせ満福ごはん /三坂しほ」




■本の内容
大阪の人情溢れる駅前商店街に一風変わった店がある。店主のハルは“残りものには福がある”をモットーにしていて、家にある余った食材を持ち込むと、世界でたった一つの幸せな味がする料理を作ってくれるらしい。そこで働く依は、大好きな母を失った時、なぜか泣けなかった。そんな依のためにハルが食パンの耳で作ったキッシュは、どこか優しく懐かしい母の味がした。初めて依は母を想い幸せな涙を流す――。本替わりのメニューは、ごめんね包みのカレー春巻き他、全5食入り。残り物で作れる【満福レシピ】付き!




「桜が咲く頃、君の隣で。 /菊川あすか」




■本の内容
高2の彰のクラスに、色白の美少女・美琴が転校してきた。「私は…病気です」と語る美琴のことが気になる彰は、しきりに話し掛けるが、美琴は彰と目も合わせない。実は彼女、手術も不可能な腫瘍を抱え、いずれ訪れる死を前に、人と深く関わらないようにしていた。しかし彰の一途な前向きさに触れ、美琴の恋心が動き出す。そんなある日、美琴は事故に遭遇し命を落としてしまう。だが、目覚めるとまた彰と出会った日に戻り、そして――。未来を信じる心が運命を変えていく。その奇跡に号泣。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/02/23】2月新刊のスターツ出版文庫(2/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「届くなら、あの日見た空をもう一度。 /武井 ゆひ、 ハルカゼ」




■本の内容
自分を見失った主人公と、
迷いつつ前進する少年の純愛


何気なく過ぎていく日々から抜け出すために上京した菜乃花。
キラキラとした大学生活ののちに手にしたのは、仕事の楽しさと甘いときめき。
だが、運命の人と信じていた恋人に裏切られたのを機に、
菜乃花の人生の歯車は狂い始め、ついには孤独と絶望だけが残る。
そんな彼女の前に現れた年下の幼馴染み・要。
幼い頃からずっと菜乃花に想いを寄せてきた要は、悩みつつも惜しみなく
一途な愛を彼女に注ぎ、凍てついた心を溶かしていくが…。
第2回スターツ出版文庫大賞にて特別賞受賞。




「奈良まちはじまり朝ごはん 2 /いぬじゅん」




■本の内容
おいしい湯気に、心ほっかほか

奈良のならまちにある『和温食堂』で働く詩織。
紅葉深まる秋の寒いある日、店主・雄也の高校の同級生が店を訪ねてくる。
久しぶりに帰省した旧友のために、奈良名物『柿の葉寿司』をふるまうが、
なぜか彼は食が進まず様子もどこか変。
そんな彼が店を訪ねてきた、人には言えない理由とは――。
人生の岐路に立つ人を応援する“はじまりの朝ごはん"を出す店の、
人気作品第2弾! 読めば心が元気になる、全4話を収録。




「降りやまない雪は、君の心に似てる。 /永良サチ」 オススメ!




■本の内容
たとえ、傷つくとわかっていても
きみに一度だけ触れたかった――。


弟を事故で喪って以来、家族の中で安らげなくなっていた高校生の小枝は、
北海道の祖母の家へいく。そこで出逢ったのは、氷のように体温が冷たい少年・俚斗だった。
彼は、過去の出来事が原因で猊告脳標群(アイスシンドローム)という奇病を患っていた。
小枝は、不思議と氷のような彼から温もりをもらい、凍った心は徐々に溶かされていく。
しかし、彼の余命があとわずかなことを小枝は知ってしまい、彼女が彼のためにしたある行動とは ―。
触れ合うことができないふたりの、もどかしくも切ない純愛物語。

| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/01/25】1月新刊のスターツ出版文庫(1/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「ウソツキチョコレート /麻沢 奏」




■本の内容
あるトラウマから、高1の美亜は男の子に触れることができない。人知れずそんな悩みを抱える中、ある日、兄の住むマンションの屋上で、“ウソツキ”と名乗る年上男に出会い、「魔法のチョコ」を渡される。それは辛いことや不安を軽くする、精神安定剤のような成分を含むという。その日以来、美亜は学校帰りに、謎の“ウソツキさん”のいる屋上を訪れ、次第に心を通わせていく。クールだけど、そこはかとなく優しい彼はいったい何者…!?ラスト、思いがけないその正体、彼の本当の想いを知った時、温かい涙が頬を伝うはず。




「れんげ荘の魔法ごはん /本田晴巳」




■本の内容
心の中をのぞける眼鏡はいらない―。人に触れると、その人の記憶や過去が見えてしまうという不思議な力に苦悩する20歳の七里。彼女は恋人の裏切りを感知してしまい、ひとり傷心の末、大阪中崎町で「れんげ荘」を営む潤おじさんのもとを、十年ぶりに訪ねる。七里が背負う切なくも不可解な能力、孤独…すべてを知る潤おじさんに、七里は“れんげ荘のごはん”を任せられ、自分の居場所を見出していくが、その陰には想像を越えた哀しくも温かい人情・優しさがあった―。感涙必至の物語。




「僕は明日、きみの心を叫ぶ。 /灰芭まれ」




■本の内容
あることがきっかけで学校に居場所を失った海月は、誰にも苦しみを打ち明けられず、生きる希望を失っていた。海月と対照的に学校の人気者である鈴川は、ある朝早く登校すると、誰もいない教室で突然始まった放送を聞く。それは信じがたいような悲痛な悩みを語った海月の心の叫びだった。鈴川は顔も名前も知らない彼女を救いたい一心で、放送を使って誰もが予想だにしなかったある行動に出る―。生きる希望を分け合ったふたりの揺るぎない絆に、感動の涙が止まらない!第2回スターツ出版文庫大賞フリーテーマ部門賞受賞作。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2017/12/25】12月新刊のスターツ出版文庫(12/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「僕の知らない、いつかの君へ /木村 咲」




■本の内容
僕らを繋ぐものは、いったい――。
純粋な心の葛藤が熱く切ない恋物語。

(あらすじ) アクアリウムが趣味の高2・水嶋慶太は、
「ミキ」という名前を使い女性のフリをしてブログを綴る日々。
そんな中、「ナナ」という人物とのブログ上のやり取りが楽しみになる。
だが、あることをきっかけに慶太は、同じクラスの壷井菜々子こそが
「ナナ」ではないかと疑い始める。
慶太と菜々子の関係が進展するにつれ、「ナナ」はブログで「ミキ」に
恋愛相談をするようになり、疑惑は確信へ。
ついに慶太は秘密を明かそうと決意するが、
その先には予想外の展開が―。
第2回スターツ出版文庫大賞にて、恋愛部門賞受賞。




「きみに届け。はじまりの歌 /沖田円」 オススメ!




■本の内容
わたしらしさって、なんだろう――。
永遠のテーマを心に刻む、感涙小説!!

(あらすじ) 進学校で部員6人のボランティア部に属する高2のカンナは、
ある日、残り3ヶ月で廃部という告知を受ける。
活動の最後に地元名物・七夕まつりのステージに立とうと
バンドを結成する6人。
昔からカンナの歌声の魅力を知る幼馴染みのロクは、
カンナにボーカルとオリジナル曲の制作を任せる。
高揚する心と、悩み葛藤する心…。
自分らしく生きる意味が掴めず、 親の跡を継いで医者になると決めていたカンナに、
一度捨てた夢――歌への情熱がよみがえり…。
沖田円渾身の書き下ろし感動作!




「神様の居酒屋お伊勢 /梨木れいあ」




■本の内容
伊勢の門前町の片隅に灯る赤提灯。
そこは唯一、神様が息を抜ける場所。

(あらすじ) 就活に難航中の莉子は、 就職祈願に伊勢を訪れる。
参拝も終わり門前町を歩いていると、
呼び寄せられるように路地裏の店に辿り着く。
『居酒屋お伊勢』と書かれた暖簾をくぐると、
店内には金髪の店主・松之助以外に客は誰もいない。
しかし、酒をひと口呑んだ途端、
莉子の目に映った光景は店を埋め尽くす
神様たちの大宴会だった!?
神様が見える力を宿す酒を呑んだ莉子は、
松之助と付喪神の看板猫・ごま吉、
お掃除神のキュキュ丸と共に、
疲れた神様が集う居酒屋で働くことになって……。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2017/11/28】11月新刊のスターツ出版文庫(11/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「さよならレター /皐月コハル、 はるこ」




■本の内容
ある日、高2のソウのゲタ箱に一通の手紙が入っていた。差出人は学校イチ可愛いと言われる同級生のルウコだった。それからふたりの秘密の文通が始まる。文通を重ねるうち、実は彼女が難病で余命わずかだと知ってしまう。ルウコは「もしも自分が死んだら、ある約束を果たして欲しい」とソウに頼む。その約束には彼女が手紙を書いた本当の意味が隠されていた…。―生と死の狭間で未来を諦めず生きるふたりの純愛物語。




「フカミ喫茶店の謎解きアンティーク /涙鳴、 げみ」




■本の内容
宝物のペンダントを犬に引きちぎられ絶望する来春の前に、上品な老紳士・フカミが現れる。ペンダントを修理してくれると案内された先は、レンガ造りの一風変わった『フカミ喫茶店』。そこは、モノを癒す天才リペア師の空、モノに宿る“記憶”を読み取る鑑定士・拓海が、アンティークの謎を読み解く喫茶店だった!?来春はいつの間にか事件に巻き込まれ、フカミ喫茶店で働くことになるが…。第2回スターツ出版文庫大賞のほっこり人情部門賞受賞作!




「70年分の夏を君に捧ぐ /ふすい、 櫻井千姫」




■本の内容
2015年、夏。東京に住む高2の百合香は、真夜中に不思議な体験をする。0時ちょうどに見ず知らずの少女と謎の空間ですれ違ったのだ。そして、目覚めるとそこは1945年。百合香の心は、なぜか終戦直前の広島に住む少女・千寿の身体に入りこんでいた。一方、千寿の魂も現代日本に飛ばされ、70年後の世界に戸惑うばかり…。以来毎晩入れ替わるふたりに、やがて、運命の「あの日」が訪れる―。ラスト、時を超えた真実の愛と絆に、心揺さぶられ、涙が止まらない!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2017/10/25】10月新刊のスターツ出版文庫(10/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「放課後音楽室 /麻沢 奏」




■本の内容
幼い頃から勉強はトップクラス、ピアノのコンクールでは何度も入賞を果たすなど“絶対優等生”であり続ける高2の理穂子。彼女は、間もなく取り壊しになる旧音楽室で、コンクールに向けピアノの練習を始めることにした。そこへ不意に現れたのが、謎の転校生・相良。自由でしなやかな感性を持つ彼に、自分の旋律を「表面的」と酷評されるも、以来、理穂子の中で何かが変わっていく―。相良が抱える切ない過去、恋が生まれる瑞々しい日々に胸が熱くなる!




「雨宿りの星たちへ /Link」




■本の内容
進路が決まらず悩む美雨は、学校の屋上でひとり「未来が見えたらな…」とつぶやく。すると「未来を見てあげる」と声がして振り返ると、転校生の雨宮先輩が立っていた。彼は美雨の未来を『7日後に死ぬ運命』と予言する。彼は未来を見ることができるが、その未来を変えてしまうと自身の命を失うという代償があった。ふたりは、彼を死なせず美雨の未来を変えられる方法を見つけるが、その先には予想を超えた運命が待ち受けていた。――未来に踏みだす救いのラストは、感涙必至!




「いつかの恋にきっと似ている /木村 咲」




■本の内容
フラワーショップの店長を務める傍ら、ワケありの恋をする真希。その店のアルバイトで、初恋に戸惑う絵美。夫に愛人がいると知っている妊娠中の麻里子。3人のタイプの違う女性がそれぞれに揺れ動きながら、恋に身を砕き、時に愛の喜びに包まれ、自分だけの幸せの花を咲かせようともがく。――悩みながらも懸命に恋と向き合う姿に元気づけられる、共感必至のラブストーリー。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2017/09/25】9月新刊のスターツ出版文庫(9/29日発売)

JUGEMテーマ:読書



「(仮)半透明のラブレター /春田モカ (著)」




■本の内容
「俺は、人の心が読めるんだ」――。
高校生のサエは、クラスメイトの日向から、ある日、衝撃的な告白を受ける。
休み時間はおろか、授業中でさえも寝ていることが多いのに頭脳明晰という天才・日向に、
サエは淡い憧れを抱いていた。ふとしたことで日向と親しく言葉を交わすようになり、
知らされた思いがけない事実に戸惑いつつも、彼と共に歩き出すサエ。
だが、その先には、切なくて儚くて、想像を遥かに超えた“ある運命"が待ち受けていた…。




「奈良まちはじまり朝ごはん /いぬじゅん (著)」 オススメ!




■本の内容
奈良の『ならまち』のはずれにある、昼でも夜でも朝ごはんを出す小さな店。
無愛想な店主・雄也の気分で提供するため、メニューは存在しない。
朝ごはんを『新しい一日のはじまり』と位置づける雄也が、それぞれの人生の
岐路に立つ人々を応援する“はじまりの朝ごはん"を作る。
――出社初日に会社が倒産し無職になった詩織は、ふらっと雄也の店を訪れる。
雄也の朝ごはんを食べると、なぜか心が温かく満たされ涙が溢れた。
その店で働くことになった詩織のならまちでの新しい一日が始まる。




「そして君に最後の願いを /菊川あすか (著)」




■本の内容
山と緑に包まれた小さな町に暮らすあかり。高校卒業を目前に、幼馴染たちとの
思い出作りのため、町の神社でキャンプをする。卒業後は小説家への夢を抱きつつ
東京の大学へ進学するあかりは、この町に残る颯太に密かな恋心を抱いていた。
そしてその晩、想いを告げようとするが…。
やがて時は過ぎ、あかりは都会で思いがけず颯太と再会し、楽しい時間を過ごすものの、
のちに信じがたい事実を知らされ――。優しさに満ちた「まさか」のラストは号泣必至!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |