FANTASTIC倶楽部

新刊のライトノベル、ボーイズラブ、一般新書、一般文庫、コミックスの発売を紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキング参加中
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ   ブログランキングならblogram

10月新刊のスターツ出版文庫(10/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「放課後音楽室 /麻沢 奏」




■本の内容
未定




「雨宿りの星たちへ /Link」




■本の内容
未定




「いつかの恋にきっと似ている /木村 咲」




■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2017/09/25】9月新刊のスターツ出版文庫(9/29日発売)

JUGEMテーマ:読書



「(仮)半透明のラブレター /春田モカ (著)」




■本の内容
「俺は、人の心が読めるんだ」――。
高校生のサエは、クラスメイトの日向から、ある日、衝撃的な告白を受ける。
休み時間はおろか、授業中でさえも寝ていることが多いのに頭脳明晰という天才・日向に、
サエは淡い憧れを抱いていた。ふとしたことで日向と親しく言葉を交わすようになり、
知らされた思いがけない事実に戸惑いつつも、彼と共に歩き出すサエ。
だが、その先には、切なくて儚くて、想像を遥かに超えた“ある運命"が待ち受けていた…。




「奈良まちはじまり朝ごはん /いぬじゅん (著)」 オススメ!




■本の内容
奈良の『ならまち』のはずれにある、昼でも夜でも朝ごはんを出す小さな店。
無愛想な店主・雄也の気分で提供するため、メニューは存在しない。
朝ごはんを『新しい一日のはじまり』と位置づける雄也が、それぞれの人生の
岐路に立つ人々を応援する“はじまりの朝ごはん"を作る。
――出社初日に会社が倒産し無職になった詩織は、ふらっと雄也の店を訪れる。
雄也の朝ごはんを食べると、なぜか心が温かく満たされ涙が溢れた。
その店で働くことになった詩織のならまちでの新しい一日が始まる。




「そして君に最後の願いを /菊川あすか (著)」




■本の内容
山と緑に包まれた小さな町に暮らすあかり。高校卒業を目前に、幼馴染たちとの
思い出作りのため、町の神社でキャンプをする。卒業後は小説家への夢を抱きつつ
東京の大学へ進学するあかりは、この町に残る颯太に密かな恋心を抱いていた。
そしてその晩、想いを告げようとするが…。
やがて時は過ぎ、あかりは都会で思いがけず颯太と再会し、楽しい時間を過ごすものの、
のちに信じがたい事実を知らされ――。優しさに満ちた「まさか」のラストは号泣必至!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2017/08/24】8月新刊のスターツ出版文庫(8/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「交換ウソ日記 /櫻いいよ」



[amazon] [honto]


■本の内容
未定




「私の好きなひと /西ナナヲ」



[amazon] [honto]


■本の内容
未定




「茜色の記憶 /著者 みのりfrom三月のパンタシア (著)」

[amazon] [honto]


■本の内容
未定

| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2017/05/25】5月新刊のスターツ出版文庫(5/27日発売)

JUGEMテーマ:読書



「世界のまんなかで笑うキミへ /相沢ちせ 」





[amazon] [honto]


■本の内容
理央は、絵画コンクールで賞を逃して以来、スランプに陥っていた。ある日、颯の存在を知り、二人は絵を通して距離を縮める。颯が転校することを知った理央は、彼のいる風景を描いていくが、抜けないスランプと違和感に悩み…。




「三月の雪は、きみの嘘 /いぬじゅん」





[amazon] [honto]


■本の内容
自分の気持ちを伝えるのが苦手な文香は、噓をついて本当の自分をごまかしてばかりいた。するとクラスメイトの拓海に、噓を見破られてしまう。口数が少なく不思議な雰囲気を纏う拓海に、文香はどこか見覚えがあり…。




「君が涙を忘れる日まで  /著者 菊川 あすか (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
幼馴染み・香乃との優しい日々の中、奈々は同じバスケ部の男子に恋をしたが、皮肉なことに、彼は香乃と付き合うことに。恋と友情の狭間で葛藤した奈々は、クラスメイト・幸野とともに、思い出にさよならするための短い旅へ…。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2017/04/25】4月新刊のスターツ出版文庫(4/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「ラストレター /著者 浅海 ユウ (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
孤独なつむぎにとって、同級生のハルキだけが心許せる存在だった。病を患い入院中の彼は、弱さを見せずいつも笑顔でつむぎの心を明るく照らした。しかし彼は突然、療養のためつむぎの前から姿を消してしまう。それ以来、毎月彼から手紙が届くようになり、その手紙だけが二人の心を繋いでいると、つむぎは信じていた。「一緒に生きる」と約束した彼の言葉を支えに、迎えた23歳の誕生日―彼から届いた最後の手紙には驚きの真実が綴られていた…。




「君とソースと僕の恋 /著者 本田 晴巳 (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
美大生の宇野正直は、大学の近くのコンビニでバイトをしている。そこには、毎日なぜか「ソース」だけを買っていく美人がいた。いつしか正直は彼女に恋心を抱き、密かに“ソースさん”と呼ぶようになる。あることがきっかけで、彼女と急接近し、自らの想いを告白した正直。彼女は想いを受け入れてくれたが、「ソース」を買っていた記憶はなかった。なぜ―。隠された真実が次第に暴かれていく中、本当の愛を求めてさまよう2つの心。その先にあるものはいったい…!?




「霞村四丁目の郵便屋さん /著者 朝比奈 希夜 (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
もしもあの日、好きと伝えていれば…。最愛の幼馴染・遙と死別した瑛太は、想いを伝えられなかった後悔を抱き、前へ進めずにいた。そこに現れた“天国の郵便屋”を名乗る少女・みやびは、瑛太に届くはずのない“遙からの手紙”を渡す。「もう自分のために生きて」―そこに綴られた遙の想いに泣き崩れる瑛太。ずっと伝えたかった“好き”という気持ちを会って伝えたいとみやびに頼むが、そのためには“ある大切なもの”を失わなければならなかった…。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2017/03/24】3月新刊のスターツ出版文庫(3/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「放課後図書室 /麻沢 奏 (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
真面目でおとなしい高2の果歩は、無表情で摑みどころのない早瀬と図書委員をやることに。ふたりは同じ中学で“付き合って”いた関係。でもそれは噂だけ。本当はしゃべったことすらなくて…。切なく甘く密やかな恋の物語。




「星の涙 /みのりfrom三月のパンタシア (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
感情表現が苦手な高2の理緒にとって、インスタグラムが自分を表現できる唯一の場。ある日、クラスメイトの颯太に写真を見られ、それ以来彼と急接近するが、颯太にはある秘密が…。「三月のパンタシア」の楽曲ノベライズ。




「神様の願いごと /著者 沖田 円 (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
夢もなく将来への希望もない高2の七槻千世はある日、雨宿りに足を踏み入れた神社で、人並み外れた美しい男性・常葉と出会う。その神社の神様だという常葉は千世に、「夢が見つかるまで神社の仕事を手伝うこと」を命じ…。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2016/12/22】12月新刊のスターツ出版文庫(12/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「笑って。僕の大好きなひと。/著者 十  和 (著)」





【amazon】 【honto】


■本の内容
冬休み、幼なじみに失恋し居場所を失った環は、親に嘘をつき、ある田舎町へ逃避行する。雪深い森の中で道に迷ったところを不思議な少年・ノアに助けられる。なぜか彼と昔会ったことがあるような懐かしい感覚に襲われる環。一緒に過ごす時間の中で、ノアの優しさに触れて笑顔を取り戻していく。しかし、彼にはある重大な秘密があった…。それは彼との永遠の別れを意味していた―。第1回スターツ出版文庫大賞にて大賞受賞。号泣、ラスト愛に包まれる。




「春となりを待つきみへ/著者 沖田 円 (著)」





【amazon】 【honto】


■本の内容
瑚春は、幼い頃からいつも一緒で大切な存在だった双子の弟・春霞を、5年前に事故で亡くして以来、その死から立ち直れず、苦しい日々を過ごしていた。そんな瑚春の前に、ある日、冬眞という謎の男が現れ、そのまま瑚春の部屋に住み着いてしまう。得体の知れない存在ながら、柔らかな雰囲気を放ち、不思議と気持ちを和ませてくれる冬眞に、瑚春は次第に心を許していく。しかし、やがて冬眞こそが、瑚春と春霞とを繋ぐ“宿命の存在”だと知ることに―。

| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2016/11/24】11月新刊のスターツ出版文庫(11/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「天国までの49日間/著者 櫻井千姫 (著)」





【amazon】 [honto]


■本の内容
【日本ケータイ小説大賞大賞(第5回)】【日本ケータイ小説大賞TSUTAYA賞(第5回)】14歳の折原安音は、クラスメイトからのいじめを苦に飛び降り自殺をしてしまう。幽霊となった安音は、霊感の強い同級生・榊洋人と過ごすうちに、死んで初めて自分の本当の想いに気づき…。




「夕星のした、僕らは嘘をつく/著者 八谷 紬 (著)」





【amazon】 [honto]


■本の内容
他人の声に本音の“色”が見えてしまう少女・晴。彼女が偶然出会った少年の言葉には色がなかった。なぜなら彼の体には、訳あって成仏できない死者の霊が憑いていたから。その霊を成仏させるため、謎を解き明かそうとするが…。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2016/10/25】10月新刊のスターツ出版文庫(10/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「そして君は、風になる。/著者 繭 (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
高校1年の日向は陸上部のエース。その走る姿は、まさに透明な風だった。マネージャーとして応援する幼なじみの柚は、そんな日向へ密かに淡い恋心を抱き続けていた。しかし日向は、ある大切な約束を果たすために全力で走り切った大会後、突然の事故に遭遇し、柚をかばって意識不明になってしまう。日向にとって走ることは生きること。その希望の光を失ったふたりの運命の先に、号泣必至の奇跡が…。




「夢の終わりで、君に会いたい。 /著者 いぬじゅん (著)」





[amazon] [honto]


■本の内容
高校生の鳴海は、離婚寸前の両親を見るのがつらく、眠って夢を見ることで現実逃避していた。ある日、ジャングルジムから落ちてしまったことをきっかけに、鳴海は正夢を見るようになる。夢で見た通り、転校生の雅紀と出会うが、彼もまた、孤独を抱えていた。徐々に雅紀に惹かれていく鳴海は、雅紀の力になりたいと、正夢で見たことをヒントに、雅紀を救おうとする。しかし、鳴海の夢には悲しい秘密があった―。ラスト、ふたりの間に起こる奇跡に、涙が溢れる。




| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2016/08/24】8月新刊のスターツ出版文庫(8/27日発売)

JUGEMテーマ:読書



「あの日のきみを今も憶えている/著者 苑水真茅 (著)」




あの日のきみを今も憶えている (スターツ出版文庫)

[amazon] [honto]


■本の内容
高2の陽鶴は、親友の美月を交通事故で失う。自分にだけは美月の霊が見え、体に憑依させることができると気づいた陽鶴は、美月の心残りをなくすため、恋人の園田と再会させる。しかし、陽鶴には秘めていたある想いがあった。




「きみと、もう一度/著者 櫻いいよ (著)」




きみと、もう一度 (スターツ出版文庫)

[amazon] [honto]


■本の内容
20歳の千夏には恋人・幸登がいるが、最近はすれ違ってばかり。それは千夏が中学時代の初恋相手・今坂への想いを告げられなかったというワダカマリがあるから。そんな折、同窓会の知らせが届き、千夏は再会すべきか苦悶する。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  


| comments(0) | trackbacks(0) | [ライト文庫]スターツ出版文庫 | TOP↑ |