FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

【重要なお知らせ】
本日、1/11日からヨメレバ、カエレバの表示画像が、【amazon】から【楽天ブックス】に変わります。
【honto発売日:2019/08/21】8月新刊のスターツ出版単行本(8/24日発売)

JUGEMテーマ:読書



「無人駅で君を待っている/いぬじゅん/著」




■本の内容
物語の舞台は、静岡県浜松市北区細江町に実在する寸座駅。単線・短車両の天竜浜名湖鉄道の小さな駅は、浜名湖を見下ろす高台にあり絶好のロケーションだが、いつも人の気配はなく静寂に包まれている。電車が到着するのは1時間に1本程度。駅の端には、人ひとりが座れるくらいの「たまるベンチ」と呼ばれる不思議なベンチがある。快晴の日の夕方、オレンジ色に染まる空の下、そのベンチに腰掛け、もう二度と会えない故人との再会を願うと、やがて到着する「夕焼け列車」からその人が降りてくるという言い伝えがあるのだった。ただし、会えるのは一度だけ。それも、日の入りまでという…。 もう会えない、親友・恋人・父や母…切なくも温かい5つの「再会」の物語。 ――奇跡のストーリーに、心の奥深くから熱い涙があふれ出す。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]スターツ出版文庫/単行本 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/07/24】7月新刊のスターツ出版文庫(7/26日発売)
投稿日:2019/06/04

JUGEMテーマ:読書



「ラストは絶対、想定外。〜スターツ出版文庫 7つのアンソロジー2〜/アンソロジー」




■本の内容
その結末にあなたは耐えられるか⁉︎“どんでん返し”をテーマに人気作家7名が書き下ろし!スターツ出版文庫発の読み切り短編アンソロジー第二弾。寂しげなクラスの女子に恋する主人公。彼だけが知らない秘密とは…(『もう一度、転入生』いぬじゅん・著)、愛情の薄い家庭で育った女子がある日突然たまごを産み大パニック!(『たまご』櫻井千姫・著)ほか、あっという間に一気読みの7編を収録。恋愛、青春、ミステリー…今年一番の衝撃ここに集結!




「京都花街 神様の御朱印帳 (仮) /浅海ユウ (著)」 オススメ!




■本の内容
父の再婚で家に居場所をなくし、大学進学を機に京都へやってきた文香。ある日、神社で1冊の御朱印帳を拾った文香は、神だと名乗る男につきまとわれ…。「私の気持ちを届けてほしい」それは、神様の想いを綴った“手紙”だという。古事記マニアの飛鳥井先輩とともに届けに行く文香だったが、クセの強い神様相手は一筋縄ではいかなくて!?人が手紙に気持ちを託すように、神様にも伝えたい想いがある。口下手な神様に代わって、大切な想い、届けます!




「星降り温泉あやかし繁盛記 (仮) /遠藤 遼 (著)」




■本の内容
幼い頃から“あやかし”を見る能力を持つ大学4年生の静(しず)姫(き)。そのせいで卒業間近になるも就職先が決まらない。絶望のなか教授の薦めで、求人中の「いざなぎ旅館」を訪れるが、なんとそこは“あやかし”や“神さま”が宿泊するワケアリ旅館だった!驚きのあまり、旅館の大事な皿を割ってしまい、静姫は一千万円の借金を背負うことに⁉半ば強制的に仲居として就職した静姫は、半妖の教育係・葉室(はむろ)先輩と次々と怪異に巻き込まれてゆき…。個性豊かな面々が織りなす、笑って泣けるあやかし譚!




「ひだまりに花の咲く /沖田 円 (著)」




■本の内容
高2の奏(かなで)は小学生の頃観た舞台に憧れつつ、人前が極端に苦手。ある日誘われた演劇部の部室で、3年に1度だけ上演される脚本を何気なく音読すると、脚本担当の一維(いちい)に「主役は奏」と突然抜擢される。“やりたいかどうか。それが全て”まっすぐ奏を見つめ励ます一維を前に、奏は舞台に立つことを決意する。さらに脚本の完成に苦しむ一維のため、彼女はある行動に出て…。そして本番、幕が上がる――。感動のラストは心に確かな希望を灯してくれる‼
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]スターツ出版文庫/単行本 | TOP↑ |
8月新刊のスターツ出版文庫(8/28日発売)
投稿日:2019/07/02

JUGEMテーマ:読書



「こころ食堂のおもいで御飯〜仲直りの変わり親子丼〜 /栗栖ひよ子 (著)」

こころ食堂 (仮) (スターツ出版文庫)

[honto]


■本の内容
“あなたが心から食べたいものはなんですか?”――味オンチと彼氏に振られ、内定先の倒産と不幸続きの大学生・結(むすび)。そんな彼女がたどり着いたのは「おまかせで」と注文すると、望み通りのメニューを提供してくれる『こころ食堂』。店主の一心(いっしん)が振舞ったのは、むかし結の祖母が作ってくれた思い出の“焼きおにぎり”。懐かしい味に心を解かれ、結は食欲を取り戻す。不器用で優しい店主と、お節介な商店街メンバーに囲まれて、結はここで働きたいと思うようになり…。読めば元気が沸いてくる1冊!




「満月の夜に君を見つける /冬野夜空 (著)」

僕と月、君と太陽 (仮) (スターツ出版文庫)

[honto]


■本の内容
家族を失い、人と関わらず生きる高1の僕は、モノクロの絵ばかりを描く日々。そこへ不思議な雰囲気を纏った美少女・水無瀬月(ゆえ)が現れる。絵を前に静かに微笑む姿に、僕は次第に惹かれていく。しかし彼女の視界からはすべての色が失われ、さらに “ 幸せになればなるほど死に近づく”という運命を背負っていた。「君を失いたくない―」彼女の世界を再び輝かせるため、僕はある行動に出ることに…。満月の夜の切なすぎるラストに、心打たれる感動作!




「明日死ぬ僕と100年後の君/夏木エル (著)」

明日死ぬ僕と100年後の君 (仮) (スターツ出版文庫)

[honto]


■本の内容
やりたいことがない“無気力女子高生”いくる。ある日、課題をやらなかった罰として1カ月ボランティア部に入部することに。そこで部長・有馬と出会う。『聖人』と呼ばれ、精一杯人に尽くす彼とは対立ばかりのいくるだったが、ある日、有馬の秘密を知り…。「僕は、人の命を食べて生きている」――1日1日を必死に生きる有馬と、1日も早く死にたいいくる。正反対のふたりが最後に見つける"生きる意味"とは…? 魂の叫びに心揺さぶられる感動作‼




「週末カフェで猫とハーブティーを /編乃肌 (著)」

猫と週末とハーブティー (仮) (スターツ出版文庫)

[honto]


■本の内容
彼氏に浮気され、上司にいびられ、心も体もヘトヘトのOL・早苗。ある日の仕事帰り、不思議な猫に連れられた先には、立派な洋館に緑生い茂る庭、そしてイケメン店長・要がいる週末限定のカフェがあった! 一人ひとりに合わせたハーブティーと、聞き上手な要との時間に心も体も癒される早苗。でも、要には意外過ぎる裏の顔があって…!? 「早苗さんは、特別なお客様です」――日々に疲れたOLと、ゆるふわ店長のときめく(?)週末の、はじまりはじまり。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]スターツ出版文庫/単行本 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/06/25】6月新刊のスターツ出版単行本:野いちご単行本(6/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「 100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ/永良 サチ」




■本の内容
余命3か月と宣告された高1の海月は、心細さを埋めるため、帰り道に偶然会ったクラスの人気者・悠真に「朝まで一緒にいて」と懇願する。海月はそのことを忘れようとするが、海月の心の痛みに気づいた悠真は毎日話しかけてくるように。「俺は海月と一緒にいたい」とストレートに気持ちを伝えてくれる悠真に心を動かされた海月は、一秒でも長く前向きに生きることを決意して…。ふたりのまっすぐな愛に涙が止まらない、感動の青春恋愛小説!!




「 明日の世界が君に優しくなりますように/汐見 夏衛」




■本の内容
ある出来事から家族も友達も信じられなくなった真波は、高校進学を機にひとり、祖父母の家に引っ越してきた。優しすぎる祖父母にも、正義感が強く説教ばかりの同級生・漣にも苛立ち、息苦しさを感じていた。そんなある日、夜の海岸で不思議な青年・ユウと出会ったことで少しずつ変わる真波の心。そしてそこには、いつも漣がいてくれた――。しかしある時、海で子どもが溺れる事件が起きる。ユウが救助し事なきを得たが、別人のように取り乱す漣。実は漣には、残酷すぎる過去があって……。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]スターツ出版文庫/単行本 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/06/25】6月新刊のスターツ出版文庫(6/28日発売)
投稿日:2019/05/07

JUGEMテーマ:読書



「いつか、眠りにつく日 2 (仮) /いぬじゅん (著)」




■本の内容
未定




「ご懐妊!! (仮) /砂川雨路 (著)」




■本の内容
未定




「さよなら、君が好き (仮) /菊川あすか (著)」




■本の内容
未定




「僕は君と、本のセカイで恋をした (仮) /水沢理乃 (著)」




■本の内容
未定




「僕らの海に奇跡が輝く(仮) /汐見夏衛 (著)」

僕らの海に奇跡が輝く(仮) (スターツ出版文庫)

[honto]


■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]スターツ出版文庫/単行本 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/05/23】5月新刊のスターツ出版文庫(5/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「 八番目の花が咲くときに/櫻井千姫」




■本の内容
本当は君を、心から愛したいのに…。高2の蘭花は自閉症で心を読みづらい弟・稔(みのる)を持ち、周囲の目に悩む。そんなある日、彼に特別な力があると気づく。悲しみの色、恋する色…相手の気持ちが頭上に咲く“花の色”で見える稔は、ちゃんと“誰かを想う優しい心”を持っていたーー。混じり気のない彼の心に触れ、蘭花は決意する。「もう逃げない。稔を守る」しかしその直後、彼は行方不明に…。物語のラスト、タイトルの意味が明かされる瞬間、張り裂けんばかりの蘭花の叫びが心を掴んで離さない‼




「 きみに向かって咲け/灰芭まれ」




■本の内容
他人の感情に敏感で、言葉の中の嘘が見えてしまう女子高生・向葵(こうき)は、そんな"ふつうじゃない"自分に悩んでいた。ある日、1枚の絵をみるために訪れた美術館でひとりの青年に出会う。向葵とは対照的に、彼は他人の気持ちを汲み取れないと言う。「ふつうになりたい」――正反対なのに同じ悩みを持つふたり。この出会いが、運命を変えていく――。ふつうとは何か。苦しみの中で答えを探し続ける姿に、そして訪れる奇跡のラストに心揺さぶられ、気がつけば…涙。




「 呉服屋の若旦那と政略結婚いたします /春田モカ」

■本の内容
東京で就活に失敗し、地元の京都に呼び戻された衣都。そこで待っていたのは、老舗呉服屋の跡取りで8歳年上の幼なじみ・志貴との政略結婚だった! 衣都は反発するが、いきなり1年間のお試し同居が始まる。4年ぶりの再会にもかかわらず、愛情深い志貴との暮らしは穏やかで心地よく、次第に衣都の心も解きほぐれていく。同時に呉服屋の仕事にも夢を見い出し、ここ京都に自分の居場所を見つけるが、やがて“政略結婚”の裏にある思いもよらない事実が明らかになって…⁉ 一途な愛が織りなす、切なくも優しい物語。




「 狭間雑貨店で最期の休日を /楪 彩郁」

■本の内容
生活費を稼ぐためアルバイト先を探す千聖が見つけたのは、1軒の雑貨店。平日はどこにでもある雑貨店だが休日は様子が違うようで…? そこは、あの世とこの世の狭間に存在する店。訪れる客は、後悔を抱えたまま彷徨う幽霊。人の姿ではあるがなにやら訳アリな店長・雷蔵に見込まれた千聖は、彼らの未練解消を手伝うことになるが――。別れは、ある日突然訪れる。大切な人に伝えられなかった思い、今、私たちが届けます。「エブリスタ×スターツ出版文庫大賞」ほっこり人情部門賞受賞作!




「 死にたがり春子さんが生まれ変わる日 /あしなが」

■本の内容
無気力に日々を生きている高校生の春子は、線路に落ちそうになった人を庇って命を落としてしまう。死後の世界で出会ったのは死神・薊(あざみ)。なんと春子は彼の手違いで殺されてしまったのだ。だが、生きることに執着のない春子。彼女はそのまま、この世に彷徨う死者を成仏させる死神の仕事を手伝うこととなり……。様々な死者の想いに触れた春子を待ち受ける運命とは――。感動のラストは圧巻!読後、きっとあなたの明日が生きる希望で満ち溢れる。「エブリスタ×スターツ出版文庫大賞」部門賞受賞作!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]スターツ出版文庫/単行本 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/04/25】4月新刊のスターツ出版文庫(4/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「 神様の居酒屋お伊勢 ~花よりおでんの宴会日和~ /梨木れいあ」 オススメ!




■本の内容
伊勢神宮の一大行事“神嘗祭”のため、昼営業をはじめた『居酒屋お伊勢』。毎晩大忙しの神様たちが息つく昼間、店には普段は見かけない“夜の神”がやってくる。ミステリアスな雰囲気をまとう超美形のその神様は、かなり癖アリな性格。しかも松之助とも親密そう…。あやしい雰囲気に莉子は気が気じゃなくて――。喧嘩ばかりの神様夫婦に、人の恋路が大好きな神様、個性的な新顔もたくさん登場!大人気シリーズ待望の第3弾!莉子と松之助の関係にも進展あり⁉




「 初めましてこんにちは、離婚してください /あさぎ千夜春 」




■本の内容
16歳という若さで、紙きれ一枚の愛のない政略結婚をさせられた莉央。相手は容姿端麗だけど、冷徹な心の持ち主のIT社長・高嶺。互いに顔も知らないまま十年が経ち、大人として一人で生きる決意をした莉央は、ついに“夫”に離婚を突きつける。けれど高嶺は、莉央の純粋な姿に惹かれ離婚を拒否。莉央を自分のマンションに同居させ、改めての結婚生活を提案してくる。そんな中で莉央は、意識することもなかった自分の将来の道を見つけていく…。逃げる妻と追う夫の甘くて苦い攻防戦に、莉央が出した結論は…⁉




「 階段途中の少女たち /八谷 紬」




■本の内容
何事も白黒つけたくない。自己主張して、周囲とギクシャクするのが嫌だから――。高2の遠矢絹は、自分の想いを人に伝えられずにいた。本が好きなことも、物語をつくること への憧れも、ある過去のトラウマから誰にも言えない絹。そんなある日、屋上へと続く階段の途中で、絹は日向萌夏と出会う。「私はとある物語の主人公なんだ」――堂々と告げる萌夏の存在は謎に満ちていて…。だが、その予想外の正体を知った時、絹の運命は変わり始める。衝撃のラストに、きっとあなたは涙する!




「 拝啓、嘘つきな君へ/加賀美 真也」




■本の内容
心の声が文字で見える――特殊な力を持つ葉月は、醜い心を見過ぎて人間不信に陥り、人付き合いを避けていた。ある日、不良少年・大地が転校してくる。関わらないつもりでいた葉月だったが、なぜか一緒に文化祭実行委員をやる羽目に…。ところが、乱暴な言葉とは裏腹に、彼の心は優しく温かいものだった。2人は次第に惹かれ合うが、ある時大地の心の声が文字化けして読めなくなる。そこには、悲しい過去が隠れていて…。本音を隠す嘘つきな2人が辿り着いた結末に、感動の涙!!




「 きみに、涙。〜スターツ出版文庫 7つのアンソロジー /麻沢 奏, 逢優他」




■本の内容
「涙」をテーマに人気作家が書き下ろす、スターツ出版文庫初の短編集。父親の死から数年後、初めて向き合う異母姉弟ふたりの葛藤を描いた『雨あがりのデイジー』(沖田 円・著)、最愛の「彼」から思いがけず届いたラストメッセージで綴られる『君のかけらを拾いあつめて』(汐見夏衛・著)ほか、じっくりと浸れる7編を収録。何度も味わい読み返したくなる物語は、静かに寄り添い、心の奥底へと深く響いていく。そして苦しい日にも、切ない日にも、あなたをそっと、救ってくれるーー。

| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]スターツ出版文庫/単行本 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/03/25】3月新刊のスターツ出版文庫(3/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「(仮)あかしや橋のあやかし商店街 /癒月 (著)」




■本の内容
「あかしや橋は、妖怪の町に繋がる」――深夜0時、人ならざるものが見えてしまう真司は、噂のあかしや橋に来ていた。そこに、橋を渡ろうとするひとりの女性が。不吉な予感がした真司は彼女を止めたのだが…。「私が見えるのかえ?」気がつくと、目の前には妖怪が営む"あやかし商店街"が広がっていた。「真司、この商店街の管理人を手伝ってくれんかの?」――いや、僕、人間なんですけど!? ひょんなことから管理人にさせられた真司のドタバタな毎日が、今、幕を開ける!!




「(仮)あの日に誓った約束だけは忘れなかった。 /小鳥居ほたる (著)」




■本の内容
あの日に交わした約束は、果たされることなく今の僕を縛り続ける――。他者との交流を避けながら生きる隼斗の元に、ある日空から髪の長い女の子が降ってきた。白鷺結衣と名乗る彼女は、自身を幽霊だと言い、唯一彼女の姿が見える隼斗に、ある頼みごとをする。なし崩し的に彼女の手助けをすることになるが、実は結衣は、隼斗が幼い頃に離ればなれになったある女の子と関係していて…。過去と現在、すべての事実がくつがえる切ないラストに、号泣必至!




「(仮)太陽と月の図書室 /騎月孝弘 (著)」 オススメ!




■本の内容
人付き合いが苦手な朝日英司は、ある特別な思いから図書委員になる。一緒に業務をこなすのは、クラスの人気者で自由奔放な、月ヶ瀬ひかり。遠慮のない彼女に振り回される英司だが、ある時不意に、彼女が抱える秘密を知ってしまう。正反対なのに、同じ心の痛みを持つふたりは、“ある方法”で自分たちの本音を伝えようと立ち上がり――。ラストは圧巻!ひたむきなふたりが辿り着いた結末に、優しさに満ち溢れた奇跡が起こる……!図書室が繋ぐ、愛と再生の物語。




「(仮)桜の木の下で、最後の約束を /朝比奈希夜 (著)」




■本の内容
高2の涼は「医者になれ」と命令する父親に強く反発していた。自暴自棄で死にたいとさえ思っていたある日、瞳子と名乗る謎めいた女子に声をかけられる。以降なぜか同じクラスで出会うようになり、涼は少しずつ彼女と心を通わせていくと同時に、父親にも向き合い始める。しかし突然瞳子は「あの桜が咲く日、私の命は終わる」と悲しげに告げてーー。瞳子の抱える秘密とは? そして残りわずかなふたりの日々の先に待っていたのは?衝撃のラストに、狂おしいほどの涙!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]スターツ出版文庫/単行本 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/02/25】2月新刊のスターツ出版文庫(2/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「きっと夢で終わらない(仮) /大椛馨都 (著)」




■本の内容
友人や家族に裏切られ、すべてに嫌気がさした高3の杏那。線路に身を投げ出そうとした彼女を寸前で救ったのは、卒業したはずの弘海。3つ年上の彼は、教育実習で母校に戻ってきたのだ。なにかと気遣ってくれる彼に、次第に杏那の心は解かれ、恋心を抱くように。けれど、ふたりの距離が近づくにつれ、弘海の瞳は哀しげに揺れて……。物語が進むにつれ明らかになる衝撃の真実。弘海の表情が意味するものとは――。揺るぎない愛が繋ぐ奇跡に、感涙必至!




「君がいない世界は、すべての空をなくすから。 /和泉あや (著)」




■本の内容
母子家庭で育つ高2の凛。心のよりどころは、幼少期を過ごした予譽療腓如⊇蚓相手のナギと交換した勾玉のお守りだった。ナギに会いたい――。冬休み、凛は意を決して島へ向かうと、いつも一緒に居た神社に彼は佇んでいた。「凛、おかえり」小さく笑うナギ。数カ月前、不慮の事故に遭った彼は、その記憶も余命もわずかになっていて…。「ナギ、お願い、生きていて!」愛する彼のため、絶望の淵から凛が取った行動とは?圧巻のラストに胸打たれ、一生分の涙!




「だれかのための物語(仮) /涼木玄樹 (著)」




■本の内容
「私の絵本に、絵を描いてくれない?」――人付き合いも苦手、サッカー部では万年補欠。そんな立樹の冴えない日々は、転校生・華乃からの提案で一変する。華乃が文章を書いて、立樹が絵を描く。突然始まった共同作業。次第に立樹は、忘れていたなにかを取り戻すような不思議な感覚を覚え始める。そこには、ふたりをつなぐ、驚きの秘密が隠されていて……。大切な人のために、懸命に生きる立樹と華乃。そしてラスト、ふたりに訪れる奇跡は、一生忘れられない!




「京都祇園 神さま双子のおばんざい処(仮) /遠藤遼 (著)」




■本の内容
京料理人を志す鹿池咲衣は、東京の実家の定食屋を飛び出して、京都で料理店の採用試験を受けるも、あえなく撃沈。しかも大事なお財布まで落とすなんて…まさに人生どん底とはこのこと。だがそんな中、救いの手を差し伸べたのは、なんと、祇園でおばんざい処を切り盛りする、美しき双子の神さまだったからさあ大変!? ここからが咲衣の人生修行が開幕し――。やることなすことすべてが戸惑いの連続。だけど、神さまたちとの日々を健気に生きる咲衣が掴んだものとはいったい!?
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]スターツ出版文庫/単行本 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/01/23】1月新刊のスターツ出版文庫(1/28日発売)
公開日:2019/01/23

JUGEMテーマ:読書



「昼休みが終わる前に。/盒況暖 (著)」




■本の内容
修学旅行当日、クラスメイトを乗せたバスは事故に遭い、全員の命が奪われた。
ただひとり、高熱で欠席した凛々子を除いて――。5年後、彼女の元に校舎の取り壊しを知らせる電話が。
思い出の教室に行くと、なんと5年前の修学旅行前の世界にタイムリープする。
どうやら、1日1回だけ当時に戻れるらしい。
修学旅行までの9日間、事故を未然に防いで過去を変えようと奮闘する凛々子。
そして迎えた最終日、彼女を待つ衝撃の結末とは!?「第3回スターツ出版文庫大賞」優秀賞受賞作!




「秘密の神田堂 本の神様、お直しします。/日野祐希 (著)」




■本の内容
『神田堂を頼みます』――大好きな祖母が亡くなり悲しむ菜乃華に託された遺言書。
そこには、ある店を継いでほしいという願いが綴られていた。遺志を継ぐため店を訪ねた菜乃華の前に現れたのは、
眉目秀麗な美青年・瑞葉と……喋るサル!?さらに、自分にはある“特別な力”があると知り、菜乃華の頭は爆発寸前!!
「おばあちゃん、私に一体なにを遺したの?」…普通の女子高生だった菜乃華の、波乱万丈な日々が、今始まる。
「小説家になろう×スターツ出版文庫大賞」ほっこり人情部門賞受賞作!




「(仮)トゲトゲじかけのサボテンは優しく君をハグしたい /木戸ここな (著)」




■本の内容
いじめに遭い、この世に生きづらさを感じている“僕”は、半ば自暴自棄な状態で交通事故に遭ってしまう。
“人生終了”。そう思った時、脳裏を駆け巡ったのは不思議な走馬燈――“僕”にそっくりな少年・悠斗と、
気丈な少女・葉羽の物語だった。徐々に心を通わせていくふたりに訪れるある試練。
そして気になる“僕”の正体とは……。
すべてが明らかになる時、史上最高の奇跡に、涙がとめどなく溢れ出す。
第3回スターツ出版文庫大賞にて堂々の大賞受賞!圧倒的デビュー作!




「(仮)茜色の列車で、きみという名の蛍を探してる /涙鳴 (著)」




■本の内容
私はどこに行くんだろう――高2の千花は学校や家庭で自分を出せず揺れ動く日々を送る。
ある日、下校電車で蛍と名乗る男子高生と出会い、以来ふたりは心の奥の悩みを伝えあうように。
毎日4時16分から始まる、たった8分、ふたりだけの時間――。
見失った自分らしさを少しずつ取り戻す千花は、この時間が永遠に続いてほしいと願う。
しかしなぜか蛍は、忽然と千花の前から姿を消してしまう。「蛍に、もう1度会いたい」。
つのる思いの果てに知る、蛍の秘密とは?驚きのラストシーンに、温かな涙!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]スターツ出版文庫/単行本 | TOP↑ |