FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

【重要なお知らせ】
本日、1/11日からヨメレバ、カエレバの表示画像が、【amazon】から【楽天ブックス】に変わります。
11月新刊の宝島社文庫(11/7日発売)
投稿日:2019/10/09

JUGEMテーマ:読書



「珈琲店タレーランの事件簿6 コーヒーカップいっぱいの愛 /岡崎琢磨 (著)」 オススメ!

珈琲店タレーランの事件簿6 コーヒーカップいっぱいの愛 (宝島社文庫)

[amazon] [honto]


■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/10/03】10月新刊の宝島社文庫(10/4日発売)
投稿日:2019/09/03

JUGEMテーマ:読書



「 猫と竜 猫の英雄と魔法学校 /アマラ」




■本の内容
シリーズ累計20万部突破! コミカライズも重版続々の大人気シリーズ!

魔獣が跋扈する森の中。一匹の火吹き竜が、魔法を操る猫たちと暮らしていた。
竜は、この森で猫に育てられたのだ。
竜の寿命は長い。
兄弟猫はとっくに永い眠りに就き、しかし兄弟の仔は育ち、また新たな命が生まれる。
永きにわたり森の猫を守り育てる人間嫌いの竜を、猫は「羽のおじちゃん」と呼び、
人間は畏怖と敬意を込めて「猫竜」と呼んだ。





「不純文学 1ページで綴られる先輩と私の不思議な物語 /斜線堂有紀 」




■本の内容
[先輩が私を模したアンドロイドを作った]
[先輩がありとあらゆる内臓を売られてしまった]
[先輩と痛覚を共有していることに気がついた]

「私」と「先輩」の二人が織り成す、奇妙で不思議で、それでいて切ない掌編集。
すべてのお話が1ページで収まる分量でありながら、ページを捲るたびに独特の世界に引き込まれます。
1話1分で楽しめて、すぐに読めるのに、私と先輩の言葉やおかしな世界観が頭から離れなくなる――
不純文学。全120話掲載です。




「死亡フラグが立ちました! 超絶リアルゲーム実況殺人事件 /七尾与史」 オススメ!




■本の内容
シリーズ累計50万部突破の大人気「死亡フラグが立ちました!」シリーズ最新作がついに帰ってきた!

アメリカで行なわれたオンラインゲームの世界大会で、優勝を収めた美少女トッププロゲーマー。
表彰式に向かう途中、彼女は何者かに襲われてしまう。目が覚めると、そこは見知らぬ小屋。
有名なオンラインゲームの世界が完全に再現されていた。
周囲をうろついている殺人鬼からの攻撃をかわしながら、脱出を試みるが――。
一方、都市伝説の専門雑誌「アーバン・レジェンド」編集部では、岩波美里編集長が、
しがない都市伝説ライターの陣内トオルに檄を飛ばしていた。
廃刊を免れるため、「フェアチャイルド家」の特集を組むことを提案。
リアルに再現された人気バトル・ロイヤルゲームが、
フェアチャイルド家の運営する動画配信会社によって秘密裏に配信されているという。
その真偽を確かめるため、陣内は調査を開始する!




「北鎌倉の嘉風堂 裏路地神社の扇子屋さん /千早 朔 (著)」




■本の内容
北鎌倉が舞台のほっこりふしぎな和物語。

北鎌倉の細い裏路地。そこにあるのは小さな神社。
神社を隠すように覆いかぶさる竹林が、さらさらと風の音を立てる。

この神社は「嘉風神社」。

元々は風の神を祀っていたが、その神風の言い伝えが転じ、
今は「道ひらきの神」として信仰されている。

小銭を賽銭箱に放り込み、参拝客が向かうのは、
竹に飲み込まれてしまいそうな小さな社務所である。
その社務所の入口にかかっている看板には、
「嘉風堂」と店名がしたためられている。
この嘉風堂では神様の声が聞こえるという不思議な青年が
「神様の声を授ける扇子」を作っており、
その扇子の柄に込められた意味が、
今の自分にいちばん大切なことなのだという。

目立たないながら密かに評判を呼び、
悩める参拝客が日に数人はやってくる。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/08/05】8月新刊の宝島社文庫(8/6日発売)

JUGEMテーマ:読書



「猫付き平屋でひとやすみ 田舎で人生やり直します /黒田ちか (著)」




■本の内容
大好きだった彼女にプロポーズし、玉砕。
就職したデザイン会社では、業績をあげるも作品を上司に搾取されるようになり、退職。
そんな恋も仕事も全て失った天涯孤独な青年・勝矢。彼は人生をやり直そうと故郷に戻ることを決める。
故郷の人々の温かさに触れ、のんびりゆっくり過ごす中、小さい頃に一緒に暮らしていたが、
行方不明になっていた巨大猫・大さんが戻ってきた。
久しぶりの再会に喜ぶ勝矢だが、大さんにはなにやら秘密があるようで……。
人情あふれる人たちと優しい猫(?)による、心温まるほのぼのほっこり物語。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/07/03】7月新刊の宝島社文庫:宝島社文庫 このミス大賞(7/4日発売)

JUGEMテーマ:読書



「キラキラネームが多すぎる 元ホスト先生の事件日誌 /黒川 慈雨 (著)」 オススメ!




■本の内容
第17回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉作品
選考委員に「前例のない試み」(千街晶之)と言わしめた
キラキラネーム×学園ミステリー!


元ナンバーワンホストの皇聖夜こと上杉三太が、コネで小学校教諭に転職し、1年生の担任になった。
キラキラネームの子ども達に囲まれて学校生活をスタートした三太に、奇妙な事件が舞い込んできた。
近隣で植物や動物が傷つけられる事件が多発していて、学校生活にまで侵入してきたのだ。
さらに事件はエスカレートして……。
容疑者に三太のクラスの児童・ギフトが挙がり、三太は教頭からの指示で探りを入れていくが、思わぬ真相が待ち受ける!




「勘違い 渡良瀬探偵事務所・十五代目の活躍 /猫森 夏希 (著)」 オススメ!




■本の内容
第17回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉作品
江戸時代から続く福岡の探偵事務所の15代目・渡良瀬良平が
学校で起こるさまざまな事件を鮮やかに解決!


通夜のため実家に帰った八尋竜一は親戚の少女・久遠に「おじさんの思い出を教えて」と請われた。
小学生のときに起きた「サルスベリの木の下には死体が埋まっている事件」をきっかけに
クラスメイトの渡良瀬と、転校生の北川雪子と行動を共にするようになった八尋。
中学のときに起きた「通り魔事件」「はらジュエリー、ブローチ事件」「隠れ家と増水事件」と
思い出を色鮮やかに語っていく。話を聞いた久遠の導き出した物語の真相とは?




「千年探偵ロマネスク 大正怪奇事件帖 /囲恭之介 (著)」 オススメ!




■本の内容
「――さあ、知識の糸を紡ぎましょう」
その探偵、不老の少女。人魚の伝説と三十二年前の集団失踪事件
謎が渦巻く孤島で起きる連続殺人事件に挑む、怪奇ミステリー!


時は、大正8年。秦野財閥の四男・考四郎は父の命令で、あるものを得るために、
謎の少女・白比丘尼と共に、孤島で行われるオークションに参加することとなる。
<千年探偵>と呼ばれる彼女は、白い髪に萄茶式部姿で、自らを「人魚の肉を食べた不老の身」と言い、
童女のようなあどけなさと、老練な賢者の如き鋭さを併せ持つ、麗しき奇人で――。

人魚伝説の残る孤島で起きる連続殺人事件の謎に挑む、怪奇ミステリー!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/06/23】6月新刊の宝島社文庫(6/22日発売)
投稿日:2019/06/08

JUGEMテーマ:読書



「 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編 /武田 綾乃」 オススメ!




■本の内容
シリーズ累計150万部突破の大人気シリーズ「響け! ユーフォニアム」、いよいよ完結!!

部長=黄前久美子、副部長=塚本秀一、ドラムメジャー=高坂麗奈の新体制でスタートした北宇治高校吹奏楽部。
少々クセのある新入部員に加え、今年は強豪・清良女子からの転入生である三年生のユーフォニアム奏者、
黒江真由が入部したことにより、部内にまたもや波乱が巻き起こる。
はたして久美子たちは悲願の「全国大会金賞」を成し遂げることができるのか……?

京都アニメーションにより映画化された『劇場版 響け! ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』も
4月19日から公開中。人気の話題作です。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/06/05】6月新刊の宝島社文庫(6/6日発売)

JUGEMテーマ:読書



「 京都伏見のあやかし甘味帖 紫陽花ゆれて、夢の跡 /柏 てん、 細居 美恵子」




■本の内容
仕事&恋人を失ったやけっぱち生活に、大きな変化が!?
京都伏見の風情を、甘味とあやかしが彩る不思議な物語第4弾。


ひょんなことから面倒を見ることになった源義経と武蔵坊弁慶を連れて、
岩手県の平泉へと赴くことになったれんげ。
これを機に虎太郎の民泊を出ようと思っていたのだが……
平泉で待ち受けていたのは、またもやれんげの運命を動かす出来事だった。
甘味を愛する虎太郎の甘味日記も好評だけど、彼にも進路に関わる大きな変化が。
甘いだけじゃ終わらない、不思議物語の行方はいかに。




「泣ける!ミステリー 父と子の物語 /冲方丁 (著)」




■本の内容
父には秘密がある。思わず涙する、父にまつわる5つのミステリー集!

冲方丁「バイシクル」
父と自転車に乗る練習を続ける息子。やっと自転車に乗れたとき、父は我が事のように喜ぶ。
しかし、その喜びの裏には恐ろしくも悲しい計画があった。そのとき、息子は――。

岡崎琢磨「進水の日」
機関士の父が船を降り、転属する決断をした。ともに船の仕事に憧れる友人とも別れることになり、
憤慨する友人が取った不可解な行動の意味とは? そして、父の深い愛情とは?

里見蘭「神様のペテン師」
過去、詐欺師だった男の前に突然現れた見知らぬ少女。少女は男を「お父さん」と呼び、
お金を貸してほしいという。昔の仲間を呼び集め、男は一世一代の詐欺を画策する。

小路幸也「美女とお父さんと私」
私の父は、クソ面白くない講義をする大学教授。堅物で、とても真面目な人だ。
そんな父に、女生徒にセクハラをしたという疑惑が持ち上がり……。

友清哲「家に帰ったら」
とある夫婦が子どもを授かった。父になる決意を、男は固めるが……。
彼にはとんでもない大きな秘密があった。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/05/09】5月新刊の宝島社文庫:宝島社文庫 このミス大賞(5/10日発売)

JUGEMテーマ:読書



「俺、猫だけど夏目さんを探しています。 /白野 こねこ (著)」 オススメ!




■本の内容
第6回ネット小説大賞受賞作!
カバーイラストは「しかるねこ」で大人気のもじゃクッキーさんが書き下ろし。


俺は猫である。名前はあったような気もするが忘れてしまった。
俺にご飯を持ってくる役目の人間の女・夏目さんが、もう一週間も来ていない。
職務放棄とは不届きなやつだ。俺は仕方なく夏目さんを探しに街へ出ることにしたのだが―――。
一匹の野良猫と、その猫にえさを運ぶ謎の女性「夏目さん」。
一人と一匹の交流から始まった、街中を巻き込む珍道中! ほっこり笑ってちょっぴり泣ける猫物語。




「猫探偵はタマネギをかじる ニャーロック・ニャームズの名推理 /ヒロモト (著)」 オススメ!




■本の内容
応募総数、驚異の10,156作品の中から選ばれた、第6回ネット小説大賞受賞作です。

野良猫として流浪していたニャトソンは、鰹が丘という街で、理知的な猫・ニャームズと出会う。
彼はニャトソンが元家猫で、水嫌いであることを見事言い当てる。
それをきっかけに、ニャトソンはニャームズの飼い主・ハリモトフジンの家へとやってくる。
ニャームズは動物界の事件を解決しており、動物警察(ドーサツ)にも頼られる存在。
ある日犬のケーブから知らされたのは、野良犬の轢死事件だった。
話を聞くと、轢死体が徐々に移動しているらしく……。
実は、動物たちは、人間には知られていない独自の世界を構築しているのだが、そんな動物たちの目を通して見ると、人間の世界は複雑怪奇。当たり前のような出来事が事件になってしまう。人間と動物の関わりに、ドキッとさせられたり、ウルッとさせられたり。 クールなニャームズと、語り部のニャトソンが贈る、ユーモアたっぷりの動物ミステリー。




「絵に隠された記憶 熊沢アート心療所の謎解きカルテ /一色さゆり (著)」 オススメ!




■本の内容
絵画療法の第一人者・熊沢が営む「熊沢アート心療所」。
スクールカウンセラーを目指す大学院生・日向聡子は、インターンとしてやってきた。
なぜか飛行機に強い恐怖心があるサラリーマンや、スマートフォン依存に悩んでいる学生。
ユニコーンの絵ばかり描く少女と、認知症で自宅に帰れなくなった老女……。
さまざまな悩みを持つ人々の本心や過去を、彼らが描いた絵を通して熊沢が見抜き、解決していく。
さらに聡子は、自身の幼少期の記憶がないことに気づく。自身の過去を探る過程で、
とある謎に突き当たり――。隠された聡子の過去とは!?




「薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理 /塔山郁 (著)」 オススメ!




■本の内容
ホテルマンの水尾爽太は、医者から処方された薬を丹念に塗るも足の痒みが治まらず、人知れず悩んでいた。
薬をもらいに薬局に行くと、毒島という女性薬剤師が症状についてあれこれ聞いてくる。
そして眉根を寄せて、医者の診断に疑問を持ち……。
ホテル客室の塗り薬紛失事件に、薬の数が足りないと訴える老人、
痩身剤を安く売る病院など、毒島は薬にまつわる事件や謎を華麗に解決していく!
病院や薬剤師、薬への正しい向き合い方もわかる一冊です!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/04/15】4月新刊の宝島社文庫(4/17日発売)
投稿日:2019/04/06

JUGEMテーマ:読書



「 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編 /武田 綾乃」 オススメ!




■本の内容
北宇治高校吹奏楽部の活躍を描いた、人気青春小説シリーズの最新作。

久美子たちは三年生となり、部長=黄前久美子、副部長=塚本秀一、
ドラムメジャー=高坂麗奈の新体制で新・北宇治高校吹奏楽部は始動する。
またもや少々クセのある新入部員に加え、今年は強豪・清良女子からの転入生である
三年生のユーフォニアム奏者、黒江真由が入部したことにより、部内にまたもや波乱が巻き起こる。
はたして久美子たちは悲願の「全国大会金賞」を成し遂げることができるのか……?

4月19日からシリーズの映画『劇場版 響け! ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』も公開!
シリーズ累計145万部突破の大人気シリーズ、いよいよ完結編です。

| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/03/05】3月新刊の宝島社文庫 このミス大賞:宝島社文庫(3/6日発売)

JUGEMテーマ:読書



「今、死ぬ夢を見ましたか /辻堂ゆめ (著)」 オススメ!




■本の内容
井瀬は電車の中で、駅のホームから何者かに突き落とされて、親友の五味淵と共に死ぬ夢を見た。
隣に乗り合わせた女子高生・紗世は夢の内容を当て、
さらに自分も同じように電車に轢かれた夢を見たことがあると告白する。
電車で見た夢は必ず自分の身に起こると言う紗世の言葉通り、夢は次々と現実になり――。
紗世の制止を振り切り、井瀬は自分たちの死を回避すべく奔走する!




「菜の花工房の書籍修復家 大切な本と想い出、修復します /日野 祐希 (著)」 オススメ!




■本の内容
第6回ネット小説大賞受賞作品

進路に悩む高校3年生・三峰菜月は、
子供の頃に自分の大切な絵本を直してくれたおじいさんのことを思い出す。
そのおじいさん・豊崎俊彦は書籍修復家で、
破れたり汚れたりした本を直す仕事をしている職人だった。
そんな職業に憧れを持った菜月は、俊彦と再会したことで弟子入りを懇願するのだが、
彼は頑なに菜月を弟子にはしてくれなかった……。
「書籍修復家」という稀有な職業について描きながら、図書館の在り方や、
本を大切にする気持ちを湧き出させてくれる、お仕事青春ストーリー。




「きみがすべてを忘れる前に 笑わない少女と見えない友達 /喜多南 (著)」




■本の内容
二年前、目の前で発生した交通事故で親友・瑠璃を失った小谷桃花。
それ以来桃花は、幽霊となった親友が常にそばにいて、自分を守っている気配を感じるようになった。
存在は感じるのに、目には見えない親友。彼女にもう一度会いたい、言葉を交わしたい。
そんな想いを抱きながら高校に進学した桃花は、幽霊を見ることのできる男子生徒・結城クロと出会う……。
読書メーター「読みたい本ランキング」で1位を獲得した、『きみがすべてを忘れる前に』の続編が登場! 頑なに笑顔を見せない少女を待ち受ける、驚きの結末とは――。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/02/05】2月新刊の宝島社文庫:宝島社文庫 このミス大賞(2/6日発売)

JUGEMテーマ:読書



「筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 4 鎌倉の夜は、罪を隠さない /谷春慶 (著)」 オススメ!




■本の内容
鎌倉を舞台に、文字と書、人の想いにまつわる事件を描く大人気ミステリー、最新作です!

美咲との出会いを通して、徐々に変化していく清一郎。
毒舌は相変わらずだが、自身のトラウマを乗り越え、人との付き合いも前よりは積極的になってきていた。
美咲と清一郎の関係も次の段階へ進むかと思えた矢先――事件は起こった。
清一郎がハリネズミのように人を拒絶するに至ったもう一つの過去からの使者。
再び心を閉ざした清一郎に対して、美咲はどう動くのか?




「春、ひとり暮らし。隣に住むのはお姉さん。/森川 絵夢 (著)」




■本の内容
応募総数10,156作 第6回ネット小説大賞受賞作!! 急な両親の海外赴任で高校三年生になる春からひとり暮らしを始めることになった黒塚誠一郎。彼が住むことになったマンションの同じフロアには、秋田すずと野花茜……二人のお姉さんが住んでいた。慣れない新生活に、からかい上手な二人のお姉さん。手料理をおすそ分けしたり、家で一緒にごはんを食べたり……。新生活には新しいドキドキが詰まっていた。人目を引く容姿なのに自信がない誠一郎だったが、茜に読者モデルのバイトに誘われたことで、少しずつ自分を変えていく。すずと一緒に行ったオープンキャンパスでは、自分のやりたい音楽について考え始めて……。からかわれるだけじゃいられない、かわいい系男子とお姉さんのラブストーリー!




「人生写真館の奇跡 /柊サナカ (著)」




■本の内容
天国までの道の途中に佇む写真館。ここには、訪れる死者の人生が写真に収められ保管されている。
ここで死者は、人生を振り返りながら、自分が生きた年数だけの写真を選び、自らの手で走馬燈を作るのだ――。
そんな人生最後の振り返りの儀式を手伝うのは、写真館に来るまでの記憶をなくした青年、平坂。
九十二歳の老婆が選んだバスの写真、四十七歳のヤクザが選んだクリスマス・イブの写真、
そして七歳の子どもと笑顔を浮かべる青年の写真。

「たった一日ではありますが、過去に戻って、一枚だけ写真を撮り直すことができます」

と平坂は言い、訪れた死者をそれぞれの過去へと誘う。
記念すべき日のあの時に戻り、思い出の写真を撮り直しながら、彼らは人生の最期に何を想うのか。
そして平坂に訪れる、悲しくも優しい結末とは……。3つの物語が紡ぎ出す、感動のミステリー。




「盤上に死を描く /井上 ねこ (著)」




■本の内容
第17回『このミステリーがすごい! 』大賞・優秀賞受賞作です。大賞史上最年長者が描くシニア連続殺人事件!

71歳、無職の植田ツネが殺された。手には将棋の「歩」を握らされ、ポケットには「銀」を入れられて。
それから2週間後、75歳の高倉純江が殺された。遺体のそばには、「歩」があった。
愛知県警捜査一課の女性刑事・水野優毅は、所轄の佐田とコンビを組んで捜査を進めていたが、再び事件が起こる。
被害者に共通点が見いだせず、捜査は暗礁に乗り上げてしまった。そんななか水野は、あることに気づく……。
連続殺人事件の意外な繋がりが明らかになった瞬間、驚愕の真相が浮かび上がる。




「血腫 「出向」刑事・栗秋正史 /田村和大 (著)」




■本の内容
第16回『このミステリーがすごい! 』大賞・優秀賞受賞作『筋読み』の著者、受賞後第一作。

「脳に特定の三徴候が出た場合、その児童は被虐待児である」。
子どもの異変を見つけて病院に搬送した父親の堀尾雄次は、虐待を疑われて任意同行で警察に連れていかれた。
筑紫警察署生活安全課の細井は、警視庁にいた「出戻り」刑事・栗秋とともに事件にあたる。
しかし細井は、栗秋のとある過去から警察組織への謀反を疑い監視することを決めたが、徐々に彼に惹かれていき……。
揺さぶられっ子症候群にまつわる乳幼児用品メーカーと官僚の関係や、虐待の国際的背景を探りながら明かされる真実とは!?
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |