FANTASTIC倶楽部

新刊のライトノベル、ボーイズラブ、一般新書、一般文庫、コミックスの発売を紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ブログランキングならblogram
9月新刊の宝島社文庫(9/15日発売)

JUGEMテーマ:読書



「名前のない怪物 蜘蛛の聖餐 /黒木京也 」

■本の内容
未定


| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
9月新刊の宝島社文庫(9/5日発売)

JUGEMテーマ:読書



「異世界駅舎の喫茶店 小さな魔女と記憶のタル /Swind 」




■本の内容
未定




「図書館ドラゴンは火を吹かない /東雲佑 」




■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/08/03】8月新刊の宝島社文庫 このミス大賞(8/4日発売)

JUGEMテーマ:読書



「三度目の少女/宮ヶ瀬水」




■本の内容
第16回『このミステリーがすごい! 』大賞隠し玉作品は、ロジカルな謎解きが展開する幽霊×転生×本格ミステリー! 原因不明のトラウマで、他者を否定できなくなってしまった大学生・関口藍は、ゼミの担当教授に中学一年生の伊藤杏寿を紹介される。彼女は前世(都倉水奈)・前々世(神山木綿子)の記憶を所持して生まれてきた転生少女で、藍に生まれ変わりを防ぐ手助けをしてほしいというのだ。転生に関する情報を得るため、木綿子の生家を訪ねた藍たちは、その夜ポルターガイスト現象に遭遇する。翌朝、当主・神山昌一の毒殺死体が発見され、現場には「神山木綿子」という署名が残されていた。三十四年前、木綿子は何者かに殺害されたらしく……。




「八月のリピート 僕は何度でもあの曲を弾く/喜多南」  オススメ!




■本の内容
高校三年生の8月。
北沢鳴海は、自ら「最後のチャンス」と位置づけたピアノコンクール予選で落選した。
自分の才能の限界を痛感しながら、それでもピアノで高みに行くことを諦められない彼は、
コンクールが始まる前まで「時間を巻き戻す」能力を使うことを決意する。
時間を戻すために必要なトリガーは、かつてその才能の差を見せつけられた相手――
音楽の神に愛された少女、神崎杏子と会うことだった……。
何度も繰り返される夏の日の果てに待つ、驚きの結末とは――。




「本所憑きもの長屋 お守様/福田悠」




■本の内容
第16回『このミステリーがすごい! 』大賞隠し玉作品は、江戸が舞台の、人情味溢れる時代ミステリーです! 本所の徳兵衛長屋の奥には祠があり、そこには「お守り様」と呼ばれる人形が祀られていた。いつからか、「お守り様にお願をすれば恨みを晴らしてくれる」という噂が出回り、長屋に暮らす岡っ引きの甚八と、姉のおしのは驚く。そんなおり、町では辻斬りと思しき殺人事件が連続して起こる。甚八は、同一人物の犯行であると疑い調べていくなかで、被害者が強い恨みを買っていたことがわかる。さらに怨恨を抱く者たちが、天誅を願ってお守り様に参拝していたことを突き止める。そして甚八は、自分が子どもに頃に長屋で発生した事件を思い出して……。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/23】7月新刊の宝島社文庫 このミス大賞(7/25日発売)

JUGEMテーマ:読書



「君の思い出が消えたとしても 宝島社文庫 / 才羽楽」




■本の内容
『このミステリーがすごい!』大賞隠し玉として刊行、
“白いどんでん返し"で話題になった『カササギの計略』の著者が贈る、待望のデビュー後第一作!


思い出したくない過去の記憶に苛まれ、不眠症を患っている遠藤達也のもとに、
“思い出コーディネーター"を名乗る見知らぬ女性が現れる。
彼女は達也が1か月後の8月31日に死んでしまうことを告げ、
寿命を延ばすには思い出と引き換えにするしかないと説明した。
寿命と交換できる良い思い出がない達也に対して、彼女は自分と友達になり、
1か月の間に良い思い出を作ればいいと提案する。
やがて、思い出を作る過程で距離を縮めていく二人だったが、彼女には大きな隠し事があった――。
驚きの結末と切ない恋模様が心を打つ、感動のミステリー。




「骨董探偵馬酔木泉の事件ファイル/一色さゆり」




■本の内容
人間国宝候補とされる京都・鞍馬の陶芸家・西村世外。
その窯元で修業する早瀬町子はある日、世外が作り上げた、瑠璃色に輝く「曜変天目」に心を奪われる。
まるで器の中に宇宙を収めたような模様は、世界中で数点しか存在せず、製法不明の幻の器と同じだった。
世外は口外するなと強く言い、その直後、何者かに殺された。
幻の器をめぐる真実を、町子は保存科学のエキスパート・馬酔木と追う。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/04】7月新刊の宝島社文庫(7/4日発売)

JUGEMテーマ:読書



「時間遡行で学生時代に戻った僕は、妻の恋を成就させたい /鹿ノ倉いるか」




■本の内容
最後の1ページを読んだ時、その真実に涙する!
想いを胸に秘め、二度目の青春を「君」に捧ぐ――。


ある事情がきっかけで夫婦の間に溝が出来てしまい、離婚という道を選んだ綾人。
「自分がずっと妻を苦しめていた」という罪の意識に苛まれる綾人は、放心状態で車を運転し事故に遭ってしまう。
……目を覚ました綾人がいたのは、10年前の大学時代。
親友の駿稀、未来で妻となる帆乃里、そして彼女の友人である美妃。
青春を共に過ごした4人組の中で、かつて帆乃里が駿稀に片想いしていたことを知る綾人は、
「駿稀なら帆乃里を幸せに出来たはず」と考え、“2度目"の大学生活でその恋を成就させるべく奔走するが――?
決して伝えてはいけない、一途過ぎる“愛"。眩しさと切なさが溢れる青春ストーリー!




「お狐さまと食べ歩き 食いしん坊のあやかしは、甘味がお好き /八代将門」




■本の内容
第5回ネット小説大賞受賞作!

旧家の跡取り息子・八代将門の趣味は、ちょい渋め志向の食べ歩き。
東京の大学に入学し、心ゆくまでの趣味満喫に胸をときめかせていた八代。
が、その傍らには一人の謎の美女が……。
幼い頃のちょっとしたイタズラ心がとんでもない面倒事に発展し、八代の平穏な生活は一瞬でくずれさる。
東京の下町を舞台に、美味しいものさえあれば上機嫌なわがまま狐・玉藻に振り回される八代の、
駆け出し神使入門編! 八代の明日はどっちだ!?
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/06/05】6月新刊の宝島社文庫(6/6日発売)
公開日:2018/06/06 (最終更新日:2018/06/06)

JUGEMテーマ:読書



「静かの海 その切ない恋心を、月だけが見ていた 上/筏田かつら」




■本の内容
シリーズ累計23万部突破の『君に恋をするなんて、ありえないはずだった』の著者、デビュー作がついに文庫化!

内定を取り消され将来の不安に苛まれる大学生・行成と、引っ越してきたばかりで周りに馴染めずにいる小学生・マサキ。 それぞれの悩みを抱えるふたりは、偶然知り合ったのち、近所に住む歳の離れた友人として徐々に親交を深めていく。
しかし行成が「可愛らしい男の子」だとばかり思い込んでいたマサキは、実はれっきとした女の子だった。 マサキはそのことを打ち明けられないまま行成に恋心を抱き始めてしまい……。




「静かの海 その切ない恋心を、月だけが見ていた 下/筏田かつら」  オススメ!




■本の内容
シリーズ累計23万部突破の『君に恋をするなんて、ありえないはずだった』の著者、デビュー作がついに文庫化!

自分が女の子だということを言えないまま、近所の大学生・行成との友情を育むマサキ。
その小さな胸の中で生まれた恋心は、どうしようもないほどに膨らんでいた。
そんなマサキに中学受験と、行成との別離の日が近づいてくる。
友人関係や母親との軋轢に悩みながらも、彼女は自分の進むべき道を探していく。
そしてずっと隠していた秘密と、本当の想いを行成に告げようと決めるのだが……。
ままならない現実と、抑えきれない想い。淡く儚い、恋のゆくえ。

| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/05/25】5月新刊の宝島社文庫(5/28日発売)
公開日:2018/05/02 (最終更新日:2018/05/27)

JUGEMテーマ:読書



「異世界駅舎の喫茶店 /Swind (著)」  オススメ!




■本の内容
コミカライズ1巻が6刷の大重版! 大人気ファンタジー、待望の文庫化! <br> <br> タクミが目を覚ますと、乗っていた電車が蒸気機関車になっていた。
車窓はヨーロッパのような田園風景。クラシカルな姿の乗客。
終着駅で途方に暮れるタクミに話しかけてきた駅長によると、ここは異世界で、
まれに汽車が異なる世界の人間を連れてきてしまうらしい。
そしてタクミは、駅長の計らいで終着駅で喫茶店「ツバメ」を営むことになったのであった。
駅を乗り過ごしてしまった少女。
毎週一回、決まって駅を訪れる老人。
世界を飛び回る目利きの女実業家。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/05/07】喜多喜久|推理は空から舞い降りる 浪速国際空港へようこそ (宝島社文庫 このミス大賞)(5/8日発売)

JUGEMテーマ:読書



「推理は空から舞い降りる 浪速国際空港へようこそ/喜多喜久」  オススメ!




■本の内容
大人気「化学探偵Mr.キュリー」シリーズの著者による、空港を舞台にしたお仕事ミステリー!
新米航空管制官の藤宮つばさは、優秀な管制官だった叔母の真紀子に憧れ、一人前の管制官となるべく日夜奮闘している。
同期の情報官・戸神大地とともに、鳥が原因のエンジントラブルや、不定期に鳴り響く発信源不明の遭難信号、
外国要人専用機の離陸失敗事故など、空港で発生する様々なトラブルや謎を解決していく――。
果たしてつばさは、叔母が口にした「管制官に一番必要なもの」を見出すことができるのか。

| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/04/19】4月新刊の宝島社文庫(4/21日発売)

JUGEMテーマ:読書



「大須裏路地怪異帖 新米神主のあやかし酒場 /神凪唐州」  オススメ!




■本の内容
名古屋は大須。様々な文化がごった煮のように入り交じるこの街では、人と“人ならざるモノ"も隣り合わせで暮らしている……。
北野諒は、小さな神社の新米神主である。そして神社の裏にある昔ながらの長屋は、実は妖怪たちが住む「あやかし長屋」。
妖怪たちが「あやかしを見る力を持つ」諒を頼り、住み着いているのである。長屋には居酒屋が併設されており、夜は人間で賑わう。
神社を保つための大切な収入源だ。妖怪たちの面倒を見つつ神社の経営に奮闘する諒だが、妖怪たちは次々に面倒な問題を持ち込んで……!?




「ヴィジュアル・クリフ 行動心理捜査官・楯岡絵麻/佐藤青南」 オススメ!




■本の内容
相手のしぐさから嘘を見破る敏腕取調官が真実を暴く、40万部突破の人気シリーズ。
最新刊は初の長編です!


催眠商法で客から多額の金を巻き上げているという「ご長寿研究所」の店長が強盗殺人に遭った。
目撃者たちの証言から、未解決のままになっている綾瀬連続殺人事件の容疑者・一色亨が浮上する。
警察内部は色めき立つが警視庁捜査一課の楯岡絵麻は、犯人による記憶改ざんを疑う。
研究所の顧客に目をつけると、絵麻に行動心理を教え込んだ、恩師・占部亮寛の名前があった。
絵麻は占部を訪ねると、占部は心理を読み取られないよう抗不安薬を服用し――。
『このミステリーがすごい! 』大賞シリーズ。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/04/04】4月新刊の宝島社文庫(4/5日発売)

JUGEMテーマ:読書



「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話 /武田綾乃」 オススメ!




■本の内容
「響け! ユーフォニアム」のシリーズ作『波乱の第二楽章』が京都アニメーション制作で映画化!
山田尚子監督がみぞれと希美の物語を描きます

シリーズ累計135万部突破の人気青春小説の最新作が、シリーズのスピンオフ映画
『リズと青い鳥』(京都アニメーション制作)の上映に先立ち、ついに刊行!
あすか、香織、晴香、葵たちの卒業後の話や、奏、梨々花ら一年生たちの優雅な休日の過ごし方など
北宇治高校吹奏楽部の愉快でちょっぴり切ない日常が垣間見られる短編集になります。
優子の置き土産企画「アンサンブルコンテスト」では、チーム編成でまたもやひと波乱!?
優子、夏紀、希美、みぞれの卒業を描く「飛び立つ君の背を見上げる」、滝や新山たちの音大時代を
描いた「郷愁の夢」、卓也が東京に旅立つ日の様子を描いた「木綿のハンカチ」も必読です。




「天才詐欺師・夏目恭輔の善行日和 /里見蘭」




■本の内容
「俺たちは、カモから何かを奪ったりしない。向こうが喜んで差し出すよう、しかるべき心のツボを押してやるんだ」

かつて天才詐欺師としてその名を馳せた夏目は、突然目の前に現れた女子中学生・小春からとある依頼を受ける。
自分の娘だという小春からの頼みごととあって、久しぶりに動き始めた夏目だったが、次々と訳ありな依頼者たちが駆け込んできて……。
ある時はYouTuberと大人気ゲーム機の不正抽選の謎に迫り、またある時は裏カジノで結婚詐欺師を懲らしめる。
己のポリシーに忠実な天才詐欺師・夏目の正体は――ただの父親! ? 笑って泣ける、父と娘の連作短編集。




「浅草あやかし絵解き 怪異とグルメは飯のタネ/瑞山いつき」




■本の内容
舞台は浅草。あやかし絵を描く画家として知られる富嶽北斗は、幼い頃から人とは違っていた。
普通の人には見えない『何か』が、北斗の目には“見える"。
そして、その『何か』は描かれることで紙に宿る=吸引されるのだ。
穏やかに暮らしたい北斗だが、大学時代からの腐れ縁のミステリー作家・多喜沢や、
北斗と同じ力を持つ中学生の姪・美紗緒など、周囲には一風変わった面々が集まる始末。
浅草グルメを愛する多喜沢に連れられ、訪れた先々で北斗は不可思議な事件に巻き込まれ……!?
祓い屋画家の日常怪異ミステリー、開幕!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |