FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 
【honto発売日:2018/12/05】宝島社文庫|2018年12月刊ラインナップ (12/6日発売)

JUGEMテーマ:読書



「あやかし処の晩ノ飯 最後の晩餐、おもてなし/三崎いちの (著)」 オススメ!




■本の内容
ぼっちの浪人生・夜彦は、夕食を食べに出かけたその足で、山奥に迷い込んでしまう。あたたかな灯りに導かれ、辿りついた料亭の名は――「晩年亭」。そこは黄泉と現世の狭間で、死者に“思い出の料理”をふるまう店だった。「……って俺、死んでないし! ! 」人の“舌”を読んで味を再現する力を持つという、美貌の料理人・銀二と、素直な妹の美月に囲まれ、店の手伝いをすることになった夜彦だが、「晩年亭」には、死者&あやかし、様々な事情を抱えた客が訪れ―― 読むと大事なごはんの思い出がよみがえる、ほっこりグルメ物語。




「スープ屋しずくの謎解き朝ごはん まだ見ぬ場所のブイヤベース/友井 羊 (著)」 オススメ!




■本の内容
累計33万部突破の人気シリーズ第4弾!

早朝にひっそりと営業しているスープ屋「しずく」には、今日もさまざまな悩みや謎が舞い込んでくる。店主の娘・露の同級生が金縛りに遭い、さらには母親に幽霊が憑いている!? 「おばけがきえたあとにおやすみ」。カルガモのジビエをなぜか食べられない「野鳥の記憶は水の底に」。亡くなった大叔父が隠したらしいお宝を探す「大叔父の宝探し」。調理実習中に起きたスープ事件「まじわれば赤くなる」。理恵に転職の話が舞い込む!? 「私の選ぶ白い道」など、全5話。




「異世界居酒屋「のぶ」五杯目/蝉川 夏哉 (著),転 (カバーイラスト)」 オススメ!




■本の内容
シリーズ累計170万部突破! サンライズ&ぐるなびでアニメ化。BS11ほかにて10月からTV放映中です。

秋の深まってきた古都で、居酒屋「のぶ」はいつものように営業していた。お疲れ気味の参事会議長、幼馴染みを連れてきた宿屋店員の青年、食には興味がないという衛兵……そして、スランプに陥っている〈四翼の獅子〉亭の副料理長。今回も様々なお客が居酒屋「のぶ」を訪れる。運河の浚渫や商人を招いた晩餐会など、古都という街を見直す動きも活発になってきた。仕事が人と人を結び、疲れた身体が働いた後の一杯を求める。さぁ今晩も居酒屋「のぶ」の暖簾をくぐろう。




「総理にされた男/中山七里」 オススメ!




■本の内容
「しばらくの間でいい。総理の替え玉をやってくれませんか」
役者志望のプー太郎・加納慎策は、総理大臣に瓜二つの容姿を生かした精巧なものまね芸で、
近頃人気を博していた。
そんなある日、官房長官に極秘で呼び出された加納は、意識不明に陥っているという総理大臣の「替え玉」を頼まれ……。
国民の声が総理の姿で語られるとき、政治の世界は変わるのか?怒濤の展開に息を呑む、政治エンターテインメント!




「帝都メルヒェン探偵録/黒崎リク/ごま」 オススメ!




■本の内容
伝統とモダンが、新たな市民文化を花開かせる帝都。
ドイツ人の母を持つ華族の青年・千崎理人は、職を得ようと訪れたサロンで、謎の美少年と出逢う。
少年は、理人の望み――職と住まいを用意する代わりに、グリム童話に擬えた『名前当て』の賭けを持ち掛け……。
さらに「自分が事件を解決するから、『探偵』として表に立ってほしい」と頼むのだった。
華やかな昭和の初めを舞台に、理人は「少年助手を従えた美貌の探偵」として、様々な事件に巻き込まれていく。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/11/05】11月新刊の宝島社文庫 (11/6日発売)

JUGEMテーマ:読書



「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 / 志駕晃」 オススメ!




■本の内容
神奈川県警生活安全サイバー犯罪対策課の桐野良一は、あるPCの中から、死体で見つかった女の情報を探っていた。
そのPCは、世間を震撼させた「丹沢山中連続殺人事件」の犯人のものだった。犯人は、桐野にある取引を持ちかける――。
いっぽう、巨額の仮想通貨流出事件が発生。
セキュリティ会社で桐野の恋人・美乃里のもとに、ハッカーらしき男からコンタクトがあり……。

「スマホを落としただけなのに」続編!




「塩見崎理人の謎解き定理 丸い三角について/甲斐田紫乃」




■本の内容
大学の入学式へと向かう凜香は、道端で何やら猫に話しかけている美貌の男性を見かけた。
後に、その人物が変人揃いの哲学科でも有名な若き準教授・塩見理人と知る。
ある日、友人の消えたレポートを捜しに彼の研究室を訪れた凜香だったが、
理人はその説明の齟齬を次々と指摘してきて……?
「丸い三角、赤い緑。矛盾の解消が私の仕事だ」常識外れで機械音痴、知を愛する若き哲学者が、
言葉を疑い真理を読み解く――新たな哲学ミステリー!




「秩父あやかし案内人 困った時の白狼頼み/香月沙耶」 オススメ!




■本の内容
夢を諦め故郷の秩父に帰ってきた晴人。
落ち込む姿を見かねた姉の勧めで、晴人は秩父が舞台の映画ロケを手伝うことになる。
――が、肝心の脚本家が行方不明に!
彼を捜し、秩父の町を駆ける途中、晴人は不思議な白狼・ハクと出会う。
「小豆飯を寄越せ」「依り代なしでは動けない」とワガママを言うハクに、
オオカミの着ぐるみに入ってもらい探索を続けるなか、次々と起きる不思議な事件。
どうやら、あやかし達が“悩みを抱えた人々"に何かをしているようで!?
見習い案内人と、奔放な着ぐるみコンビ、力を合わせて秩父を平和に導きます!
優しさと温もり溢れるあやかし物語、ここに開幕!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/10/03】 10月新刊の宝島社文庫 (10/4日発売)

JUGEMテーマ:読書



「京都伏見のあやかし甘味帖 月にむら雲、れんげに嵐 /柏てん」 オススメ!




■本の内容
仕事も恋も失って、京都で人生休憩中の元社畜・小薄れんげ、29歳。
甘味マニアな大学生男子と、甘えん坊の子狐との共同生活は波瀾万丈かつ快適だったが、
古民家の契約期間はそろそろ終わりに近づいていて……。
このまま京都で生活するのか、東京に戻るのか、仕事は? 恋は?
悩み始めたれんげに新たなトラブル勃発! いったい、この赤ん坊はどこから来たの!?
子育てどころか、未婚のれんげはパニックの連続。悩む暇もなくなったれんげたちはどうなるのか?
あやかしと老舗甘味を巡る不思議な物語、第3弾!




「四月一日(わたぬき)さんは代筆屋 /桜川 ヒロ」




■本の内容
第5回ネット小説大賞「グランプリ」受賞作『妻を殺してもバレない確率』
の著者が贈る手紙と秘密と人間模様


あなたの想いを手紙にします――メールやメッセージアプリでの会話が当たり前になった現代。
あえて手書きの手紙にして伝えたいことは、何でしょうか……。
『筆の都』と呼ばれるところにある、一軒の代筆屋。
そこには、四月一日(わたぬき)さんという、ふくよかで可愛らしい男性がいる。
彼のそばには、お菓子づくりが得意なイケメンだけど、態度が悪いせいで不良にしか見えないヤコさんがいて、
隣には高校生の双子がやっている古い文具屋が並んでいる。
その代筆屋がいつからやっているのか知る者はいない。
看板も掛けられていないその代筆屋に来るのは、誰かに想いを届けたい人たちばかり。
これは、ちょっとだけ不思議な代筆屋さんを訪ねる、様々な人たちの物語。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/09/05】 宝島社文庫|2018年9月刊ラインナップ (9/5日発売)

JUGEMテーマ:読書



「異世界駅舎の喫茶店 小さな魔女と記憶のタル /Swind 」  オススメ!




■本の内容
不思議な世界の終着駅で喫茶店『ツバメ』を営む青年。個性豊かな料理が評判を呼び、今日も駅舎は満員御礼。
どうやら『ツバメ』を訪れる人には、料理にかかわる大切な思い出がある様子。新人駅員とおばあちゃんのカボチャ。
身寄りのない少女と思い出せない母親の料理。今日も『ツバメ』には、おいしい思い出がやってくる。




「図書館ドラゴンは火を吹かない /東雲佑 」  オススメ!




■本の内容
物語はあなたを待っていたのです――
語り部の紡ぐ、魔法のような美しいファンタジー

単行本未収録の新章を加えてついに文庫化!


森に住む魔法使いに拾われ育てられた少年ユカ。
14歳になったある日、彼は、育ての母たち魔法使いへの偏見を払拭するために、物語師を志して旅に出る。
その道中、ユカはリエッキという名の一頭のドラゴンと出会い、自身も魔法使いとしての覚醒を果たすが――。
やがて司書王と呼ばれることになる朗らかな少年と、魔法の力で人間の姿を得た意地っ張りな火竜の少女による感動のファンタジー。
『このWeb小説がすごい! 』で上位ランクインを果たした名作。美しい言葉と優しい人々が織り成す物語がはじまります。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/08/03】8月新刊の宝島社文庫 このミス大賞(8/4日発売)

JUGEMテーマ:読書



「三度目の少女/宮ヶ瀬水」




■本の内容
第16回『このミステリーがすごい! 』大賞隠し玉作品は、ロジカルな謎解きが展開する幽霊×転生×本格ミステリー! 原因不明のトラウマで、他者を否定できなくなってしまった大学生・関口藍は、ゼミの担当教授に中学一年生の伊藤杏寿を紹介される。彼女は前世(都倉水奈)・前々世(神山木綿子)の記憶を所持して生まれてきた転生少女で、藍に生まれ変わりを防ぐ手助けをしてほしいというのだ。転生に関する情報を得るため、木綿子の生家を訪ねた藍たちは、その夜ポルターガイスト現象に遭遇する。翌朝、当主・神山昌一の毒殺死体が発見され、現場には「神山木綿子」という署名が残されていた。三十四年前、木綿子は何者かに殺害されたらしく……。




「八月のリピート 僕は何度でもあの曲を弾く/喜多南」  オススメ!




■本の内容
高校三年生の8月。
北沢鳴海は、自ら「最後のチャンス」と位置づけたピアノコンクール予選で落選した。
自分の才能の限界を痛感しながら、それでもピアノで高みに行くことを諦められない彼は、
コンクールが始まる前まで「時間を巻き戻す」能力を使うことを決意する。
時間を戻すために必要なトリガーは、かつてその才能の差を見せつけられた相手――
音楽の神に愛された少女、神崎杏子と会うことだった……。
何度も繰り返される夏の日の果てに待つ、驚きの結末とは――。




「本所憑きもの長屋 お守様/福田悠」




■本の内容
第16回『このミステリーがすごい! 』大賞隠し玉作品は、江戸が舞台の、人情味溢れる時代ミステリーです! 本所の徳兵衛長屋の奥には祠があり、そこには「お守り様」と呼ばれる人形が祀られていた。いつからか、「お守り様にお願をすれば恨みを晴らしてくれる」という噂が出回り、長屋に暮らす岡っ引きの甚八と、姉のおしのは驚く。そんなおり、町では辻斬りと思しき殺人事件が連続して起こる。甚八は、同一人物の犯行であると疑い調べていくなかで、被害者が強い恨みを買っていたことがわかる。さらに怨恨を抱く者たちが、天誅を願ってお守り様に参拝していたことを突き止める。そして甚八は、自分が子どもに頃に長屋で発生した事件を思い出して……。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/23】7月新刊の宝島社文庫 このミス大賞(7/25日発売)

JUGEMテーマ:読書



「君の思い出が消えたとしても 宝島社文庫 / 才羽楽」




■本の内容
『このミステリーがすごい!』大賞隠し玉として刊行、
“白いどんでん返し"で話題になった『カササギの計略』の著者が贈る、待望のデビュー後第一作!


思い出したくない過去の記憶に苛まれ、不眠症を患っている遠藤達也のもとに、
“思い出コーディネーター"を名乗る見知らぬ女性が現れる。
彼女は達也が1か月後の8月31日に死んでしまうことを告げ、
寿命を延ばすには思い出と引き換えにするしかないと説明した。
寿命と交換できる良い思い出がない達也に対して、彼女は自分と友達になり、
1か月の間に良い思い出を作ればいいと提案する。
やがて、思い出を作る過程で距離を縮めていく二人だったが、彼女には大きな隠し事があった――。
驚きの結末と切ない恋模様が心を打つ、感動のミステリー。




「骨董探偵馬酔木泉の事件ファイル/一色さゆり」




■本の内容
人間国宝候補とされる京都・鞍馬の陶芸家・西村世外。
その窯元で修業する早瀬町子はある日、世外が作り上げた、瑠璃色に輝く「曜変天目」に心を奪われる。
まるで器の中に宇宙を収めたような模様は、世界中で数点しか存在せず、製法不明の幻の器と同じだった。
世外は口外するなと強く言い、その直後、何者かに殺された。
幻の器をめぐる真実を、町子は保存科学のエキスパート・馬酔木と追う。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/04】7月新刊の宝島社文庫(7/4日発売)

JUGEMテーマ:読書



「時間遡行で学生時代に戻った僕は、妻の恋を成就させたい /鹿ノ倉いるか」




■本の内容
最後の1ページを読んだ時、その真実に涙する!
想いを胸に秘め、二度目の青春を「君」に捧ぐ――。


ある事情がきっかけで夫婦の間に溝が出来てしまい、離婚という道を選んだ綾人。
「自分がずっと妻を苦しめていた」という罪の意識に苛まれる綾人は、放心状態で車を運転し事故に遭ってしまう。
……目を覚ました綾人がいたのは、10年前の大学時代。
親友の駿稀、未来で妻となる帆乃里、そして彼女の友人である美妃。
青春を共に過ごした4人組の中で、かつて帆乃里が駿稀に片想いしていたことを知る綾人は、
「駿稀なら帆乃里を幸せに出来たはず」と考え、“2度目"の大学生活でその恋を成就させるべく奔走するが――?
決して伝えてはいけない、一途過ぎる“愛"。眩しさと切なさが溢れる青春ストーリー!




「お狐さまと食べ歩き 食いしん坊のあやかしは、甘味がお好き /八代将門」




■本の内容
第5回ネット小説大賞受賞作!

旧家の跡取り息子・八代将門の趣味は、ちょい渋め志向の食べ歩き。
東京の大学に入学し、心ゆくまでの趣味満喫に胸をときめかせていた八代。
が、その傍らには一人の謎の美女が……。
幼い頃のちょっとしたイタズラ心がとんでもない面倒事に発展し、八代の平穏な生活は一瞬でくずれさる。
東京の下町を舞台に、美味しいものさえあれば上機嫌なわがまま狐・玉藻に振り回される八代の、
駆け出し神使入門編! 八代の明日はどっちだ!?
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/06/05】6月新刊の宝島社文庫(6/6日発売)
公開日:2018/06/06 (最終更新日:2018/06/06)

JUGEMテーマ:読書



「静かの海 その切ない恋心を、月だけが見ていた 上/筏田かつら」




■本の内容
シリーズ累計23万部突破の『君に恋をするなんて、ありえないはずだった』の著者、デビュー作がついに文庫化!

内定を取り消され将来の不安に苛まれる大学生・行成と、引っ越してきたばかりで周りに馴染めずにいる小学生・マサキ。 それぞれの悩みを抱えるふたりは、偶然知り合ったのち、近所に住む歳の離れた友人として徐々に親交を深めていく。
しかし行成が「可愛らしい男の子」だとばかり思い込んでいたマサキは、実はれっきとした女の子だった。 マサキはそのことを打ち明けられないまま行成に恋心を抱き始めてしまい……。




「静かの海 その切ない恋心を、月だけが見ていた 下/筏田かつら」  オススメ!




■本の内容
シリーズ累計23万部突破の『君に恋をするなんて、ありえないはずだった』の著者、デビュー作がついに文庫化!

自分が女の子だということを言えないまま、近所の大学生・行成との友情を育むマサキ。
その小さな胸の中で生まれた恋心は、どうしようもないほどに膨らんでいた。
そんなマサキに中学受験と、行成との別離の日が近づいてくる。
友人関係や母親との軋轢に悩みながらも、彼女は自分の進むべき道を探していく。
そしてずっと隠していた秘密と、本当の想いを行成に告げようと決めるのだが……。
ままならない現実と、抑えきれない想い。淡く儚い、恋のゆくえ。

| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/05/25】5月新刊の宝島社文庫(5/28日発売)
公開日:2018/05/02 (最終更新日:2018/05/27)

JUGEMテーマ:読書



「異世界駅舎の喫茶店 /Swind (著)」  オススメ!




■本の内容
コミカライズ1巻が6刷の大重版! 大人気ファンタジー、待望の文庫化! <br> <br> タクミが目を覚ますと、乗っていた電車が蒸気機関車になっていた。
車窓はヨーロッパのような田園風景。クラシカルな姿の乗客。
終着駅で途方に暮れるタクミに話しかけてきた駅長によると、ここは異世界で、
まれに汽車が異なる世界の人間を連れてきてしまうらしい。
そしてタクミは、駅長の計らいで終着駅で喫茶店「ツバメ」を営むことになったのであった。
駅を乗り過ごしてしまった少女。
毎週一回、決まって駅を訪れる老人。
世界を飛び回る目利きの女実業家。
| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/05/07】喜多喜久|推理は空から舞い降りる 浪速国際空港へようこそ (宝島社文庫 このミス大賞)(5/8日発売)

JUGEMテーマ:読書



「推理は空から舞い降りる 浪速国際空港へようこそ/喜多喜久」  オススメ!




■本の内容
大人気「化学探偵Mr.キュリー」シリーズの著者による、空港を舞台にしたお仕事ミステリー!
新米航空管制官の藤宮つばさは、優秀な管制官だった叔母の真紀子に憧れ、一人前の管制官となるべく日夜奮闘している。
同期の情報官・戸神大地とともに、鳥が原因のエンジントラブルや、不定期に鳴り響く発信源不明の遭難信号、
外国要人専用機の離陸失敗事故など、空港で発生する様々なトラブルや謎を解決していく――。
果たしてつばさは、叔母が口にした「管制官に一番必要なもの」を見出すことができるのか。

| comments(0) | trackbacks(0) | [一般文庫]宝島社文庫 このミス大賞 | TOP↑ |