FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 
【honto発売日:2020/04/01】4月新刊のソーニャ文庫(4/3日発売)
投稿日:2020/03/15

JUGEMテーマ:読書



「 野獣騎士の運命の恋人 /八巻にのは, 白崎小夜」




■本の内容
ティナの白い足を
愛でていいのは俺だけだ!


『野獣騎士』と恐れられる騎士隊長クレドは女性が大の苦手。
副官ティナはそんなクレドに想いを寄せていた。
しかし“ある夜"をきっかけに彼を諦めて騎士団を去り、
結婚相手を探すことを決意する。
男だと思っていた副官が実は女性だったと知りクレドはパニックに陥るが、
『隠れてティナの絵を描き散らす癖』は彼女への恋心によるものだと自覚する。
ティナの妹ルルの手助けで、
なんとかティナと二人で出掛けるようになれたものの、
初心すぎてキスすらできない有様で――。

女性が苦手な騎士団長×小柄で凛々しい(元)女騎士、純情こじらせ体格差ラブコメディ!




「 蜜獄愛 /富樫聖夜, 花村」 オススメ!




■本の内容
――君が憎い。私をただの男にした君が……。 

姉の元夫レヴィアスに恋をしていたセルレイナは、罪の意識に苛まれていた。
姉が彼を捨てて平民と駆け落ちするのを止められなかったばかりか、
姉がいなくなった夜、泥酔していた彼と結ばれてしまったからだ。
だがそれから一年後、セルレイナは戦地から凱旋したレヴィアスに
スパイ容疑で監禁されてしまう。
彼は、「検査」と称して彼女の身体を淫らに嬲り翻弄するが、
その冷徹な眼差しの奥には、あの夜と同じ、情欲の炎が滲んでいて……。

若き将軍×罪に囚われた令嬢、理性を壊す執着愛!
| comments(0) | - | [ティーンズラブ文庫]ソーニャ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2020/02/28】3月新刊のソーニャ文庫(3/2日発売)
投稿日:2020/02/16

JUGEMテーマ:読書



「悪人の恋 /荷鴣 (著),鈴ノ助 (絵)」




■本の内容
――俺からあなたを取り上げないでくれ……

家族を惨殺され、復讐の鬼と化した亡国の王子ルシアノ。
悪の限りを尽くし、ついには敵国の女王アラナのもとにたどり着く。
だが彼女は命乞いをするどころか、自身の死を願っていた。
興を削がれたルシアノは、強引にアラナを抱き、苦しませようとする。
しかし、ともに過ごすうち、憎しみは執着へと変わり、彼女との未来を望むようになり……。
彼女を生かすのは復讐のため。
そう言い訳をしつつアラナに溺れるルシアノだが、彼女は依然として死を望んでいて……。

復讐に狂う王子×死にたがりの女王、凄惨な過去に囚われたふたりの行く末は――!?




「孤独な女王と黒い狼 /春日部こみと (著),篁ふみ (絵)」 オススメ!




■本の内容
――酷いお方だ。俺の想いは必要ないと?

妖精のような可憐な外見とは裏腹に、豪胆で自由奔放な女王シャーロット。
彼女は変装をして偽名を使い、城下町である情報を集めていた。
そこで辺境伯の嫡子アルバートと出会う。
彼は継母に父親殺害未遂の濡れ衣を着せられ、故郷を追放されていた。
互いに素性を隠しつつ、惹かれていく二人。
やがて、切なくも甘い一夜を共にする。
けれど、女王が自由に結婚できるはずもない。
シャーロットはアルバートの幸せを願い、身を引こうとするのだが……。

不遇の貴公子×孤高の女王、絶対的な身分差に阻まれた恋の行方は――!?
| comments(0) | - | [ティーンズラブ文庫]ソーニャ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2020/02/01】2月新刊のソーニャ文庫(2/3日発売)
投稿日:2020/01/19

JUGEMテーマ:読書



「ソーニャ文庫アンソロジー 騎士の恋 /富樫聖夜 (他著),yoco (絵)」 オススメ!




■本の内容
ソーニャ文庫初のアンソロジー!

仮初の結婚、両片思い、身分差……
逞しくも美しい騎士に、一途に激しく愛される。
人気作家陣による、極上騎士の独占愛! 4編収録!

◆「残念姫」は騎士団長の腕の中(富樫聖夜)◆
姉の婚約者を密かに思い続けていた第四王女は、姉が他の男と密会しているところを見てしまい――!?

◆博愛騎士の激愛(秋野真珠)◆
失恋して自暴自棄になった侍女は、誰にでも愛想のいいナンパな騎士に、あるお願いをするが……?

◆わたくしは形だけの妻ですから(春日部こみと)◆
女王の命令に従い、憧れの騎士と結婚した侍女。だがこの結婚は仮初のものと思っていて……。

◆わたしの黒騎士(荷鴣)◆
国を滅ぼされ処刑される前夜、薄幸の姫は、戦場で行方知れずになった優しい騎士との幸せだった日々を思い浮かべ――。




「凶愛に啼く獣 /宇奈月香 (著),芦原モカ (絵)」




■本の内容
いやらしくて、綺麗で――穢したくなる

第一王子の妃候補に選ばれた嵐の夜。
伯爵令嬢エステルは義兄ジェラルドへの秘めた想いを遂げ身籠ってしまう。
侍女の策略でジェラルドから見放され、
激高した養父によって急遽、老富豪へ嫁がされて五年。
未亡人となり莫大な遺産を得たエステルは悪女と呼ばれるようになっていた。
そんなエステルの前に軍服を纏ったジェラルドが現れる。
ある事件の容疑者として地下倉庫に監禁されたエステルは
ジェラルドに清純な身体を執拗に嬲られ――。

傲岸不遜な軍人×貞淑な“悪女"、理性が灼き切れるほど獰猛な執愛。




「腹黒策士の溺愛ご隠居計画 /栢野すばる (著),アオイ冬子 (絵)」 オススメ!




■本の内容
――勉強不足の悪い子には実習が必要だろう?

2年間、なぜか離宮に幽閉されていたアシュリー。
落ちこぼれの33番目の皇女とはいえ、どうして自分だけ?
父皇帝に直談判すると、初めて任務を与えられる。
「田舎に引きこもっている宰相候補のレーニエを、帝都に連れ戻せ」というものだ。
レーニエはアシュリーのかつての個人教師で、ずっと会いたかった大好きな人。
喜び勇んで彼の説得に向かうアシュリーだったが……。
にこやかに微笑む彼に突然求婚され、“淫らなお勉強"までさせられて――!?

隠居中の若き宰相候補×みそっかす皇女、天才策士の執愛の罠!?
| comments(0) | - | [ティーンズラブ文庫]ソーニャ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/12/27】1月新刊のソーニャ文庫(12/28日発売)
投稿日:2019/12/14

JUGEMテーマ:読書



「モフモフ悪魔の献身愛 /山野辺りり (著),緒花 (絵)」




■本の内容
――あなたは私の獲物です。誰にも渡しません。

幼い頃に両親を失ったオリア。
そんな彼女を育ててくれたのは悪魔のノワールだった。
人間姿の時は恐ろしいほどの美形だが、普段は黒いモフモフ狼姿の彼。
対価を払えば何でも叶えてくれる、兄のような存在だ。
契約なんて関係なく、ずっと傍にいてくれたらいいのに……。
そう願いつつも、オリアは幼い頃に交わした契約の内容を思い出せずにいた。
「待てません。そろそろ私も限界です」
けれど、あるきっかけで二人の関係は淫らなものに変わっていき――!?

オカン系悪魔×お人好しの町娘、無自覚な独占愛!




「復讐の甘い檻 /最賀すみれ (著),ウエハラ蜂 (絵)」




■本の内容
――愛するわけではない。これは復讐の手段だ。

ルヴォー家の令嬢アイディーリアは、
政敵であるフォンタナ家の嫡子シルヴィオと惹かれあい、
ひそかに愛を育んでいた。
だが、ルヴォー家の陰謀によりフォンタナ家は粛清され、
シルヴィオも行方不明になってしまう。
それから五年、
罪の意識に苛まれる彼女の前に、
隣国の大公となったシルヴィオが現れる。
「おまえに許されるのは、俺の慈悲を乞うことだけだ」
愉悦の笑みを浮かべる彼に純潔を奪われたアイディーリアは、
それから毎夜、熱い欲望を穿たれて――。

復讐を誓う大公×贖罪に囚われた令嬢、引き裂かれた恋人たちは再び惹かれあう――
| comments(0) | - | [ティーンズラブ文庫]ソーニャ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/11/30】12月新刊のソーニャ文庫(12/2日発売)
投稿日:2019/11/17

JUGEMテーマ:読書



「queen(仮) /丸木文華 (著),幸村佳苗 (絵)」




■本の内容
――どうでもええ。俺には椿様がおればええ。

人魚の宝が眠るとされる『夜海島』。
その島の網元の娘・椿は、得体の知れない妾の子として、
島民の羨望と嘲笑とを同時に集めていた。
だが彼女には、逞しくも美しい“狂犬”が常に寄り添っている。
8年前島に流れ着き、椿によって助けられた記憶喪失の青年・潮だ。
閉鎖的な島で、椿は彼にだけ心を開き、彼も盲目的に椿を崇拝していた。
互いに恋情を抱きつつ、主従の関係を貫いてきた二人。
しかしある出来事をきっかけに、官能の深みにはまってゆき――。

寡黙な狂犬と妖艶な網元の娘の、明治純愛怪奇譚!




「俺様騎士の不埒な求婚(仮) /秋野真珠 (著),氷堂れん (絵)」 オススメ!




■本の内容
――満月の夜だぞ。夜這いするのは当然だろう?

恋愛関係になかったとはいえ、二度も婚約破棄をされたヴィクトーリア。
元婚約者の結婚式でやけ酒をし、厄介な男と情熱的すぎる一夜を共にしてしまう。
常に女性たちに囲まれている女たらしの騎士・レオナルトだ。
一夜の過ちで忘れるつもりだったのに、彼は翌日屋敷に押しかけ、結婚を迫ってくる。
彼の執拗かつ奇抜なアプローチに振り回されつつも、
その想いの強さにほだされていくヴィクトーリアだが……。
彼が彼女に近づいたのはある理由があって――!?

傍若無人な俺様騎士×恋を知らない令嬢、運命の“プリンセス"は絶対に逃がさない!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ文庫]ソーニャ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/10/31】11月新刊のソーニャ文庫(11/2日発売)
投稿日:2019/10/19

JUGEMテーマ:読書



「 地味系夫の裏の顔 /春日部 こみと、 涼河 マコト」 オススメ!




■本の内容
――逃げては駄目ですよ。これはオシオキなのですから。

匂いだけで人を当てられるほど
鋭い嗅覚を持つ公爵令嬢のイスラは、
周囲に馴染めず引き籠もりがち。
だが、不幸なハプニングにより、
王太子の近衛騎士・ノアと結婚することに!
『幽霊騎士』と揶揄されるほど存在感のない彼。
けれど、ノアは決してイスラの嗅覚のことを
気味悪がったりはしなかった。
そんな彼に惹かれていくイスラだが……。
迎えた初夜、ベッドの上の彼は普段の地味さから一変、
まるで別人のように雄の色気ムンムンで迫ってきて――!?

影の薄い『幽霊騎士』は、ベッドの上ではケダモノでした!?




「 お義兄様の籠の鳥 /市尾 彩佳、 駒城 ミチヲ」

 お義兄様の籠の鳥 (ソーニャ文庫)

[amazon] [honto]


■本の内容
――待っておいで、君はもうすぐ私のものになる。

田舎の修道院で貧しくも清らかに育ったアンジェは、
突然、義兄と名乗るヘデン侯爵クリストファーに引き取られる。
神々しいまでに美しい義兄に溺愛されるうちに
徐々に心惹かれていくアンジェ。
だが、血が繋がらないとはいえ世間では近親婚は禁忌。
思い悩み距離を置こうとする彼女を、クリストファーは激しくかき抱く。
「君が好きなんだ。この憐れな義兄を助けてくれ……」
執拗に愛撫され何度も彼を受け入れるうちに、
アンジェの倫理観もやがて崩れ去り――。

完全無欠の若き侯爵×純真無垢な義妹、背徳と策略が少女をからめとる――
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ文庫]ソーニャ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/10/01】10月新刊のソーニャ文庫(10/3日発売)
投稿日:2019/09/19

JUGEMテーマ:読書



「背徳騎士の深愛(仮)/なかゆんきなこ (著)」




■本の内容
――今はまだ、あの男の代わりでいいから……。

憧れの騎士と政略結婚をしたレティーシャ。
だが彼はレティーシャを抱く気になれないと、
初夜の契りを交わさぬまま赴任地に戻ってしまう。
夫の無事を祈り、待ち続ける彼女だが、
ある日、彼の部下シーザーに夫の訃報を届けられる。
さらには、夫の愛人を名乗る女とその息子も現れて……。
「俺なら、あなたを悲しませたりしないのに」
傷つき自暴自棄になったレティーシャは、
女としての自分を必要としてくれるシーザーに縋り、
ついには一線を越えてしまい――。

一途な騎士×薄幸の未亡人、逃れられない背徳愛。




「宮廷の愛人(仮) /御堂志生 (著)」




■本の内容
――愛ではない。私はただ、君の躰がほしいだけだ。

没落令嬢のクロエは、病気の母親のため、高級娼婦の道を選ぶ。
初めての相手は国王の賓客で武器商人のミハイル。
クロエより一回りは年上のはずなのに、驚くほどに若々しい美貌を持つ彼。
クロエはじっくりと時間をかけて初心な躰を開かれて、極上の快楽に溺れていく。
「愛してるよ、可愛いクロエ」
それは、彼がこの国を去るまでの仮初の言葉。
わかっているのに惹かれる気持ちを止められない。
だが彼がクロエに近づいたのは、ある目的のためだった――!?

謎を秘めた武器商人×純朴な高級娼婦、仮初の恋が永遠の愛に変わる時――。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ文庫]ソーニャ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/08/29】9月新刊のソーニャ文庫(9/2日発売)
投稿日:2019/08/09

JUGEMテーマ:読書



「腹黒御曹司は逃がさない(仮) /月城うさぎ 氷堂れん」 オススメ!




■本の内容
――僕の愛を受け入れて。

清華妃奈子には、忘れたい男がいた。両親の離婚を機に自分の後見人となった、10歳年上の御影雪哉だ。妃奈子の淡い初恋の相手でもある彼。しかし、優しい笑顔の奥に潜む男の欲望を知った妃奈子は、逃げるようにして彼のもとを離れた。早く結婚相手を見つけ、彼から自立したい。そう思い、出会いを求める妃奈子だったが――。「僕を嫉妬で狂わせるつもりですか」? 仄暗い笑みを浮かべた雪哉に押し倒されて、淫らなキスをしかけられ……。“幼馴染みのお兄ちゃん"の重すぎる愛!




「竜王様は愛と首輪をご所望です(仮)/八巻にのは 成瀬山吹 」




■本の内容
「俺の姿は気にいったか」?恐ろしいほどの美丈夫(全裸!)を前に、カルディアは唖然としていた。魔女の血を引く彼女は、小さくて不格好な竜のオルテウスと『番の儀式』をした。番になれば絆が強まりずっと一緒にいられるからだ。けれど、初めて人の姿に変身した彼は予想外のイケメン!「俺はお前だけに触れたいんだ」 熱い眼差しを向けられ、優しい愛撫で蕩かされ、彼と甘い一夜を過ごすカルディア。だが彼は、亡くなったはずの前竜王かもしれなくて――!?オレ様ワンコな(元)竜王×落ちこぼれ魔女、異種間ラブコメディ!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ文庫]ソーニャ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/08/01】8月新刊のソーニャ文庫(8/3日発売)
投稿日:2019/07/06

JUGEMテーマ:読書



「恋が僕を壊しても /栢野すばる (著),鈴ノ助 (絵)」




■本の内容
――君のためなら、命も誇りもすべてを捨てる。

悪神の呪いと恐れられる致死率の高い疫病――リゴウ熱。
その治療剤の製造者であるイナは、森の奥で王太子リィギスと出会う。
過酷な環境で育てられたイナと、
生来の容姿ゆえに『呪いの王子』と忌避されているリィギス。
孤独な二人は惹かれあい、儚い逢瀬で恋を育んでいく。
「可愛い、全部可愛い、僕のイナ……」
誠実で優しいリィギスに甘く情熱的に抱かれ、
深い愛と快楽に溺れていくイナ。
けれど彼女には、リィギスには言えない残酷な秘密があって……!?

清廉潔白な“呪いの王子"×死期が迫る少女、絶望で歪んだ純愛の行方は……?




「血の呪縛/富樫聖夜 (著),さんば (絵)」 オススメ!




■本の内容
――大丈夫。君は何も考えなくていいんだよ。

政略結婚から6年後、夫の死により祖国へ戻されたニナリーナは、
元婚約者で幼馴染みの従弟・エリアスに求婚される。
けれど彼は今や国王。
肉体関係はなかったとはいえ、結婚歴のある自分は王妃にふさわしくない。
彼への想いを隠して断るニナリーナだが――。
「許すわけがないだろう? 僕以外の男のモノになるなんて」
歪んだ笑みを浮かべたエリアスに組み敷かれ、純潔を奪われたニナリーナは、
激しく嬲られながらもほの暗い悦びを感じていて……。

冷酷で一途な青年王ד血の呪い"に囚われた姫、淫らで甘美な執着愛!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ文庫]ソーニャ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2019/07/01】7月新刊のソーニャ文庫(7/3日発売)
投稿日:2019/06/19

JUGEMテーマ:読書



「 魔女は紳士の腕の中 /山野辺 りり、 幸村 佳苗」 オススメ!




■本の内容
――君が魔女なら、僕は喜んで堕落する。

幼い弟を庇い、継母からの虐待を一身に受けるクリスティナは、
不貞を働く継母と司祭に嵌められ、
魔女として地下牢に囚われてしまう。
だがそこへ、初恋の人・イシュトヴァーンが現れる。
かつて突然、連絡を絶った彼。
7年ぶりの再会に、
クリスティナは継母たちの罠ではないかと訝しみ、
彼を拒絶するのだが――。
「君の身体を確かめて、魔女じゃないことを証明してあげる」
妖艶に微笑むイシュトヴァーンに牢から連れ出され、
強引に純潔を奪われて……!?

誠実な伯爵令息×囚われた令嬢、失われた初恋の行方は――!?




「 下僕の執愛 /桜井 さくや、 芦原 モカ」




■本の内容
――好きです……好きです……ずっとあなたが好きでした。

公女ステラは、生真面目で優しい従者のルイに、
密かに想いを寄せていた。
けれど、彼女はいずれ公国を継ぐ身。
叶わぬ恋だと諦めるしかなかった。
だがある日、隣国の公子に城を急襲されてしまう。
ルイに守られ、なんとか逃げのびたステラだが、
彼が怪我を負ってしまっていて……。
熱に浮かされる彼に、口移しで薬を飲ませるステラ。
すると突然、ルイは人が変わったかのように、
情欲を孕んだ眼差しでさらなるキスをねだり、
情熱的な愛撫を施し始め──!?

実直な従者×一途な姫君、下僕の仮面に隠した恋!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ティーンズラブ文庫]ソーニャ文庫 | TOP↑ |