[BL文庫]シャイ文庫

【honto発売日:2017/04/04】4月新刊のSHY文庫(4/6日発売)

JUGEMテーマ:BL小説



「愛欲スイッチ/西野花 陸裕千景子」





[amazon] [honto]

[楽天ブックス]


■本の内容
童貞なのにハレンチな自慰動画を配信するネットアイドルだった依泉は、
その秘密を暴いた義兄・史郎に本当のセックスを教えてもらった。
そんな絶倫でテクニシャンな史郎と、夜ごと身も心もすみずみまで
愛されまくる同棲生活を送る依泉だったけれど、
突然母から見合いを押しつけられ、彼にまた秘密を持つことに。
そして言い出せないまま、史郎に「同好の士」が集まる別荘に誘われて……。
見られると余計感じちゃう依泉は男たちの淫靡な視線に胸が昂ぶり──!?
[BL文庫]シャイ文庫

【honto発売日:2016/04/04】4月新刊のSHY文庫(4/6日発売)

JUGEMテーマ:BL小説


「或いは、愛咬。/笹原にしき 奈良千春/画」





[amazon] [honto]

[楽天ブックス]


■本の内容
白皙の美貌を持つ神鬼組若頭補佐・浮田の目下の悩みは、
警視庁捜査一課の椿がなにかと絡んでくることだ。
ある日、いつものようにちょっかいを出してくる椿を軽くあしらっていたところ、
突然椿に首筋を咬まれ、襲われてしまう。
椿がなぜ自分を抱きたがるのか、理由がわからず苦悩する。
そんな折、ある事がきっかけで浮田は敵対していた犬丸組の
卑劣な罠にかかってしまい…。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  


[BL文庫]シャイ文庫

【honto発売日:2016/02/04】2月新刊のSHY文庫(2/8日発売)

JUGEMテーマ:BL小説


「俺のせいにしちゃいなよ/コウダ ユキハ、 高星 麻子」





[amazon] [honto]


■本の内容
今から上月さんを、その人だと思って口説いてもいい?

上月しぐれは嘘が大嫌いで苦労性な研究所の事務職員だ。
ふとしたきっかけで上月は羽賀郡司の親友・前河と親しくなった。
羽賀は「神の申し子・孤高の天才」と称される研究者でノーベル賞にもっとも近い男と言われている。
常にマスクをしているのに、容姿端麗と言われ謎に包まれた彼はいつも職場で噂の的だ。
前河となにげなく交わす会話も羽賀のことばかり。
だが、その時間がとても楽しみになっている自分に気づく。
そんな折、誤解が誤解を呼んで、上月は羽賀からひどい仕打ちを受けてしまい!?



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
[BL文庫]シャイ文庫

【honto発売日:2015/12/03】12月新刊のSHY文庫(12/7日発売)

JUGEMテーマ:BL小説


「しゃあないヤクザと毘沙門天/馳崎 ル子、 稲荷家 房之介」





[amazon] [honto]


■本の内容
山一組光堂会若頭・東道庵が出所することを知った彫師・朝比奈杏は
四年ぶりの再会に心中、穏やかではいられない。
庵が刑に服すと伝えにきたとき、一度だけキスをしたからだ。
魔がさしたのか、突き動かされたのか──。
杏が初めて男を知ったのは、労い彫りという技で刺青を彫られたときだ。
彫師を目指し彫誓仁に弟子入りしたときから爛れた生活を余儀なくされた。
だが、そんな関係もある日を境にあっさりと終わった。
愛ではなかった。情かと聞かれたら、そうかもしれない。
だからこそ庵の想いに応えることはできない。
でも庵に見つめられるだけで心はざわつき……。




「花霞の夜は明ける/高那 シキ、 ロッキー」





[amazon] [honto]


■本の内容
冬の気配残る、春の初め。夜の公園。篠宮景は、まだ花びらも纏っていない桜の木をただ静かに眺める同じ営業部の後輩・柏木秋斗を見かけた。会社では、周りと馴染まず笑った顔なんて見たことがないのに、こちらを振り向いた柏木は別人のように穏やかに微笑んでいた。──あなたと話せる日がくるなんて、思っていなかった。この日から、同じだけど違うふたりの柏木に翻弄される篠宮。興味が好意になりお互いを意識するなか、二十年前に起こったある事件の秘密が明かされて……



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  


[BL文庫]シャイ文庫

【honto発売日:2015/10/03】10月新刊のSHY文庫(10/6日発売)

JUGEMテーマ:BL小説


「手品師は口上で愛を囁く/万里 なお、 小椋 ムク」





[amazon] [honto]


■本の内容
橘優作、25歳。人生に絶望し自ら命を絶とうとした夜、無職・借金・不能・きみより僕のほうが不幸だと言う、貧乏くさいのに不思議な魅力ある男と出逢い、その人の家に居候することに? 最初は浮世離れしたへんてこなおっさんだと思ってた。だけど次第に、優しくてあたたかいあのとろける笑顔を見ると、綺麗な指先に触れられることを想像すると、優作の心はそわそわする。ある雨の降る夜、その人は見たことのない表情で優作にキスしてきて──!?



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  


[BL文庫]シャイ文庫

【honto発売日:2015/08/04】8月新刊のSHY文庫(8/6日発売)

JUGEMテーマ:BL小説


「ラ・エティカの手紙/名嘉 あいか、 yoco」





[amazon] [honto]


■本の内容
その日、岸和薫は幼なじみと十年振りに再会した。
デザインの依頼を受けて訪れた製薬会社に彼、新開健祐はいたのだ。
青春時代を一緒に過ごし、ある日を境に友達のラインを超えた。
そんな関係が続くことが怖くなり、高校卒業とともに健祐から逃げるよう上京した薫は、
十年経っても変わらず好意を寄せてくる健祐を拒絶するのだが……?




「カモミール・ラプソディ/月乃 かりん、 高崎 ぼすこ」





[amazon] [honto]


■本の内容
ずっとおれを見てただろ?
高原のリゾートでベルボーイを勤める山吹日和は、毎夏バカンスに訪れる客・鳴沢一也に惹かれていた。
均整のとれた体躯、優雅だが堂々とした仕草、少垂れ目がかった目元に色気がある危険な男。
だけど住む世界の違う人だと思っていた。
ある日、鳴沢の部屋に招き入れられた日和は、低い囁きに抱き込まれ・・・
ホテルグランドテラスキタノを舞台に、ひと夏の恋がはじまる!!



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  


[BL文庫]シャイ文庫

【honto発売日:2015/06/04】6月新刊のSHY文庫(6/8日発売)

JUGEMテーマ:BL小説


「愛のカタチは言葉にできない/廣瀬 航、 奈良 千春」





[amazon] [honto]


■本の内容
通信社の香港支部で特派調査員として働く樋口慧は高校時代、ある事情から香港の留学生・李煌に逆らえず性的調教をされていた。だが李煌はしだいに慧に惹かれていき、慧もまた李煌に想いをよせていく。そんな折、突然、李煌は自国に帰り音信不通になってしまう。決死の覚悟で「好きだ」と告げた慧の唇を貪るだけ貪り「大っ嫌いだよ」と告げて……。それから8年、七夕の日にふたりは再会を果たすのだが──。




「推定恋罪/菊市 香、 水名瀬 雅良」





[amazon] [honto]


■本の内容
管轄区内で殺人事件が発生。
キャリアで新人の主任・海崎健が現場に出るには条件があった。
経験豊富な叩き上げの刑事・依川陽向とバディを組むことだ。
だが依川は開口一番、健のことを「クール・ビューティ」と呼び
バカにした態度を隠そうともしない。
冷徹な仮面をかぶり平静を装う海崎だが、
「あんたが欲しくなった。媚薬を盛ってでも抱く」と
会ったその日に宣言されて…。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  


[BL文庫]シャイ文庫

【honto発売日:2015/04/06】4月新刊のSHY文庫(4/6日発売)

JUGEMテーマ:BL小説


「イヌネコワンダフル/萩原 でこ」





[amazon] [honto]


■本の内容
深夜のアルバイトから帰ってくると、
俺の家の前に生まれたままの姿でM字開脚を披露してる爆睡中の男がいた。
誰だお前!?
警察に連行してもらって終わり!そう思っていたのに、まさか全裸男も同じ大学に通っていたなんて。
リア充とは関わりたくない猫田にどんどん距離を縮めてくるイヌ緒。
な、なんなんだよ、なんなんだよお前!!
気づけば押し倒され、気づけばキスされ、気づけば・・・
もう俺に構わないでくれよ!!
ドSワンコ×ドMにゃんこの追いかけっこラブ!!




「叶わない、恋をしている/凪良 ゆう」





[amazon]  [honto]


■本の内容
事故で両親が他界し、片岡志貴は大学を辞め、昼は会社勤め夜はバイトをして三人の弟を育ている。
頑張らなければと思う反面、徐々に身も心も疲弊していく。
そんな折、志貴はバイト先で知り合った神谷にある提案をもちかけられる。
それは、援助と引き換えに亡くなった恋人・暁の身代わりとして傍にいることだった。
恋をしてはいけない、寝てもいけない、それが暗黙のルール。
わかっていたはずなのに、神谷に惹かれていく自分を抑えることができず、
越えてはいけない一線を越えてしまい・・・
書き下ろしを加え、待望の文庫化!!



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  


[BL文庫]シャイ文庫

【honto取扱開始日:2015/02/05】2月新刊のSHY文庫(2/6日発売)

JUGEMテーマ:BL小説


「さいはてのゆき/いちか凛 (著), 木下けい子 (画)」





[amazon] [honto]


■本の内容
十五歳の夏、渓は兄のように慕っていた貴之への恋を意識して、拒絶された。
その冬、貴之は渓の前から去っていった。
それから三年──。
祖父の山小屋を継ぐことになった渓の前に、
何事もなかったかのように、再び貴之が現れた。
大切なひとをもう失いたくない、
その思いから弟のように振る舞うことを決意する渓だったが、
腕が触れるたび、目が合うたび、意識してしまうのは止められなくて!?
兄と弟のような関係から恋人になるまでを描いた
期待の新人・いちか凛、デビュー作登場!!



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ