FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 
【honto発売日:2018/12/14】12月新刊の星海社FICTIONS(12/16日発売)

JUGEMテーマ:読書



「大正地獄浪漫 2 /一田 和樹、 江口 夏実」




■本の内容
邪悪を以て悪党を制す!!
猟奇思想犯(サイコ)VS超常的知能者(サイコ)の大乱闘!


少女が消える展望塔「凌雲閣」、連続轢死事件――怪奇事件の裏に、帝都を揺るがす危険思想あり。
本の眷属と特殊脳犯罪対策班「ゲヒルン」が邂逅するとき、帝都は粛正の炎に包まれる!




「沙耶の唄 /大槻 涼樹、 虚淵玄(nitroplus)」 オススメ!




■本の内容
「なぜ―僕なんだ?」
「それはね、あなたがひとりぼっちだから」


不幸な交通事故により家族を失った青年・匂坂郁紀。奇跡的に一命を取り止めた彼には、目に映るものすべてが形を変え、醜く歪んでしまう不思議な後遺症だけが残った――
そんな郁紀の世界に突然現れたのは、うつくしい少女。「沙耶」と名乗る彼女の存在は、郁紀の汚穢に塗れた日常を美しい色に染めていく。彼にとって、それはただ一筋の光だった……。
発売から15年、今なお霞むことなく高い評価を受け続けてきた虚淵玄(Nitroplus)原作の伝説的ゲーム作品『沙耶の唄』を、ノベルゲーム界の先駆者・大槻涼樹×不変の担当イラストレーター・中央東口が甦らせた、初のノベライズ作品!




「 ワールド・インシュランス(3) /作: 柴田勝家 画: しおん 」




■本の内容
カインが香港のオークション会場で思わぬ再会を果たした旧友ウィリアム・グランディ、彼は数年の間に、英国を代表するテクノロジー企業N5社(ノーベンバー・フィフス)の社長となっていた。汎用型量子コンピュータを用いたAI・ソロモンを爆発的に普及させつつあるウィリアムから持ちかけられたのは、“自分が自分に殺された時のための保険”……。
イートン校時代の陰鬱な日本人サエキ・ケイ(カイン)、そして永遠に喪われた恋人・イライザ――過去と現在が交錯し、それは未来を破滅に陥れる世界保険計画(ワールド・インシュランス)として発動する。わずかな遺った生命の灯火を燃やし尽くし、カインはベティの手を取る。それは、過去との決別でも、ましてや贖罪でもない。すべては、“最高の誠意”のために――。新・星雲賞作家が放つ新たなる代表作、ここに堂々完結!




「マージナル・オペレーション改 06 /芝村 裕吏、 しずま よしのり」 オススメ!




■本の内容
友人を殺し、戦には勝った。
だが、勝利が生んだ結果は、ミャンマー政府の大幅な戦線縮小と、それに伴う広大な無法地帯の出現だった。
突如出現した政治的空白地帯に、アメリカ、中国、日本、タイ……諸国の思惑が複雑に絡み合う。
かつてアラタを窮地に陥れた“レインボー会議”による呼び出し、“国益”のもとに二〇式(フタマルシキ)自動歩兵――「まめたん」を投入する日本政府……。
国際政治という次なる戦場で、アラタはいかに戦うのか。
芝村裕吏xしずまよしのりが贈る大ヒットシリーズ、急迫焦眉の第六弾――!

| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
1月新刊の星海社FICTIONS(1/16日発売)

JUGEMテーマ:読書



「13の理由 新装版 /ジェイ・アッシャー、 横槍 メンゴ」

13の理由 新装版 (星海社FICTIONS)

[amazon] [honto]


■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
星海社FICTIONS|2018年12月刊ラインナップ (12/28日発売)

JUGEMテーマ:読書



「INGRESS THE ANIMATION ―THE NOVEL―(上) /月島 総記、 niantic」




■本の内容
未定

| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2018/11/20】11月新刊の星海社FICTIONS (11/22日発売)

JUGEMテーマ:読書



「花園(下) /椎名 寅生、 めか」




■本の内容
最終決戦を迎え次々に難題に見舞われ、絶体絶命のラグビー日本代表。ガッツx超能力で打倒宇宙人、少女たちよ護りきれ日本。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2018/11/21】11月新刊の星海社FICTIONS (11/24日発売)

JUGEMテーマ:読書



「ドーナツの穴の向こう側 /上田 慎一郎」




■本の内容
空前の大ヒット映画『カメラを止めるな!』監督・上田慎一郎が24歳の時に出版された唯一の小説作品、待望の新装版刊行! 新たに著者による「あとがき」収録。
18歳の女子高生・今井あやねに突然訪れた、父親の死。
その死をきっかけに、彼女の日常に数々の不思議が舞い込む。
公園で穴を掘る厄年の営業マン、
トマトを握り潰しあいながらキスをする恋人たち、
炊飯器を担いで走るマラソンランナーたち――。
“いつも”からちょっぴりずれた3センチ隣の世界で、彼女の小さな冒険の日々がはじまる。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2018/11/15】11月新刊の星海社FICTIONS (11/17日発売)

JUGEMテーマ:読書



「這い寄る混沌 新訳クトゥルー神話コレクション3 /森瀬 繚、 H.P.ラヴクラフト」 オススメ!




■本の内容
怪奇小説作家H・P・ラヴクラフトが創始し、人類史以前より地球へと飛来した邪神たちが齎す根源的な恐怖を描いた架空の神話大系〈クトゥルー神話〉。
その新訳コレクション第3集となる本書では、古代エジプトの影の中より現れた不吉な興行師の脅威を描く「ナイアルラトホテプ」、その異名を冠する表題作「這い寄る混沌」をはじめ、平原に蠢く邪神の恐怖にまつわる「イグの呪い」、邪神像の犇めく館で異形の神への礼拝が響く「蝋人形館の恐怖」、そして異端教派〈星の智慧派〉に深入りしてしまった怪奇作家の運命を描く「闇の跳梁者」と、ラヴクラフト自身が手がけた“原神話”から、彼の悪夢と筆から生まれた神々を巡る10篇を収録。
宇宙の深奥、冒涜的な笛と太鼓が響く中、無貌の神が嗤笑する――!
〔収録作品〕
・ナイアルラトホテプ Nyarlathotep
・這い寄る混沌 The Crawling Chaos
・壁の中の鼠 The Rats in the Walls
・最後のテスト The Last Test (元作品「科学の犠牲」併録)
・イグの呪い The Curse of Yig
・電気処刑器 The Electric Executioner(元作品「自動処刑器」併録)
・墳丘(雑誌掲載版)
・石の男 The Man of Stone
・蝋人形館の恐怖 The Horror in the Museum
・闇の跳梁者 The Haunter of the Dark
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2018/10/15】10月新刊の星海社FICTIONS(10/17日発売)

JUGEMテーマ:読書



「花園(上) /里緒デジャネイロ」




■本の内容
突如地球に現れた〈ヘルヘイムル〉を名乗る異星人―――彼らの要求は、日本消滅をかけたラグビー試合だった!
対戦相手に指名された日本代表チームが招集したのは、ラガーマンたちと超能力者・天才女子大生チェス選手、群馬の地底湖で発見された蜥蜴人……!?
日本史上最大の国難を乗り切り、この日本を守り抜け!
1000ページ超の怪作が星海社FICTIONS新人賞から飛び出したビッグバン級エンタメ小説、ここに爆誕!




「PUFF パイは異世界を救う/羊山 十一郎」




■本の内容
新宿は歌舞伎町でセクキャバの客引きとして働く、おっぱいに並々ならぬこだわりを持つ青年・吉見龍太郎。
ある夜、街で揉め事に巻き込まれた龍太郎が次に眼を開くと、そこは見知らぬ土地だった……!
異世界――ゲームで見たファンタジーのようで、しかしどんな創作物とも違う、剣と魔法と性病の世界。
右も左もわからない余所者を救ってくれた、美しい騎士の少女・ルーシアと健気な食堂の娘・ミミに報いるため、龍太郎は決意する……この異世界で、“おっパブ”を成功させることを!!
星海社FICTIONS受賞の“異世界×おっパブ×ハードボイルド”な快作、新規開店!!




「転生したSEは、異世界にインターネットを創造する /水沢 あきと」 オススメ!

 


■本の内容
インターネットを心から愛する凄腕システムエンジニア・如月優(きさらぎゆう)は、職場での事故で意識を失ってしまう。目覚めたユウの視界に現れたのは、美少女のお姫様、麗しい女騎士――そして猫耳と尻尾を携えた精霊に転生した自分の姿だった。「剣と魔法」のこの異世界で、ユウは科学技術(テクノロジー)ではなく魔術の仕組みを用いてインターネットを再現することを決意する!ファンタジー世界で、ゼロからインターネットを創造せよ!!




「銀河連合日本 9 /松本 保羽、 bob」 オススメ!




■本の内容
異星人国家(ティエルクマスカ)から地球へ帰還し、日本国「ティエルクマスカ担当特命大臣」に就任した柏木の初外交、それは中国主催の「アジア信用共同主権会議」への臨席だった。フェルフェリア達の初の海外訪問ということもあり世界の注目を集める中、柏木は北京・紫禁城にて中国国家主席・張徳懐(ちょうとくかい)と対峙する――!対中国外交戦、知略縦横の第9巻!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2018/09/19】 9月新刊の星海社FICTIONS(9/20日発売)

JUGEMテーマ:読書



「女衒屋グエン /著者 日向夏 (著),鈴木健也 (イラスト)」




■本の内容
今宵も妓館・『太白楼(たいはくろう)』は眠らない。とある花街のとある一角、遊女たちは春をひさいで生きていた。
生娘のまま女盛りを過ぎてしまった静蕾(ジンレイ)、勝ち気で反抗的な万姫(ワンジェン)、別れた男に囚われ続ける思思(スースー)……。そして西施(シーシー)、この世界を統べるうつくしい主。冴えない女買いの男・虞淵(グエン)と下働きの醜い少女・翡(フェイ)を従える彼女もまた、大きな秘密を抱えていた。そんなある日、都から届いた一通の文が妓館の運命を揺るがしていく。偽りだらけのこの街で、本当の幸せとはいったい何か?遥か古都の遊郭を舞台に綴られる、儚い色里模様の幕が上がる。『薬屋のひとりごと』日向夏 ×『おしえて! ギャル子ちゃん』鈴木健也が描く、新たな中華小説の誕生!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2018/09/14】 9月新刊の星海社FICTIONS(9/16日発売)

JUGEMテーマ:読書



「転生! 太宰治 転生して、すみません /佐藤 友哉、 篠月 しのぶ」




■本の内容
あの太宰治がよりによって現代日本に転生!
今を生きる太宰が現代社会と人間への痛烈な皮肉と賛歌を謳い上げる傑作、ここに開幕!!
佐藤友哉(三島由紀夫賞作家)x篠月しのぶ(『幼女戦記』)




「マージナル・オペレーション改 05 /芝村 裕吏、 しずま よしのり」  オススメ!




■本の内容
ジブリール、すまん。生きていてくれ。
アラタたちは、数で圧倒的に勝る中国人民解放軍を完膚なきまでに撃破し、戦場には二〇〇〇を超える遺体が残された――。
高温多湿の密林地帯にあって、即座に腐敗してゆく遺体の処理をめぐり、アラタはかつての“クラスメイト”董顕光と交渉を重ねることとなる。
大国の面子を背負わされた董は、アラタに全面降伏を迫るが、子供たちの人生を背負うアラタもまた、その要求を呑むことはできなかった。ふたりの歩む道は、無情にも別れてゆく……。
混迷の度を深める世界情勢に導かれるままに、戦闘はうち続く。ミャンマー軍、そしてまたも人民解放軍がアラタたちに攻勢をかける。ドローンが飛び交う“未来の戦場”で、アラタが手にした勝利の代償は、あまりにも苦い。
芝村裕吏×しずまよしのりが贈る大ヒットシリーズ新章、激闘の第5弾!




「ワールド・インシュランス 02 /柴田 勝家、 しおん」




■本の内容
新・星雲賞作家、渾身の長編シリーズ第2弾!
イギリス最大の保険市場・ロイズの日本人保険引受人カイン・ヴァレンタイン。彼がサッカースタジアムで取り押さえたテロ未遂犯のルーマニア人女性・クリスは、母国から“78人分の人生”とも言える生体データを盗み出していた。
チャウシェスクによる独裁の終わりより数十年、いまやルーマニアは東欧の保険先進国となり、寿命投資基金・3Bが国民に健康を強いる新たなディストピアを創造していた。
3Bを崩壊に追い込むほどの価値を持つという生体データは、いったい誰のものなのか。そして、「私は、死なない」というクリスの言葉の真意とは……。
ベティの父・ネイサンの因縁も絡みつく東欧の晦冥を払うべく、余命1年の保険引受人が、“最高の誠意”を履行する――。
新・星雲賞作家が放つ近未来保険アクション、瞠目の第二幕!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2018/08/09】8月新刊の星海社FICTIONS(8/11日発売)

JUGEMテーマ:読書



「大正地獄浪漫 1 /一田 和樹、 江口 夏実」  オススメ!




■本の内容
時は大正。帝国主義が台頭し大衆文化が華やいだ裏で、残虐非道・理解不能な怪事件が多発した鮮血の時代。
帝都を騒がすよこしまな犯罪者を取り締まるため集められたのは、元殺人鬼、人形女給兵団、地味すぎる異能者――猟奇思想犯<サイコ>を狩る超常的知能者<サイコ>たちだった。
内務省直属秘密組織「特殊脳犯罪対策班ゲヒルン」の美しくも醜悪な犯罪捜査活劇、ここに開幕!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |