FANTASTIC倶楽部

新刊のライトノベル、ボーイズラブ、一般新書、一般文庫、コミックスの発売を紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  ブログランキングならblogram
2月新刊の星海社FICTIONS(2/15日発売)

JUGEMテーマ:読書



「銀河連合日本 7 /松本 保羽、 bob」




■本の内容
未定




「ダンガンロンパ霧切 6 /北山 猛邦、 小松崎 類」




■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2017/12/15】12月新刊の星海社FICTIONS(12/15日発売)

JUGEMテーマ:読書



「ラスト・ロスト・ジュブナイル~Last Lost Juvenile~ 交錯のパラレルワールド/中村 あき、 CLAMP」




■本の内容
自主制作映画の撮影中、不慮の事故で廃校に生き埋めにされてしまった「僕」こと“中村あき”と、山中で遭難中の名探偵・鋸りり子。
暗闇の中の連続密室殺人、地図にない村での誘拐監禁、そして謎の「ミカエリ様」を崇め奉る村人たち――。分断された二人を次々に襲う謎がひとつに繋がるとき、恐るべき真実が明らかになる!!
FICTIONS新人賞から飛び出した、文句なしの本格ミステリここにあり!




「マージナル・オペレーション改 03 /芝村 裕吏、 しずま よしのり」 オススメ!




■本の内容
中国とシベリア共和国――庇護者であったはずの両国の意見は相違し、アラタは窮地に追い込まれることとなった。
やむなく人質を取り、ジブリールを伴って北京郊外へと赴いたアラタは、かつて自らが捨てたはずの母国・日本の大使館へと駆け込む。日本の諜報機関に属する“イトウさん”は日本の国益のため、アラタの持つ機密情報――中国の北朝鮮侵攻計画を、本国・日本に伝えようとはかるが、しかし時すでに遅く、大使館は厳重な包囲の下にあった。
通信は完全に途絶し、武器らしい武器もない。頼れるものは、アラタの指揮のみ。やがて、不気味な静寂の中、敵部隊の大使館突入が開始されようとしていた……。
必ずや、生きて密林に戻る――。芝村裕吏xしずまよしのりが贈る大ヒットシリーズ新章、四面楚歌の第三弾!

| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2017/11/15】11月新刊の星海社FICTIONS(11/15日発売)

JUGEMテーマ:読書



「トリック・トリップ・バケーション〜Trick Trip Vacation〜虹の館の殺人パーティー /中村あき CLAMP」




■本の内容
容疑者、全員名探偵!?
ようこそ、絶海の孤島にて過ごす二泊三日の常軌を逸した休暇へ
現代本格の雄、文月優臣のデビュー三十周年記念パーティーに愛読者(ファン)代表として招待された「僕」こと“中村あき”と、元探偵でクラスメイトの鋸りりこ。絶海の孤島に集められた気鋭のミステリ作家と僕たちは、前代未聞の密室殺人に挑戦することになって――!?
星海社FICTIONS新人賞から飛び出した、文句なしの本格ミステリここにあり!




「クトゥルーの呼び声 /著者 H.P.ラヴクラフト (著),中央東口 (著),森瀬 繚 (訳)」 オススメ!




■本の内容
怪奇小説作家H・P・ラヴクラフトが創始し、人類史以前に地球へと飛来した邪神たちが齎す宇宙的恐怖を描いた
架空の神話大系〈クトゥルー神話〉。
その誕生100周年を記念し、クトゥルーと異形の神々が瞑る海にまつわる恐怖を描いた傑作群が、新たな装いで蘇
る――。
悍ましい半人半魚の巨人との接触を描いた最初のクトゥルー神話作品「ダゴン」、浅浮彫を手がかりに謎の教団の
幻影を追う表題作「クトゥルーの呼び声」、クトゥルー崇拝の起源へと遡る「墳丘」、クトゥルーを崇拝する〈ダ
ゴン秘儀教団〉の暗躍を曝いた「インスマスを覆う影」......。
“クトゥルー・オリジン”(神話の原点)にして、いずれ劣らぬ傑作7+1編を、森瀬繚による完全新訳で収録。
新たな探索者たちよ、来たれ。いま、海底から目醒めた邪神が呼び声を響かせる――!
〔収録作品〕
・ダゴン Dagon
・神殿 The Temple
・マーティンズ・ビーチの恐怖 The Horror at Martin’s Beach
・クトゥルーの呼び声 The Call of Cthulhu
・墳丘 The Mound
・インスマスを覆う影 The Shadow over Innsmouth
・永劫より出でて Out of the Aeons
・挫傷 The Bruise(H・S・ホワイトヘッドとの合作)




「勇者の武器屋経営 3 /著者 至道 流星 (著),maruco (著)」




■本の内容
武器の販売と新聞の発行で飛ぶ鳥を落とす勢いで拡大する勇者の武器屋。
新たな事業を模索していたところに、隣国ネイビス共和国で経済危機が起こっているという知らせが舞い込んだ。
海運貿易の重要な拠点であるネイビス共和国を立て直すため、勇者は臨時独裁官となって外交交渉に乗り出す!
しかし、それはこの星のパワーバランスを崩すことに他ならず、勇者は、人間界、魔界、天界をも巻き込む抗争の引き金を引くことに……!?
読めば武力ではなく経営力(ビジネス)で世界を救いたくなる! 勇者の「転職(ジョブチェンジ)」冒険譚、完結!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2017/10/13】10月新刊の星海社FICTIONS(10/13日発売)

JUGEMテーマ:読書



「銀河連合日本 6 /松本 保羽、 bob」 オススメ!




■本の内容
五〇〇〇万光年の銀河の旅を経て、人類として初めて異星人国家(ティエルクマスカ)の地を踏んだ柏木は、「日本国特派大使」そしてフェルフェリアの「婚約者」としてティエルクマスカ要人と順調に交流を深め、日・ティ首脳会談を実現させる。その場で明かされたのは、両国の歴史の根幹を揺るがす「衝撃の事実」だった――!! いよいよ舞台(ステージ)は物語の核心へ――『銀河連合日本』宇宙編第2幕!!




「スノウラビット /伊吹 契」




■本の内容
時に1950年、占領軍統治下の東京――。職務にて台東区千束を訪れた警察吏員・伊瀬顕嗣は、いつの間にかタイム・リープし、1650年の江戸吉原に足を踏み入れていた……。徳川家光治世下の吉原で追われる顕嗣は、すんでのところで美しき遊女・白笛に救われる。しかし、窮地を脱して昭和に戻った顕嗣が知ったのは「白笛が、顕嗣と出会ったわずか数ヶ月後、吉原からの足抜けに失敗し、命を落とす」という残酷な歴史だった。再びタイム・リープを試みた顕嗣の前に、江戸吉原での拳銃殺人事件が立ちはだかる。歴史を改変し、白笛を救うことはできるのか? そして、顕嗣はなぜタイム・リープに巻き込まれたのか……。戦後東京と江戸吉原――300年を往還して綴られる、哀切な恋物語。




「ラスト・ロスト・ジュブナイル~Last Lost Juvenile~ 交錯のパラレルワールド /CLAMP、 中村 あき」

[amazon]


■本の内容
未定




「トリック・トリップ・バケーション~Trick Trip Vacation~虹の館の殺人パーティー /中村 あき、 CLAMP」

[amazon]


■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2017/09/15】9月新刊の星海社FICTIONS(9/15日発売)

JUGEMテーマ:読書



「勇者の武器屋経営 2 /至道 流星、 maruco」




■本の内容
絶大な経済的権力を持った魔境銀行頭取たる魔王の奸計により、負債まみれとなった勇者一行。
武器屋の経営や、新たにはじめた冒険者派遣事業で借金返済に光明を見出した矢先、武器屋ドリームアームズが奇襲され炎上! 店や商品が燃え、世界最大級の組織である冒険者ギルドとの対立が世間に明らかになる中、勇者はピンチをチャンスに変えるべく、仲間の反対を押し切って”新聞事業”に乗り出す!
一方、商売敵である冒険者ギルドとは、“第一回国際オリンピア祭典”と題して、勇者一行VS冒険者ギルドの精鋭によるパーティー戦で決着をつけることになるが……!?
読めば武力ではなく経営力(ビジネス)で世界を救いたくなる! 勇者の“転職(ジョブチェンジ)”冒険譚、第2弾!!




「黒剣のクロニカ 03 /芝村 裕吏、 しずま よしのり」 オススメ!



■本の内容
遙か昔――高度な文明を誇ったアトランティス大陸が海没したのち、遺民たちが多島海に散らばり、幾多の都市国家を形成していた時代。
黒剣家の三男・フランは、母都市コフから隣市ヤニアに亡命し、二度にわたるコフの侵攻を防ぎ、父フィタロスと長兄トウメスを討つことに成功した。
しかし、フランの亡命も、父フィタロスと長兄トウメスの打倒も、すべては次兄オウメスの策略だった。
コフを掌握し、貴族制を解体したオウメスは大量の骸骨兵を放ち、“惨劇の日”と呼ばれる夜、ヤニアは脆くも陥落した。
他都市を併呑し、多島海を覆う領域国家形成を目論むオウメスに、からくもヤニアを脱出したフランと異形の娘たちは、起死回生の反撃を試みる――。
『マージナル・オペレーション』『遙か凍土のカナン』のタッグが贈る、超巨弾ファンタジー、ここに完結!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2017/07/14】7月新刊の星海社FICTIONS(7/15日発売)

JUGEMテーマ:読書



「ウルトラハッピーディストピアジャパン 人工知能ハビタのやさしい侵略 /一田 和樹」





[amazon] [honto]


■本の内容
人工知能型クラウドサービス「ハビタ」によって、人間関係はより円滑に、便利に、豊かになったーー2019年の東京。

「私だけLINEが届かない……!?」
ハビタへのささいな違和感が、世界革命の始まりだった!!

サイバーミステリの旗手・一田和樹が放つ!
スマホ時代を生きる、私たちのためのサイバーAI監視社会エンターテイメント!




「第七異世界のラダッシュ村 2 /蝉川 夏哉、 はみ」





[amazon] [honto]


■本の内容
育ちはじめたラダッシュ村に、危機が迫る──?!

人類が宇宙ではなく、異世界に進出を開始してから半世紀……。

接続事故により、未知の第七異世界に放り出されてしまった海野啓太郎たち5人は、史上初めて異世界人との接触を果たし、南楼王国の辺境で村作りを開始した。

異世界の言語を学び、異世界の土でトマトを育て、異世界の魚を釣る……。

そうして、“ラダッシュ村”の建設が軌道に乗りはじめた頃、村にほど近い遺跡=南楼王国の旧王都をめぐり、国姓姫・メイファをリーダーとする調査隊が派遣されることになった。

調査隊に同行することになった啓太郎たちは、遺跡の地下で信じられないものを目にしてしまう。そして、育ちはじめたばかりのラダッシュ村にも、危機が迫りつつあった……。
俺たちの村の、明日はどっちだ!? 『異世界居酒屋「のぶ」』の蝉川夏哉が贈る“異世界開拓記”、堂々の第二弾──!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2017/06/15】6月新刊の星海社FICTIONS(6/16日発売)

JUGEMテーマ:読書



「マージナル・オペレーション改 02/芝村 裕吏、 しずま よしのり」 オススメ!




■本の内容
人民解放軍の将軍・新的の依頼を受け、ジブリールだけをともなって中国に入ったアラタを迎え入れたのは、“シベリア共和国”の監視役・パウローだった。
つい先日まで刃を交えていた“敵国”中国と、血の因縁を持つシベリア共和国──両国の庇護と監視を受けつつ、ジブリールと疑似新婚生活を送りながら北京で学校通いを開始するアラタ。
しかし、北朝鮮情勢の一層の緊迫化とアラタの才能をめぐり、中国とシベリア共和国の間には意見の相違が生まれていく……。
少年兵、情報技術の高度化、そしてドローン──元ニートは、望まずして“未来の戦場”に立つ──!

芝村裕吏×しずまよしのりが贈る大ヒットシリーズ、絶好調の新章第二幕!




「銀河連合日本 5 /松本 保羽、 bob」




■本の内容
母星への帰国を命じられたフェル……地球とティ連、全く次元の異なる世界観が今、同時に動き出す! SF外交エンタメ小説、第5巻!




「天使のスタートアップ /水沢 あきと、 巻羊」




■本の内容
「……このままだと、リミットは今月末だ」

24歳のITベンチャー経営者 林田泰典(はやしだやすのり)は破滅の淵にいた。会社の資金は底をつき、月末の倒産は避けられそうもない。そんな彼のもとを、ひとりの少女が訪ねる。

「2000万円なら、すぐにご用意できます」

不意に現れた少女投資家(エンジェル)の登場によって息を吹き返したフェーズアップ社だったが、そこへ、ネット炎上・敵対的買収・提携先のお家騒動と次々に困難が襲いかかる。果たして彼らはこの小さな投資家(リトルインベスター)の期待に応え、見事再建を果たすことができるのか……!?

ビジネス小説の旗手が描く、本格創業エンタテインメント開幕!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2017/05/12】5月新刊の星海社FICTIONS(5/12日発売)

JUGEMテーマ:読書



「勇者の武器屋経営 1/至道流星 maruco」





[amazon] [honto]


■本の内容
「法律とお金」は「剣と魔法」より強し!?

絶大な経済的権力を持った''魔境銀行頭取,,たる魔王の奸計により、返済しようもないほどの莫大な負債を抱えた武器屋『ドリームアームズ』の経営者になってしまった勇者とその仲間たち! まずは経営の王道に則って、既存事業の強化と新規事業への果敢な進出で事態の打開を図る勇者たちだったが、武器屋経営(ふつうの仕事)は、魔物退治よりはるかに難しくて!――?

読めば武力ではなく経営力(ビジネス)で世界を救いたくなる! これぞ勇者の''転職(ジョブチェンジ),,冒険譚。




「ネット小説家になろうクロニクル(3) 奔流編/津田彷徨」





[amazon] [honto]


■本の内容
ネット小説投稿サイト〈Become the Novelist〉――通称〈ベコノベ〉と出会い、その奥深い創作の世界にのめり込んでいった高校生・黒木昴。
商業デビュー作『転生英雄放浪記』が発売し、ついにプロの舞台へと足を踏み入れた昴を待ち構えていたのは、“一巻打ち切り”という非情な現実と、ランキング上位を独占するための“相互評価グループ”の存在だった。
不正を退け、プロの世界でリベンジを果たすため、昴はひとつの秘策に辿り着く――それこそが、〈オープンシェアードワールド〉の実現だった――!
書く楽しみを分け合ってムーブメントを巻き起こし、ネット小説の頂点へとふたたび駆け上がれ――!


読めばネット小説の世界がわかる! 小説が書きたくなる!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2017/04/14】4月新刊の星海社FICTIONS(4/15日発売)

JUGEMテーマ:読書



「ようこそ哲学メイド喫茶ソファンディへ(仮) /逢坂 千紘、 西尾 雄太」





[amazon] [honto]

[楽天ブックス] [7net]


■本の内容
「『われ思うゆえにわれ在り』って数多くの哲学者に批判されていますが、どう思いますか?」
ストア系メイド喫茶ソファンディ――ここは、メイドが哲学するメイド喫茶。
高二の春休み初日、ふたり暮らしの母親に夜逃げされた茅場史乃が住み込みで働き始めたのは、そんな奇妙な喫茶店だった!
目まぐるしくも胸躍る新生活を送る史乃。
しかし、充実した日々の裏には、いつまでも拭えない不安があって――。

新星・逢坂千紘がみずみずしく活写する、哲学的ガーリッシュ青春譚!

星海社FICTIONS新人賞受賞作品。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |
【honto発売日:2017/03/16】3月新刊の星海社FICTIONS(3/16日発売)

JUGEMテーマ:読書



「ようこそ哲学メイド喫茶ソファンディへ(仮) /逢坂 千紘、 西尾 雄太」





[amazon] [honto]


■本の内容
未定




「ビアンカ・オーバーステップ(下)(仮) /筒城 灯士郎、 いとう のいぢ」





[amazon] [honto]


■本の内容
世界から姿を消した姉・ビアンカを見つけるため、時空を翔けめぐる追跡を続ける妹・ロッサ北町。

ビアンカはどこへ消失したのか、〈ウブメ効果〉とは何なのか、そして〈最未来人〉とは誰なのか――。

文学界の巨匠・筒井康隆が書き上げた唯一のライトノベル、『ビアンカ・オーバースタディ』。その“正統なる続篇”に挑んだ新人・筒城灯士郎の筆致は、ジャンルの限界を超えた結末(オーバーステップ)へ――!

星海社FICTIONS新人賞受賞の超弩級SF、上下巻同時刊行!

――大切なのは、あなたが最後まで、これを読みきるということ。




「ビアンカ・オーバーステップ(上)(仮) /筒城 灯士郎、 いとう のいぢ」





[amazon] [honto]


■本の内容
文学界の巨匠・筒井康隆が書き上げた唯一のライトノベル作品、『ビアンカ・オーバースタディ』。その“正統なる続篇”を引っさげ、筒井が認めた破格の新人・筒城灯士郎の才気がついにヴェールを脱ぐ!

天体観測の最中に突然消失してしまった好奇心旺盛な超絶美少女・ビアンカ北町。妹・ロッサ北町は愛する姉を見つけ出すため、時空を超えた冒険(オーバーステップ)を始める――!

星海社FICTIONS新人賞受賞の超弩級SF、上下巻同時刊行!

妹にとって不要なものは――姉以外のすべてだ。




「黒剣のクロニカ 02 /芝村 裕吏、 しずま よしのり」





[amazon] [honto]


■本の内容
包囲、奇襲、圧倒的戦力差──。
叡智を武器に、“惨劇の日”から生還せよ!


遙か昔──高度な文明を誇ったアトランティス大陸が海没したのち、遺民たちが多島海に散らばり、幾多の都市国家を形成していた時代。
黒剣家の三男・フランは、亡命先のヤニア市で、母都市・コフによる二度の侵攻を防ぎ、父と長兄・トウメスの打倒に成功した。
しかし、その直後、コフでは残された次兄のオウメスが権力を掌握し、フランのかつての親友・ウラミを側近に起用する。
みたび戦争が起きることを予見するフランだが、二度の戦いを経て、ヤニアには和睦ムードが漂っていた。
そして、迎撃の準備が整わぬなか、ヤニアは“惨劇の日”を迎えることとなった……。
果たしてフランの叡智は、局面を打開できるのか?
『マージナル・オペレーション』『遙か凍土のカナン』のタッグが贈る、超巨弾ファンタジー、危急存亡の第二幕!




「ダンガンロンパ霧切 5 /北山 猛邦、 小松崎 類」 オススメ!





[amazon] [honto]


■本の内容
探偵であり続けることは、けっして楽ではない。
むしろ苦悩ばかりで、失うものばかりだ――


難攻不落の「密室十二宮」、ついに陥落! 探偵たちの屍と裏切りを乗り越えた先に待つ、衝撃の真実ーー最強の探偵が仕掛ける最終試験〈ラストゲーム〉を霧切響子と五月雨結は突破できるのか!?

原作ゲーム『ダンガンロンパ』のシナリオライター・小高和剛からの直々の指名を受け、「物理の北山」こと本格ミステリーの旗手・北山猛邦が描く超高校級の霧切響子の過去―。これぞ“本格×ダンガンロンパ”。

| comments(0) | trackbacks(0) | [ライトノベル]星海社FICTIONS | TOP↑ |