FANTASTIC倶楽部

最新のライトノベル、ボーイズラブ、ティーンズラブ、一般文庫、コミックスの発売情報を毎日更新して紹介しています。

文庫(ラノベ、BL文庫、一般文庫)
新書(一般新書、BLノベルス)
コミックス(少年漫画、少女漫画、BL漫画)
あと、音楽CD、GAMEなど。

ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 
【honto発売日:2018/12/14】12月新刊のガガガ文庫(12/18日発売)

JUGEMテーマ:読書



「空飛ぶ卵の右舷砲 (2) /喜多川 信、 こずみっく」




■本の内容
迷いを断ち切る鋼の回転翼。

人造の豊穣神・ユグドラシルによる文明絶頂期の中で、『大崩壊』は起きた。世界人口の半数以上が死に絶え、突如現れた樹獣・樹竜と呼ばれる異形の怪物たちによって人類は地上から追放されて、その拠点を人工の浮島・海上都市へと移した。
『大崩壊』から数十年。小型ヘリ<静かなる女王号>を操り、樹竜狩りを生業とするヤブサメとモズ。旧都市・新宿での作戦後、二人は女王号を修理するため伊勢湾海上都市へ向かい、その途中で『ヤドリギ』の弟を誘拐されたという少女・エナガと出会う。ヤブサメは東京湾での面識もあり、エナガの境遇を他人事とは思えず助けようとする。
しかし、感情的なヤブサメとは対照的に、モズはひどく冷静だった。
「厄介事に首を突っ込むなら、金になりそうなやつにしな。正義の味方がしたいなら、ほかをあたるんだね」
モズにそう拒絶されても、この事件が「意思疎通の出来るヤドリギの存在」に繋がるのではと焦り、ヤブサメはがむしゃらに行動するのだが……。
悩み、苦しみ、己に問い続ける。しかし、困難を切り拓くのはいつの時代だって人の意志だ。これは空を駆り、樹竜を狩る者たちの物語。鋼の翼と意志が試される第二幕。




「妹さえいればいい。 (11) /平坂 読、 カントク」




■本の内容
10巻の続き!!!!!!!!!!!!!!

小説がまったく書けないという大スランプに苦しむ伊月を、恋人の那由多は優しく見守る。土岐や京は伊月を復活させるための方法を模索するのだが、結果は芳しくない。一方、女の子であることを隠さなくなった千尋にも、大きな変化が訪れるのだが……。そんななか、第16回GF文庫新人賞の授賞式が開催される。青葉や木曽たちが受賞してから、はやくも一年の月日が経っていたのだ。怒濤の流れに翻弄されながらも、主人公たちは足掻き続ける――。大人気青春ラブコメ群像劇、衝撃の第11弾登場!!




「妹さえいればいい。11 カードゲーム付き特装版 /平坂 読、 カントク」




■本の内容
カードゲーム付き特装版!!!!!!!!!

小説がまったく書けないという大スランプに苦しむ伊月。土岐や京は伊月を復活させるための方法を模索するのだが、結果は芳しくない。一方、女の子であることを隠さなくなった千尋にも、大きな変化が訪れるのだが……。そんななか、第16回GF文庫新人賞の授賞式が開催される。青葉や木曽たちが受賞してから、はやくも一年が経っていたのだ。怒濤の流れに翻弄されながらも、主人公たちは足掻き続ける――。大人気青春ラブコメ群像劇、衝撃の第11弾!!作中に登場するカードゲーム『妹が多すぎる。』付き特装版で登場!!




「ハル遠カラジ (2) /遍 柳一、 白味噌」




■本の内容
新たな事実――人類消失を予見していた者

機械の精神を蝕む病、AIMD。
その奇病を専門とする医工師を求め、テスタたちは冬のチベットを訪れていた。

有限の命を自覚し、改めてハルの母親として、娘に向き合う決意をしたテスタ。
だが、ハルが一人前の大人になるには知識も道徳も不十分であり、友だちになると約束したイリナとの関係も、いまだにこれといった進展は見られない。

それでもハルの中には着実に人間社会に対する好奇心が芽生えているようで、「イリナができるのに、あたしができないのはいやだ」と、自ら勉学を教えてほしいと志願してくる。
普通の人生を歩めなかった娘のために、テスタはハルの勉学に喜んで付き合い、さらには一種の社会見学になればという想いから、旅先の難民街でチベットの廃校を訪れる。

しかし、テスタはそこで奇妙な手紙を見つける。
『贖えない罪を犯してなお、この世界に生きる意味はあるのだろうか』
遺書ともとれるその一文とともに綴られていたのは、手紙を書いた者が、十一年前の人類消失を予見していたという事実だった。
やがて、かつてこの地で起きた悲劇を知った時、テスタは、思いがけぬ人物との邂逅を果たすこととなる。




「デスペラード ブルース /霜月 えいと、 江波 光則」




■本の内容
己を取り戻すため、ならず者たちは牙を研ぐ

神座市という町で起きた一家殺害事件。
その生き残りである主人公・筧白夜はその記憶から逃れるように地元を離れ、建設現場で日銭を稼ぐその日暮らしを送っていた。
だが、その日常がある日突然壊される。
同じく、神座市出身だと名乗る、同僚の長谷川黒曜の登場によって――。

ヤクザの傘下でノックアウト強盗を働く、一河紺。
義足の殺し屋、柏葉吐月。
建設現場の警備をする、神座市出身の鮫島元春、鱶田不知火。
白夜たちを派遣している会社の社長と繋がる風俗嬢、舞浜歌織。

さまざまな人物たちの思惑は、狭くも広くも神座市に集約されてゆく。
それは、何者かの意思か、人間の生み出す引力か。

殺人、死闘、詐欺、ドラッグ、etc...
白夜は、いつしか神座市の覇権を巡る南雲、羅紋、御子神という三家の争いに巻き込まれ、かつて習得した殺人カラテを武器に、己の家族が受けた悲劇の真相へと迫っていく。

街を追いやられた男たちは、ふたたび人生という賭場を取り戻すべく牙を研ぐ。
鬼才が描く、新たなクライムサスペンスシリーズ、始動!




「編集長殺し (4) /川岸 殴魚、 クロ」




■本の内容
オシャレデザインに憧れて――。

「川田、完全に取り憑かれてるね。オシャレデザインの魔物に!」

私が見せたカバーデザインを見て、幼女編集長はそう言い放ちました。
そんな、デザイナーの海老沢さんと一緒につくった、渾身のデザインなのに!
編集長には、護摩行でオシャデザ魔を祓ってこいとまで言われる始末。ぐぬぬぬ……。

隣の岩佐さんや井端さんにも見せるものの、
「あー、これはお寺だね」「オシャデザ魔だけでなく、サブカル魔にも取り憑かれてるんよ」
やっぱりお寺行きですか! しかもサブカル魔って!

結局、井端さんが魔を祓ってくれるというのですが――。

オシャレデザイン問題、難し作家の担当とりかえばや物語など、今回もギリギリなネタがてんこもり!
業界のリアルが(いやでも)わかる、ゆるふわブラック系☆編集部るぽラノベ第4弾!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ガガガ文庫 | TOP↑ |
ガガガ文庫|2019年1月刊ラインナップ (1/18日発売)

JUGEMテーマ:読書



「筺底のエルピス: -四百億の昼と夜- (6) /オキシ タケヒコ、 toi8」

筺底のエルピス 6 -四百億の昼と夜- (ガガガ文庫)

[amazon] [honto]


■本の内容
未定




「双血の墓碑銘 /昏式 龍也、 さらちよみ」

双血の墓碑銘 (ガガガ文庫)

[amazon] [honto]


■本の内容
未定




「クズと天使の二周目生活 (4) /天津 向、 うかみ」

クズと天使の二周目生活 4 (ガガガ文庫)

[amazon] [honto]


■本の内容
未定
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ガガガ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/11/16】11月新刊のガガガ文庫(11/20日発売)

JUGEMテーマ:読書



「出会ってひと突きで絶頂除霊! (4)/赤城 大空、 魔太郎」




■本の内容
激突! 絶頂除霊VSラブドールの群れ!

――サキュバス王。
それは、かつて世界を滅ぼしかけたという大魔族。

晴久の腕から顕現した謎の少女霊ミホト。
魔族さえ圧倒するその力を危惧した退魔師協会は、十二師天に晴久の処遇を一任した。
そこで浮上する、宗谷美咲の覚醒によるミホトの制御の可能性。それができれば、サキュバス王の事を知るかもしれない「神族」を擁す、皇樹家に招致してもらえる事となる。

宗谷の血筋に秘められた力を美咲が解放できれば呪いを解く未来に近づく。
その報に期待する晴久だったが、その先に待つ《人式神の儀式》という試練の恐ろしさに気づいていなかった……。

……で、晴久と美咲が閉じ込められたのが「セックスしないと出られない部屋」。
何これ!? この一族、頭おかしいの!?

一方その裏で、謎の存在がラブドールの軍勢を動かし始める。
ゲリラ的に起こる、拠点への襲撃。退魔師協会を混乱に陥れる事件が多発するなか、自体は急激に悪化していく。

そしてぶつかる、絶頂除霊とラブドールの軍勢。

――あああああああああああっ!?

闇夜に響き渡るは、苦しみの怨嗟。
手に汗握る、退魔活劇第4弾!! ……で、結局セックスしちゃったの?




「友人キャラは大変ですか? (6) /伊達 康、 紅緒」




■本の内容
しっちゃかめっちゃかな学園祭編!!!

雪宮さんの体調不良から始まった第三部。
物語はおむすびのごとくころころ転がって、完全に俺、小林一郎の手を離れてしまった。

「まさかラスボスがダブルブッキングしてしまうとは……」

なによりの問題はこれである。
モッサリ魔神のトウコツだけでなく、あくどいキュウキの相手までしなくてはならなくなった。
例えるならFCバルセロナとの試合中に、レアルマドリードも相手にしなくてはならなくなった感じだ。

どうしたものかと悩む俺だが、日常は容赦ない。季節は秋、まもなく学園祭を迎える。
歌唱ライヴをやるという龍牙と四神ヒロインズのサポートも、当然友人キャラたる俺の職務である。

さらに、龍牙をメインに据えた女装メイド喫茶がクラスの出し物に決まり……?

くそ、明らかに手も足も足りてねえが、学園祭で主人公を輝かせられなくて何が友人キャラだ!
ぜんぶ並行しながら、龍牙を祭の主役にしてやるぜ!

カオスがカオスを呼ぶ第三部学園祭パート、ここに開宴!




「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(13) /渡航 ぽんかん(8) 」 オススメ!




■本の内容
エンドロールが流れる前に

暦は雪解けの季節を迎えるが、新しい希望の芽吹きはまだ遠く感じられる3月。
それぞれの想いを言葉にし、行動しようとする雪乃、結衣、八幡。そして、それは今のままの関係でいることを終わらせることでもあって――。
雪ノ下雪乃は、最後まで見届けて欲しいと願った。由比ヶ浜結衣は、このままずっと一緒にいられたらと祈った。美しい夕日に時が止まればと願っても、落日を迎えなければ新しい日はやってこない。前に進むために諦めること、終止符を打つこと。悩むまもなく、巻き戻すことも出来ず、エンドロールは流れ始める……。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ガガガ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/10/16】10月新刊のガガガ文庫 (10/18日発売)

JUGEMテーマ:読書



「前略、殺し屋カフェで働くことになりました。 /竹内 佑、 イセ川 ヤスタカ」




■本の内容
そこは、かわいい殺し屋たちが集う喫茶店。

夜の廃劇場。
最近越してきたばかりの街を探索しようとしていた池也迅太は、そこにいた。
そして、目の前でなにやら不穏に倒れているいる男をみて、そこで記憶はブラックアウト。
目が覚めると、何やらかわいい女の子たちが話しているのが聞こえてきた。

「やっぱり殺すしかないと思うの」
「でも、遺体の処理だってお金がかかりますし……」

あきらかに危険な会話。漂っているコーヒーの香りが不釣り合いだ。
迅太はなんとか命乞いをしよう手を尽くし、処理代を稼ぐ代わりに働かせてくれと頼んだ結果、晴れて殺し屋たちが営む喫茶店のウェイターになってしまう。

店を訪れる明らかに怪しい客たち。
これまでの常識の通じない少女たち。

それでも、これまでとはガラリと代わってしまった環境に、迅太は次第に馴染んでいく。そして、命の猶予は刻一刻と――。

だが、その殺し屋稼業の正体は……?
クセだらけの少女たちと、ただの普通の少年が、不思議な喫茶店で社会の闇に触れるとき物語は少しおかしな方向に動き出す。
殺し屋喫茶・エピタフ開店ですっ!




「黒川さんに悪役は似合わない /ハマ カズシ、 オッweee」




■本の内容
秩序の為に、マッチポンプで正義をつかめ!

生徒会長候補の黒川さんは、規律によって学校をまとめようとしているのであまり人気がない。
もう一人の候補の白鷺は校則を緩和して自由な校風を唱えるものだから、生徒たちから絶大な人気を誇っている。

規律か自由か。
生徒会長候補2人による校則戦争になぜか巻き込まれたのは俺、倫太郎。

「私のために、悪役(ヒール)になってくれない?」

俺が悪役になって校則を破り、自由が行き過ぎるとどうなるかを分からせよう。それが黒川さんの作戦だった。

は? ちょっと意味分からないんですけど。というか、規律を守るためにマッチポンプするって、それ本末転倒なんじゃ? 明らかに悪いことしてるでしょ!
……でも、黒川さんには何か大切な思いがあるみたいだ。

これまで真面目一筋に生きてきた俺が悪役をやる筋合いなどない。
けど、成功すれば黒川さんがなんでも言うことを聞いてくれるっていうし……。
いや、なにもエロいことなんか考えてないぞ!
俺は黒川さんが困ってたからちょっと協力してやってるだけだからな!

マッチポンプから始まる学園ラブコメ堂々開幕!
黒川さんのため、最高のヒールに俺はなる!




「NGな彼女。は推せますか? /海津 ゆたか、 前屋 進」




■本の内容
ダメな彼女と挑む、トップアイドルへの道!

互いが才能を評価し、得たポイントによって恩恵が得られる学院都市。ランキングの頂点に立つ者は、その後の業界を引っ張る存在になるという。才能渦巻く学院に入学したのは、アイドルに青春を捧げ、TO(トップオタ)にまで上り詰めた少年・中嶋拓人。彼はある野望のもと、「世界を変えられるアイドル」をプロデュースすると心に誓っていた。そんな彼が出会ったのは、青春に飢える残念地味っ子・滝沢一花。彼女との出会いに運命を感じた拓人だが――
「俺の理想のアイドルになってくれ!」
「え、NGですぅ…!」
あえなく玉砕。しかし、数多の塩対応で鍛えられた拓人は、この程度の拒否ではめげない。彼女を勧誘するためにも、芸能プロダクション(仮)を設立する。集まったのは、才はあるも各方面でNGを喰らった少女たち。楽曲担当、オンチな泣き虫パンクロッカー・菅野寧子。衣装担当、独りよがりな魔界的ファッションデザイナー・諏訪珠衣。雑務担当、自分に迷い自分を探す元ドルオタ・服部千穂。果たして拓人は、彼女たちとともにこの学院で成り上がっていけるのか!?
ドルオタが冴えない彼女をプロデュースする、アイドル育成系ラブコメ開演☆




「魔法少女さんだいめっ☆ (2) /栗ノ原 草介、 風の子」




■本の内容
悪魔的な美少女、散華のヒミツ!

「大変だよハルきゅん! 魔法少女ランドが経営不振で潰れちゃうって!」

おんぼろ遊園地・魔法少女ランドのピンチに、ぷるりら☆満咲が立ち上がる!
満咲から協力を頼まれたハルは、魔法少女と悪魔のヒーローショーでお客さんを呼ぶことを考える。

当然、散華に出演をお願いするのだが――。

「ハル。あんた、悪魔のしもべになりなさい。そしたらヒーローショーだろうが魔法少女ショーだろうが手を貸してやるわ」

まさかのハル争奪戦が勃発!? 魔法少女嫌いなハルは、悪魔の誘惑に抗えるのか!?
そして、魔法少女ランドの再建の行方は……?

マジカル☆夢追いラブコメ、悪魔が魅せる第2巻!




「ピンポンラバー (2) /谷山 走太、 みっつばー」




■本の内容
学園ランキング一位の男と、中国からの使者

卓越学園ランキング一位の男・獅子堂煉が海外遠征から凱旋した。日本での彼の練習パートナーを探すため、体育館に集められた全学年の生徒たちは一人ずつ獅子堂と打ち合う。「俺こそは!」と意気込んで挑んだ翔星だったが、あっさりいなされる。あの瑠璃すらもが鼻であしらわれていくなか、パートナーとして選ばれたのはなんと、温泉卓球で腕を磨いた沙月だった。
最下位から数えたほうが早いようなランキングの男が選ばれたことに納得がいかない瑠璃。翔星も複雑な思いだったが、気持ちを切り替えるつもりで椿たちと訪れた卓球カフェで意外な人物と出会う。モデルのような美貌と超絶の卓球テクニック。「夢幻の天女」と呼ばれる中国卓球界の新星リュウ・メイリンその人だった。彼女から卓越学園までのエスコートを言い渡される翔星。果たしてメイリンが日本にやって来た目的は?
半端ない“熱さ”で話題となった卓球スポ根ライトノベルに待望の続編が登場! 世界レベルで活躍するさらなる強い奴らの登場で、物語は灼熱の領域へ!!!!




「弱キャラ友崎くん Lv.6.5 /屋久 ユウキ、 フライ」 オススメ!




■本の内容
少女たちの想いを綴る、珠玉の短編集!

あの日、彼女はまだ完璧じゃなかった。
あの日、彼女は人前で初めて泣いた。
あの日、彼女はすべてを振り切るスピードが欲しかった。
あの日、彼女は――……。

日南、菊池さん、みみみ、優鈴――。
少女たちのあの日の想いが、ここに紐解かれる。

6巻と7巻をつなぐ彼女の気持ちも……?

「弱キャラ友崎くん」の世界がさらに色づく、珠玉の短編集。




「俺、ツインテールになります。 (16)/水沢 夢、 春日 歩」




■本の内容
トゥアールの復讐の旅――ここに終着。

女神ソーラの力を借り、イビルツインテイルズを撃破した総二たち。しかしその戦いの最中にアルティメギル最高科学者マーメイドギルディは、究極の最終闘体・エンジェルギルディへと進化。トゥアールに衝撃の事実を告げる。「あなたはもうすぐ死ぬ」――属性力を自ら捨てた反動で、自覚のないまま生命を削り続けてきたのだと。
トゥアールの心を強く持たせるため、総二はテイルレッドの姿で要求に応え、愛香も発明品で擬似的に幼くなることを渋々了承。仲間たちの献身で元気になったように見えたトゥアールだったが、彼女はすでに、自分が手遅れであることを自覚していた。一方、強大な力を手にしたことで増長したエンジェルギルディは、アルティメギルの意志から外れて己が欲望の赴くままに暴走。自ら作り上げた要塞へとトゥアールを連れ去る。テイルギアの力が通用しない「テイルギアそのもののエレメリアン」を相手に、ツインテイルズに勝機はあるのか!? そして、トゥアールが下した決断とは!?
ツインテールを愛し、孤独に戦い、守り……全てを失った。
悲しみの果てに仲間を得て、恋を知った。
運命に翻弄され続けた少女――トゥアールの復讐の旅が、ここに終着を迎える。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ガガガ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/09/14】 9月新刊のガガガ文庫 (9/19日発売)

JUGEMテーマ:読書



「物理的に孤立している俺の高校生活 5 /森田 季節、 Mika Pikazo」




■本の内容
残念系異能力者、ネクストステージ突入!

波久礼業平には友達がいたりする。しかも、悩める後輩を導き、クラスの男子とも話ができるようになって、かなりの成長をした気もしていた。とはいっても、業平の持つ異能力「ドレイン」は相変わらず業平の足を引っ張っているのだ。へこむ。
ついに迎えた修学旅行当日。高鷲えんじゅから与えられた、修学旅行をエンジョイするためのミッションをこなす業平。初めてのお菓子交換、初めての枕投げ、初めての恋バナ。夢にまで見ていた、普通の高校生らしい修学旅行に充実感さえ覚えていた。しかし、そんな中でも、たびたび思い出すのは菖蒲池愛河から投下された爆弾発言のこと。

「修学旅行の自由行動時間、二人で京都を回りませんか?」

男友達との修学旅行を楽しむので精一杯なレベルのぼっちが、女子と――しかも愛河と二人っきり!? 期待するなというのが無理な心理状況の中、それでも業平は愛河を楽しませたいと奮闘する。一方、他のメンバーもそれぞれ新たなステージへの一歩を踏み出し始めていて……。人生最後の修学旅行、人研はいったいどうなってしまうんだろう?
恋に、友情に……悩める残念系異能力者たちの、大人気青春未満ラブコメ第5弾!!




「やがて恋するヴィヴィ・レイン (7) /犬村 小六、 岩崎 美奈子」




■本の内容
ルカの革命が全てを壊し、今恋が始まる…

「おれは、あの壁を壊す。三界まとめて破壊する」。ルカはヴィヴィとともに、ワールド・トリガーを起動することを選んだ。壁に守られてきたエデン人による世界の支配・搾取・人種差別。それを、終わらせるために。しかしそれは同時に、未曾有の破壊と虐殺を産むことを意味した。

「あなたが壊すこの世界を、わたしが築き直します」。ファニアは、共和国の枠を超え、三界を共存させることを目指した。

ついに本性を露わにし、エデン以外の下層国家を滅ぼそうと攻め込むエデン艦隊。エデンを叩き潰すことを生涯の夢として生きたルカのかつての親友、帝国皇帝ジェミニ。最後最大の世界戦争の行方は?そして、世界崩壊の引き金を引いたルカとヴィヴィの運命は?

世界を壊し、世界を再生する、恋と革命と戦争の物語。ついに大団円!!




「月とライカと吸血姫 (4) /牧野 圭祐、 かれい」




■本の内容
そして、宙を夢見る彼らは出会う。

『フライ・ユー・トゥ・ザ・ムーン』の合い言葉が宇宙ブームを盛り上げ、UFO騒ぎにまで発展する一方、月面着陸計画は行き詰まりを見せていた。そんななか連合王国では、『宇宙時代の人類』がテーマの万国博覧会が開幕。『アーナック・ワン』の広報を務めるバートとカイエは『宇宙の平和利用に関するカンファレンス』への参加を要請される。ロケット開発主任のクラウス博士や、若き女王サンダンシアなど、錚々たる面々の参加が決まるなか、あの共和国の英雄二人も急遽登壇することに。
例の行進以来、すっかり仲を深めたバートとカイエ。二十一世紀の未来や宇宙旅行の疑似体験など、仕事を忘れ万博を楽しむ。そして、待ちに待った英雄との対面。二人は未来に思いを馳せ、同じ夢を見る。
―――しかし。
「もはや核戦争は避けられません……ならば、先にしかけるべきです」
東西超大国のいがみ合いが、世界に未曾有の危機をもたらす。夢が消えかけるなか、二大国の若者たちは何を想い語るのか。
いまだ宇宙に行くことが奇跡だと思われていた時代……これは、宙に焦がれた人と吸血鬼が目指す、三十八万キロという途方もない旅への序章。宙と青春の物語、待望の第四幕!




「七星のスバル (7) /田尾 典丈、 ぶーた」




■本の内容
TVアニメ放送中の大人気作、ここに完結!

「“スバル”はここに、約束しよう――」


カインを打倒し、七つ目の星を取り戻したスバル。

旭姫を救いだすため、ついにグノーシスの本拠“狭間”に突入する。

立ちはだかるは、心奏の怪物、ナハシュ。そして、グノーシスの首魁、セト。

いまだ底を見せぬセトのセンスと、七星剣の封印の力が真っ向から衝突する。

そんな死闘のさなか、旭姫が目を覚まし……?

過去と未来、ゲームとリアル。
すべてが交わる終着点で、彼らが選んだ“答え”とは――。

幼なじみたちの約束の物語、ここに堂々の完結!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ガガガ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/08/16】8月新刊のガガガ文庫(8/17日発売)

JUGEMテーマ:読書



「クズと天使の二周目生活(3) /天津向 うかみ」




■本の内容
人生二周目男と、恋愛禁止のクリスマス

『わかばラジオ』の未来を懸けた『東都放送 声の大文化祭』は、音ノ葉紅羽の勝利に終わったが、彼女に気に入られた桃也は、紅羽がパーソナリティを務める人気番組『もみじサウンド』の構成作家に抜擢されることに。さっそく、『もみじサウンド』の収録に参加した桃也だったが、嵐のような企画のダメ出しに早くも心が折れそうになる。一方で、『わかばラジオ』のパーソナリティ・神楽屋萌香は、TVアニメ『紫の空でうたう』の声優オーディションに合格。ついに、準主役の座を射止める。萌香に新しく付いた新人マネージャーの名前は柊調。この後、敏腕マネージャーとして名を馳せる彼女が、10年後には業界の権力者になっている未来を知っている桃也は、今のうちから彼女に取り入っておくために行動を起こすが……。皆それぞれが仕事に励むなか、暦は12月に入り、世間はクリスマスムード一色に。けれど、二周目の人生を送る桃也は天界ルールで「恋愛禁止」が鉄則。一周目の人生の時と同様にひとり寂しくイブを過ごすはずだった桃也の身に、天使すらも予想しなかった思わぬ事態が発生する! ますます好調、タイムリープで勝ち組を目指す人生やり直しコメディ第3弾!




「クロハルメイカーズ(2) 最初のファンとラブコメと友情の作り方 /砂義出雲 冬馬来彩」




■本の内容
誰かの「特別な場所」になりたくて

小説、イラスト、CG、動画制作……。クリエイティブに関わる活動なら何でもありの部活「創造部」。
新しく部員に比香里を迎え、比香里の勧めで再び自分の小説を書き始めた湊介。
しかし、一人ではアイデアもろくに思い浮かばず、早くもやる気メーターは下降線に。そんな中、創造部にみとせ先輩の友人・川澄先輩から、自らが所属するガールズバンドのオリジナル曲にプロモーションビデオを作って欲しい、との依頼が舞い込む。
インスパイア&コラボレーションでうまく自分の小説にアイデアをパク……もといシェアできないかと目論む湊介は、小説に活かせるよう、PVのコンセプトをラブコメに設定し、ストーリー仕立てのPV作成に挑むことに。
湊介はそのラブコメのストーリー制作にあたって、パートナーを比香里にお願いする。
いつもの調子でラブコメのストーリー設定を比香里と一緒に作りはじめる湊介だが、菜絵の様子がどうもおかしい。そしてPVの依頼者、川澄先輩は何かを隠しているようで……。
それぞれの思いが錯綜する中で、暗雲立ちこめるPV制作。当然のように難航する脚本、そして菜絵はスランプに陥り、バンドメンバーは出演を拒否。
友情も、青春も、ラブコメも、どうしてこんなにうまくいかないことばかりなんだ!?
痛くも恥ずかしい、むき出しの青春群像劇第2弾!




「ジャナ研の憂鬱な事件簿(4) /酒井田寛太郎 白身魚」




■本の内容
彼女はもうジャナ研に来ないかもしれない。

彼女はもう、ジャナ研に来ないかもしれない――。新鋭が書く、爽やかで切ない日常系ミステリー第4弾。

写真部から、金賞を獲得した被写体の金魚が盗まれた。居合わせたジャナ研の面々は、真犯人を見つけようとする。(「金魚はどこだ?」)
介護施設で、とある老人の部屋が荒らされた。啓介は手がかりを探るうちに、あまりにも切ない真実にたどりつき……。事実の公表を巡って真冬と意見が分かれるが、互いにどうしても引けず、そのままぎくしゃくしてしまう。(「スウィート・マイ・ホーム」)
真冬がジャナ研の部室に姿を見せなくなってから1か月以上が経った。交通事故に遭ったユリもしばらく学校を休んでいる。そんなとき、啓介はA棟の空き教室で「女の幽霊を見た」と後輩から助けを求められる。 (「ジュリエットの亡霊」)

身のほどを気にして、傷つかない道を選ぶのは間違っているのか? 綺麗なだけではない真実を暴くのは、正しいことなのだろうか?
真冬の卒業を数か月後に控え、人間関係が大きく動く最新刊!




「編集長殺し(3) /川岸殴魚 クロ」




■本の内容
その新人、絶版回収レベルにつき――。

ギギギ文庫編集部からお届けします。編集部一年目の川田桃香です。
このたび、私についに後輩ができました。名前は小山内桐葉さん。憎めない雰囲気の元気な娘さんです。
なのですが、

「一巻打ち切りどころか、絶版回収レベルの新入りね」

配属早々、編集長からは厳しい評価が!
編集部の皆さんからもほとんど同じ評価なので、私が甘いのかもしれませんが、何もそこまで言わなくても……。

とはいえ、私もうかうかしていられません。明日は我が身というやつです。
何せいまも目の前で、お怒りの方が……。

「あの誤字脱字野郎、ふざけやがって……。もし直接会ったら、小指をトルツメしてやろうかな」

小指をトルツメしてはいけません! そんなところで校正用語を使わないでください!
……校正者の山田さんはちょっぴり過激なお姉さんです。ただ、そのお怒りももっともなところがあり――。


ヤバい新人・小山内をはじめ、トルツメ校正者・山田さん、演技派な印刷所担当・三上さんなど、個性派メンバーが盛りだくさん!
ますます賑やかな編集部るぽラノベ第3弾!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ガガガ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/07/13】7月新刊のガガガ文庫(7/18日発売)

JUGEMテーマ:読書



「やがて恋するヴィヴィ・レイン 6 /犬村 小六、 岩崎 美奈子」




■本の内容
はじめまして。また、会えたね。

史上最大の会戦に勝利したジェミニ率いる神聖リヴァノヴァ帝国軍はバール川を越え、ルナ・シエラ共和国領への侵攻を開始した。
撤退する共和国軍の直上を飛行する戦艦バルバロッサに乗り合わせたファニアは「尋ねびと」に巡り会い、魔女の口から「星の意志」を伝え聞く……。
上級三隊第一階級「熾天使級」機械兵ルシフェルとミカエル。生命金属の肉体を炭素材装甲で覆った「機械兵の始祖」。二機の機械兵を巡る闘争は、エデンとジュデッカの武力衝突に発展する。
皇帝ヒルデガルダの指揮のもと、バルバロッサに攻撃を開始するジュデッカ竜騎兵隊。
そして、ついに驚愕の全貌を明らかにするワールド・トリガー。
それぞれの思惑を秘めた群雄たちが激突するなか、ジュデッカに堕ちたルカとミズキの運命は……!?
犬村小六が贈る壮大な生命のドラマが、いよいよクライマックスへと……息もつかせぬ第6巻!




「出会ってひと突きで絶頂除霊! 3 /赤城 大空、 魔太郎」




■本の内容
イクかイカせるか? 絶頂サバイバル開幕!

――魔族
それは、人間が生み出す負のエネルギーを糧に生きる上位存在。ときに人を操り、傷つける忌むべき存在。
ロリコンスレイヤーの一件によって明らかになった魔族の関与。その事実をうけ、退魔師界はにわかにザワついていた。
だが、晴久や美咲たちのような仮免退魔師にはそのような話は関係なく――相変わらず本免許を取るために、様々な事件を追っていた。
女子高に発生したドMの生き霊を退治するために晴久が女装して忍びこむとか、そういう感じの。
そんななか、世間の男達に大流行してるエッチなゲームに人々が取り込まれるという怪異が発生する。
ゲームの美少女キャラクターをイカせていけば無事クリア。美少女たちにイカされてしまえばゲームオーバーで外に出られなくなるという、うらやまけしからんゲーム仕様。
絶頂除霊のチカラを見込まれ、クリアの可能性を託された晴久たちは果敢にゲームへと挑む!
その先で起こる淫らな誘惑の恐ろしさも知らないで……。
――それ以上は……ダメだって……ほんとに……わたしたち、も、どれなく……。
そして遂に現れる絶頂除霊の元凶と、美咲の家系に隠された能力の真骨頂。体液飛び交う退魔活劇第三弾!




「妹さえいればいい。 10 /平坂 読、 カントク」  オススメ!




■本の内容
妹がいる生活、はじめました。

ついに千尋の抱えていた大きな秘密が、伊月たちの知るところとなってしまった。千尋から事情を聞かされ、表向きはそれを喜んで受け容れた伊月は、これまでどおり那由多とイチャイチャしたり、千尋を可愛がったりして、妹がいる生活を満喫する。『妹すべ』のアニメも好評を博し、招待された台湾のイベントでちやほやされるなど、売れっ子作家としても満たされた日々を送る伊月だったが……? 一方、重荷から解放された千尋にも、新たな物語が始まろうとしていた――。大人気青春ラブコメ群像劇、運命の第10弾登場!!




「空飛ぶ卵の右舷砲 /喜多川 信、 こずみっく」




■本の内容
その回転翼が終末世界を切り拓く。

人造の豊穣神・ユグドラシルによって繁栄を極めた近未来。人類は植物を自在に操り、時にはビルさえ"育てていた"。そんな文明絶頂期の中で、『大崩壊』は起きた。世界人口の半数以上が死に絶え、各地ではあらゆるシステムが麻痺。さらに突如現れた樹獣、樹竜と呼ばれる異形の怪物たちによって、人類はあっという間に地上から追放され、その拠点を人工の浮島・海上都市へと移した。
『大崩壊』から数十年。小型ヘリ<静かなる女王号>を操り、樹竜狩りを生業とするヤブサメ。彼は妹が患う奇病を治すため、師であり相棒でもあるモズとともに仕事をこなしながら、日本各地を飛び回っていた。そんな中、二人は東京第一空団副長セキレイの窮地を救い、その腕を買われて旧都市・新宿での大規模探索作戦への同行を依頼される。彼らを必要とするセキレイはヤブサメにこう囁きかけた。
「この作戦の成功は、キミの妹の病を治す事に繋がるかもしれない」
しかし新宿は「帰還不可能」とも噂される、Sクラスの危険地帯。割に合わないと、モズは難色を示すのだが――
これは鋼の翼と意志で空を駆り、樹竜を狩る者たちの物語。第12回小学館ライトノベル大賞・審査員特別賞受賞作。




「異世界修学旅行 DX /岡本 タクヤ、 しらび」




■本の内容
「DX」な、もうひとつの異世界修学旅行!

突如飛ばされてしまった異世界で、王女プリシラと共に修学旅行を続ける沢木浩介たち二年一組。そんな旅の裏側で、プリシラが彼女にとっての異世界・日本を学ぶ、もうひとつの異世界修学旅行があった!
「旅行中のこういう移動時間って暇じゃろ? そこで、妾から一つ提案があるんじゃ。妾のご先祖様たちがそうしたように、妾もまたおぬしらの文化を学び、それを後世に伝えようと思うんじゃよ」
「俺たちの――日本の文化を、か」
「そちらの世界にあってこの世界にないものは数えきれぬし、また、どちらの世界にもあるが、どうやら差異があるものも多くあるようじゃ。それらについて、この妾が詳細希望してやろうというわけじゃ!」
『新聞』『学校』『コンビニ』『アイドル』『俳句』『侍』『漫才』『受験』『バレンタインデー』『SNS』『落語』等々、毎回一つのテーマを取り上げ、プリシラが日本のあれこれを学んでいく。とはいえそこはプリシラたちのこと、学ぶ合間にボケてツッコんでと大騒ぎ! 読売中高生新聞にて連載された全八十九編を加筆・修正の上で完全収録、シリーズ最厚ボリュームの超豪華「DX」版で、もう一度プリシラたちに会える!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ガガガ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/06/15】6月新刊のガガガ文庫(6/19日発売)
公開日:2018/05/13 (最終更新日:2018/06/16)

JUGEMテーマ:読書



「ハル遠カラジ /遍柳一 白味噌」




■本の内容
たとえそれが、人でなかったとしても。

これでも私は、身のほどはわきまえているつもりである。
武器修理ロボットとして、この世に産まれた命。
本来であればその機能を駆使して人間に貢献することが、機械知性の本懐とも言えるだろう。

しかし、どうもおかしい。
人類のほとんどが消え去った地上。主人であるハルとの、二人きりの旅路。
自由奔放な彼女から指示されるのは武器修理のみに留まらず、料理に洗濯と雑務ばかり。
「やるじゃねえか、テスタ。今日からメイドロボに転職だな」
全く、笑えない冗談である。
しかしそれでも、ハルは大切な主人であることに違いはない。
残された時を彼女のために捧げることが、私の本望なのである。
AIMD――論理的自己矛盾から生じる、人工知能の機能障害
私の体を蝕む、病の名である。
それは時間と共に知性を侵食し、いつか再起動すらも叶わぬ完全停止状態に陥るという、人工知能特有の、死に至る病。
命は決して、永遠ではないから。

だから、ハル。
せめて、最後のその時まで、あなたとともに――。
第11回小学館ライトノベル大賞ガガガ大賞を受賞した『平浦ファミリズム』の遍柳一がおくる、少しだけ未来の地球の、機械と、人と、命の物語。




「七星のスバル(0) /田尾典丈 ぶーた」




■本の内容
アニメ放送直前! 待望の最新刊!

――センス。
それは、巨大企業プレーローマ・インダストリーの研究によって明らかにされた、人が生まれつき持つ潜在能力。
その開花は、人類に革新をもたらした。人は“まるでゲームのような”超常現象をその身で起こせるようになったのだ。

センスの有無、力の強弱によって、人は明確に区分された。
センスによる管理――人の統治が、始まったのである。

そんな時代に、“センスレス”と診断された少女エリシアは、すぐに隔離施設に連れて行かれる。

区分最下層、日の光も届かぬ、フェーズ4の実験場で。
エリシアは、人類の未来をも変える、運命の出会いを果たすことになる――。

過去と未来をつなぐ、スバルの始まりの物語がここに。
TVアニメ放送直前、青春バトルオンライン最新刊!




「忘却のアイズオルガン(3) /宮野美嘉 薫る石」




■本の内容
魂の片割れ、欲望のその先に――。

悪魔が人類の隣人として振る舞っていた時代。魔術師のダヤンと屍人形のアリアは、悪魔退治を生業としながら、旅を続けていた。ダヤンの目的はただ一つ。己が手をかけ、屍人形にしてしまったアリアを生き返らせること。生前の記憶を失った彼女に仇と憎まれながらも、悪魔との契約のために彼女に対して露悪的に振る舞い続ける日々。

そんな中、ついにオスカーの居場所を知ったダヤン。アリアの魂の片割れを持ち、彼女の父親にしてダヤンの魔術の師であるオスカー。その手先の悪魔に招かれ、遠い異国の街を訪れることになる。そこは、魔術師が優遇されているという非常に珍しい街。ハルバートなる有力者が国内外を問わず優秀な魔術師を集めているらしい。しかし、誇らしげに魔術の恩恵を語る住民たちに紛れて、人に扮した悪魔が街中を闊歩していた。その背景にオスカーの存在を直感したダヤンはさっそく調査を開始するのだが、彼の前にルピナスと名乗る謎の少女が現れる。一方、アリアは徐々にダヤンに対する気持ちに悩み始めていて……。

悪魔を喰らう魔術師と哀れな屍人形の旅路。忘却の果てに垣間見る、魂と契約の物語第三集。




「魔法少女、さんだいめっ☆ /栗ノ原草介 風の子」




■本の内容
私は夢見草満咲。魔法少女になる女です!

「魔法少女なんて、だいっっっきらいだ!!!」

幼い頃から『お前の母ちゃん魔法少女』とからかわれてきた少年、ハル。
ついに母親、ぷるりら☆遥奈が引退すると聞き歓喜したのもつかの間、まさかの二代目に認定されてしまう。

ぜったいに魔法少女に変身したくないハルは、全力で三代目を探すのだが――。
彼が出会ったのは、熱狂的な魔法少女オタクながら、“才能ゼロ”の満咲だった。

「私は夢見草満咲。魔法少女になる女です!」

才能アリだけど魔法少女が大嫌いな少年、ハル。
才能ナシだけど魔法少女が大好きな少女、満咲。

ふたりの出会いが、一歩を踏みだす“魔法”になる――!

魔法少女と桜の街・春風桜町を舞台に繰り広げられる、爽やか青春×熱血夢追いラブコメ!




「友人キャラは大変ですか?(5) /伊達康 紅緒」




■本の内容
もうひとりの主人公、登場!?

最近、雪宮さんが体調不良で学校を休んでいる。
彼女は白虎の巫女。生命力は折り紙つきで、そんな雪宮さんが体調不良なんてこれは一大事だ。

すわ、雪宮汐莉メインエピソードが始まるかと思いきや――。

俺的に、とんでもないメインイベントが始まってしまった。
うちのクラスに、転校生が来たのである。しかも、とんでもない主人公オーラの持ち主が!

「よろしくお願いする。名前は、天涼院阿義斗(てんりょういん・あぎと)だ」

こんな主人公感のあるやつは、龍牙のほかに見たことがねえ……!

……俺も最近、友人キャラ(笑)みたいになってたからなあ。
男・小林一郎、ここは阿義斗とがっつりダチになって、友人キャラの面目躍如としてやるぜ!


――新たな主人公の登場で、新旧主人公対決が勃発!? そして汐莉の問題にも意外な展開が……?
大人気名助演ラブコメ、新展開の第5弾!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ガガガ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/05/16】5月新刊のガガガ文庫(5/18日発売)
公開日:2018/05/16 (最終更新日:2018/05/17)

JUGEMテーマ:読書



「六人の赤ずきんは今夜食べられる /氷桃 甘雪、 シソ」




■本の内容
生き残れるか!?戦慄のパニックミステリー

名声のために罪を犯した過去を恥じ、いまは猟師として各地を旅する「私」。ある日、迷いこんだ村の村長から奇妙な警告を受ける。
『森には、秘薬を作れる「赤ずきん」と呼ばれる少女たちが住んでいる。赤い月の夜、彼女らはオオカミの化け物に喰い殺されるが、決して救おうとしてはならない』と。
だが、出会った「赤ずきん」のひとりに、かつて見殺しにしてしまった少女の面影を見た「私」は、警告を無視して彼女たちを護りぬくことを決意する。
「私」の策は、森の外れの「塔」に、六人の「赤ずきん」とともに朝まで籠城すること。だが、その途中で「私」たちは化け物から思わぬ襲撃を受ける。そうして、「私」は知ることになる。「赤ずきん」のなかに、裏切り者がいることを――。
息詰まる攻防の果てに、「私」は少女たちを護りきれるのか? 第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞。戦慄のパニックミステリー!




「弱キャラ友崎くん Lv.6 /屋久 ユウキ、 フライ」




■本の内容
文化祭目前、さまざまな思いが錯綜し――。

たまちゃんの問題がいったん解決し、文化祭を目前に控えた11月。

俺、友崎文也は日南との会議を再開し、また課題にとりくむ日々を送っている。
文化祭に積極的に関わりながら、集団での立ち位置を確立していくのがこれからの目標だ。

そんなとき、日南が俺に尋ねる。

「――あなたは、誰が好きなの?」

それは、俺がひたすら保留にしてきたこと。
「三年に進級するまでに彼女をつくる」という目標に向けて、避けては通れない問い。

日南は言う。誰を選ぶのかと。

けど、俺に誰かを選ぶ権利なんてあるのだろうか?
成長してきた実感はあるけれど、それでも、心の奥底で俺の弱キャラ精神が言うのだ。

――選ばれるはずのない俺が、誰かを選ぶなんておこがましい、と。

各賞総ナメの大ヒット人生攻略ラブコメ、待望の第6巻登場!




「《このラブコメがすごい!!》堂々の三位! /飛田 雲之、 かやはら」




■本の内容
「面白い=売れる」なんて幻想だ――。

大手ライトノベル系まとめサイト「ラノベのラ猫」の管理人をしている高校生、姫宮新。
彼はとある記事作りをきっかけに、最近行われたネット小説賞《このラブコメがすごい!!》で三位に輝いた小説の作者が意中の少女、クラスメートの京月陽文であると知ってしまう。
彼女の投稿作品は厳密な意味でのラブコメではなかったが、ネット民の悪ふざけで炎上気味に盛り上がり、三位に押し上げられてしまったのだった。
そして、その悪ふざけを煽った張本人は「ラ猫」管理人の新。
だが、それを知った陽文は怒るワケでもなく、こう言った。
「わたしにラブコメの書き方を教えてほしいの」
新は陽文にドギマギしながらも、自分の考える「売れるライトノベル」の条件を示し、陽文が次の《このラブ》に向けて小説を書くのを手伝うことになる。
陽文が書いて、新がまとめサイトで宣伝する。
そうすれば、話題作になること間違いなし、と。ついでに陽文との距離も縮まれば言うこと無し。
だが、青春&恋愛偏差値ゼロの新は、陽文と距離が近づくほどに自分は陽文にはふさわしくないと思うようになってしまい……?
まとめサイト管理人と作家志望の少女が紡ぐ青春サクセスラブコメ!




「俺の立ち位置はココじゃない! 2 /宇津田 晴、 おしおしお」




■本の内容
互いの立ち位置を求めた先には……?

無事に六花の称号を手にした公平と光瑠。
しかし、六花代表の道頼から与えられた「じゃじゃ馬姫」と「侍王子」という六花ネームが不満な二人は、それを返上して、共に王子様、お姫様としての立ち位置を獲得するべく、涙ぐましい努力を続けていた。

そんななか、雪峰学園の恒例行事。全校生徒参加で開催される球技大会の時期がやってきた。
道頼と敵対するチームとなった二人は、球技大会で負ければ公平は姫として、光瑠は王子としての六花ネームを強制的に受け容れることになってしまう。

そんなわけにはいかないと、応援団長を任される公平と、それを副応援団長として支える光瑠。
しかし、1年にして六花に選ばれた二人を快く思わない上級生などとの衝突があり、なかなかチームの足並みが揃わない。

はたして二人は、無事にチームをまとめあげ、互いに望む立ち位置を手に入れることができるのか!?
立場入れ替え系ラブコメディ第二弾!!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ガガガ文庫 | TOP↑ |
【honto発売日:2018/04/16】4月新刊のガガガ文庫(4/18日発売)

JUGEMテーマ:読書



「 年下寮母に甘えていいですよ?(2) /今慈ムジナ はねこと」




■本の内容
自立したい系男子vs甘やかされたい系女子

不思議な学生寮「日和寮」に住むことになった天涯孤独の高校生・四ノ宮優斗。紆余曲折を経て、どう見ても年下にしか見えない自称「おかーさん」の九段下あるてを中心とした個性的な面々にも、ようやく慣れ始めてきた。しかし、そうは言っても、現代社会で暮らす高校生男子が年下の女の子に「あっ、やばっ、溶けるぅ……ママのお膝で甘えちゃうぅ……ママ枕で溶けちゃうぅ!!!!」なんて明日地球が滅ぶとしても言えるわけがない。「でも、最近ガードが緩くない?」というツッコミを受けつつも、優斗は鋼の意志で自分を律し続けていた。
そんな中、甘やかされたがりな自堕落系女子・一之瀬弥栄が、なかなか自分を甘やかさない優斗に業を煮やし、ある作戦を企てるのだが……。ついには喧嘩へと発展してしまい、「母の日」を巡って勝負をすることに!? あるてが一番喜ぶ贈り物をしたほうが勝ち――といっても、あるてがもらって一番嬉しい物ってなんなんだろう?

第3回フロントライン大賞を受賞した、『ふあゆ』の今慈ムジナが世に投じる渾身の一石! 甘やかしたがり年下寮母と自立したがり高校生が織りなす新感覚バブコメ、ママへの感謝が迸る第2弾!!




「編集長殺し(2) /川岸殴魚 クロ」




■本の内容
きびしい検閲をかい潜り、第2巻登場!!

「最近思うんだけど、ギギギ文庫よりいいレーベルってなくない?」

ギギギ文庫編集長は幼女です。今日はどうやらギギギ文庫(=自分)を褒められたい気分のご様子。
「そ、そうですね……」なんて心にもない相槌を打ってしまった私は、編集部一年目の川田桃香です。
でも仕方ないのです。今日こそ、この渾身の企画を編集長に通さなければ……っ!


――企画を通すための編集長の機嫌早見表ほか、部数マジック、テンプレ論、差し入れなどなど、業界の役立つ知識が盛りだくさん!
そして全編集者の敵、“やつ”も現れる……?

「塩まいて塩ォ!」現役☆美少女編集も荒ぶる編集部るぽラノベ第2巻、ここに校了です!




「俺、ツインテールになります。 15 /水沢 夢、 春日 歩」




■本の内容
女神の口から語られるツインテールの真実!

強敵メデューサギルディを倒し、神の一剣の完全撃破に向けて気持ちを新たにする総二たちツインテイルズ。だがトゥアールは、自身の発明であるテイルブレスオルターを敵の科学者マーメイドギルディに強奪されたことを仲間たちに告げられずにいた。苦悩を悟られまいと、いつも以上に明るく振る舞うトゥアール。そうとは知らない愛香たちは、総二へのアタックの激しさを増していくのだった。
そんなある日、総二の前に再びソーラが現れ、もう戦ってはいけないと忠告する。一度は総二のことを認め、心を託してくれたはずのソーラが何故!? そして、ソーラはさらに驚くべき行動に出る……。
一方、テイルブレスオルターからテイルギアのデータを解析したマーメイドギルディは、エレメリアンに使える装備を開発してしまう。テイルギアと同等の力を持つ武器を、人智を超えた怪人が使い侵攻する……。人間である総二たちにとっては絶望的な戦局が幕を開けた!
来襲するアルティメギル最強の"切り札"! そして女神の口から語られる、ツインテールの真実とは!? 宇宙がツインテールとなったあの日、全てが始まった――。
| comments(0) | trackbacks(0) | [ラノベ文庫]ガガガ文庫 | TOP↑ |